お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
DIY
藤岡みなみ

藤岡みなみ|思い立ったがDIY吉日 <vol.08>

タレントの藤岡みなみさんが、モノづくりに対してのあれこれをつづるコラム連載!題字ももちろん本人。藤岡みなみさんの可愛くもシュールな世界観には、思わず引き込まれちゃいます。今回は、藤岡みなみさんがずっと憧れていたという『壁塗り』にトライします!

休日の過ごし方ですか?

―「部屋の壁を塗ってますね」と、言ってみたかった。
 
DIY慣れしてそうでかっこいい。だけど実際、壁にペンキを塗るのはけっこうハードルが高い。一度塗ったら元に戻せないし、調子に乗って奇抜な色にしてすぐに飽きる可能性もある。
 

でも、だからこそ、気軽に壁を塗ることができる人に強い憧れを持っていた。その自由な精神にロックンロールを感じたのだ。
 

壁を塗ることを決意

―ホームセンターでときめきボルテージが急上昇
 
だから私は、後先考え過ぎる保守的な気持ちを打ち破りたくて、壁を塗ることに決めた。
ホームセンターに行ったら、塗った部分が黒板になるという塗料が売っていた。そんなものがあるなんて!ときめきボルテージが急に上がるのがわかった。
 
好きな色をじっくり選んで帰宅するころにはもう、家の壁ぜんぶ塗ってやろうかという気持ちになっていた。ホームセンターはいつも自分の知らないスイッチを入れてくれる。 
 

実際、壁塗りはとても気持ちのいいものだった。広いところはローラーで豪快にごろごろ、コンセントの周りはマスキングしてから筆でしずかに塗っていく。
 

いろんな刷毛を使い分けます


いろんな種類の集中力を使うから、1日がかりでも飽きることがない。ひと晩置いて、塗料が完全に乾いたのを確認したら完成。黒板も成功。壁黒板、位置もこだわって測りました。
 

壁は大きなキャンパスだ

―部屋の白い壁は、ただの壁じゃない。
 
私のための大きなキャンバスだったのだと気付いた。
 

 

藤岡みなみ

ふじおか・みなみ/1988年、兵庫県出身。テレビ番組・CMに出演からラジオパーソナリティ、エッセイストなど、幅広く活動。バンド「藤岡みなみ&ザ・モローンズ」ではボーカルを務める。
ブログ:藤岡みなみ 熊猫百貨店
公式Twitter
公式Instagram