お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
ガーデニング
柴崎光一

ガーデニング初心者必見!小さい庭でも自慢できる庭づくりのコツ

「庭が小さい」「庭づくりがわからない」など悩みますよね?特に庭が狭かったりすると、限られたスペースでどれだけコンパクトで、きれいに仕上げられるか難しいです。そこで今回は、小さい庭で、ガーデニング初心者でもできる庭づくりについてご紹介します。

 ガーデニング初心者でも、おしゃれな庭ができる!

 小さい庭でも、まずはデザインのイメージをしよう!

ガーデニングや小さな庭づくりをするときは、庭の大きさによらず、どんなデザインにするのかイメージをしてみましょう。

限られたスペースでコンパクトにまとめて仕上げるには、庭の箇所一つ一つに、何を作るのか、どんなテイストに仕上げるのか、あらかじめ決めていく必要があります。小さい庭でも、時間や労力は思った以上にかかることも。

ガーデニングの初心者となると、思わぬとこでつまづいたり、失敗することもあります。一度、庭全体を見渡して、どんなテイストでデザインをするのか決めることで、作業の効率は一段と早くなりますよ。

 

  将来性を考えた計画と庭づくり

デザインがイメージできたあとは、庭に花壇やプランターを設置するのか、入り口までのアプローチを作るのか、またはイスやテーブルを設置できるようにするのかなど計画を立てていきます。ほかにも花や野菜、庭木などと植栽するものも決めていくと良いですよ。

また、ガーデニング初心者に限らず、庭づくりをするときは、将来性を考えることも大事です。造作物は雨風や紫外線などにより、劣化したり、樹木は大きく生長します。

設置や施工、植栽した後に、危険性や後悔などが起こることも。石やコンクリートをあとから取り除くことや、庭木を植え替えることは、すぐにできるような簡単なことではありません。そういった点からも、庭づくりをする上で計画は必要不可欠です。

 

 ガーデニングの道具や材料集め!初心者の心得

 プランターや植木鉢、手袋やシャベルなどのガーデニングアイテムをそろえよう!

ガーデニングや庭づくりをするときは、なるべく道具をそろえましょう。道具が見つからず、代用品を使って作業することもよいですが、危険や失敗のリスクを避けるには、きちんとした道具集めが大事です。

特にガーデニング初心者の方は、道具をきちんとそろえることで、作業効率の良さや、危険性の回避などがあります。ホームセンターで揃えられるものたくさんあるので、作業をする前は、必ずお店やインターネットで探してみましょう。

 

 ブロックや砂利も用意して、小さい庭をおしゃれで楽しめる空間に

おしゃれなガーデニングや庭づくりには、砂利や砂、ブロックやタイルなど、さまざまな材を使って、アレンジしていくことがおすすめ。

地面や土がそのまま見えているのも、違和感がなく、自然体で良いです。けれでも、見えないようにカバーすると、シックさやアンティークさなど、おしゃれなテイストになりやすいです。

 

 ガーデニング初心者でも自慢できる庭づくりのコツ

 玄関前や門柱周辺の小さなスペースにはブロックやレンガ、タイルを敷こう!

ガーデニング初心者の方は、初めは玄関前や門柱周辺などの小さなスペースから作業をしてみましょう。草花や小さな庭木が植えられるような、オリジナルの花壇や玄関入り口までのアプローチなど、部分的な箇所を選ぶと、無理なく作業も続けられます。

ブロックやストーン、レンガを使って、円形や四角く囲って花壇づくりや、それらを地面に敷いて、道をつくったりすると、イングリッシュガーデンのような雰囲気がつくれますよ。

 

 小さい庭なら視覚効果を使って、空間を広く見せよう!

造作物を設置したり、多くの植物を植栽したりなどといったことができない狭い庭の場合は、配置するものや植栽するものを絞り、広く見えるように上手に配置することがコツです。

遠近法を使って、背の高い、大きいものは遠くに設置し、背の低い、小さいものは手前に置いてみましょう。手を止めて窓から覗き、少しでも広く見えるようなっているか確認も忘れずに。視点を変えながら、作業することも大事ですよ!

 

 植物の背丈や種類にも目を向けて植える!

植物には背の高いものや低い物と種類や生長速度によってさまざまです。背丈の違いを利用して、花壇やプランターの中の空間を、おしゃれに見せることができます。

背の高い植物は花壇の中心や後ろに植えて、背の低い植物は花壇の縁周りや手前に植えて、動きのある空間づくりをつくってみましょう。

植物も、花だけではなく、葉の色が明るいカラーリーフや、地面を這うグランドカバーになる種類を選んでみるのも、おしゃれな庭づくりには大事です。特にガーデニング初心者の方は、すぐに簡単に始められるのでおすすめ。

 

 初心者はガーデニングオーナメントを使って、ユニークでかわいい庭づくりもおすすめ

ガーデニング初心者の方は、ガーデニングオーナメントを使って、庭に配置していくのも、明るくてかわいい雰囲気がすぐにつくれるのでおすすめです。

ブリキや動物をモチーフにした置物、鉢植えと一緒になったオブジェなど、種類もさまざまにあります。庭に物語が生まれるような、選び方も庭づくりのコツでもありますよ。

 

 ガーデニング初心者や小さい庭におすすめの植物

 小さくてかわいい!ガーデニング初心者でも育てやすい草花

1. ガザニア

太陽のような明るい花弁で、赤や黄、ピンク色や混色などさまざまな園芸品種が出回っています。寒さには弱いので、バークチップを敷いたりして、冬対策をしてあげてくださいね。

 

2. ヒューケラ

寒さや暑さにとても強いカラーリーフ!耐寒性がかなり優れているので、冬の寄せ植えにはもってこいの草花です。

 

3. ケイトウ

羽毛のようなふさふさした花が、かわいい見た目で花壇に華やかさを生みます。開花期間が6月から11月ぐらいまでと長く、庭の彩りを長く楽しめられる草花です。

 

 ミニ家庭菜園向き!ガーデニングの初心者でも収穫できる野菜

1. ラディッシュ

栽培期間が種まきから20日前後で収穫ができ、すぐに始められるミニ家庭菜園です。ガーデニング初心者でも、失敗することなく育てられ、サラダはもちろんのこと、グリルやスープで食べるのがおすすめ!

 

2. ルッコラ

6〜7号サイズの植木鉢で育てられ、小さい庭でもコンパクトに家庭菜園を楽しむことができます。葉が虫に食べられないように、害虫対策を忘れずに!

 

3. チンゲンサイ

種まきから2ヶ月ほどで収穫できるサイズになり、栽培期間も短くて、ガーデニング初心者にはおすすめです。追肥や害虫対策をするのみなので、栽培の手間もかかりませんよ。

 

 狭い庭でも育つ!低木シンボルツリー

1. シャリンバイ

初夏にウメのような花を咲かせる庭木。大きくても3m前後までにしかならず、小さく仕立てることもできます。生垣やシンボルツリーにもなるので庭のスタイルに合わせましょう!

 

2. ビバーナム(常緑ガマズミ)

晩春にドーム型の白い花を咲かせ、秋にはコバルトブルー色の実を付ける美しい庭木です。樹高が1m前後と小さい庭でも育てられ、グランドカバーにもできます。

 

3. マルバノキ

日本の山地に自生する山の木で、雑木の雰囲気を小さい庭でも再現することができます。ハート型の葉は、秋になると赤や黄色に紅葉するので、四季を感じられる庭木です。

 

 おわりに

ガーデニング初心者でも、庭づくりは簡単にでき、すぐに誰でも始められます。また小さい庭でもおしゃれに見えるようなコツを押さえるだけで、個性ある庭を作ることもできます。ぜひ自分だけのオリジナルの庭を作って、ガーデニングを楽しんでくださいね!