お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
佐藤 恵子

【必読!】ガスファンヒーターの寿命と危険回避のためのお手入れ

ガスファンヒーターは、石油を注ぐ手間もなく、スイッチを入れれば直ぐに部屋を温めることができて、便利に使っているご家庭も多いでしょう。しかし、ガス故の危険とは背中合わせですよね。そこで、ガスファンヒーターの寿命と、危険を回避するためのサインやお手入れ方法を紹介します。

ガスファンヒーターの寿命に要注意!

 

ガスファンヒーターの寿命を知っていますか?冬になると24時間稼働が当たり前の北海道と、寒い時だけの数時間という気候によって、ファンヒーターの寿命は全く違います。

 

毎日稼働しているファンヒーターの場合は、数年で寿命を迎えます。一方、数時間しか稼働しないガスファンヒータであれば、寿命は10年程度と考えても良いでしょう。

 

【見逃厳禁】ガスファンヒーターの寿命を知らせるサイン

 

ガスファンヒーターが劣化し、ガス漏れが発生したことを想像してみてください。電気や石油にはない破壊力が、ガスにはあります。だからこそ、日頃の異常を察知することが大切です。

 

ガスファンヒーターの寿命の目安となる故障の事例を紹介します。

 

  • 操作パネルの色が変色、あるいは変形している
  • 吹き出し口が黒く変色している
  • 燃焼分が黒く変色している
  • 腐食によりバーナーの穴が開いてしまい炎が出たり本体に穴が空いたりしている
  • ガス臭い
  • なかなか点かしない
  • 炎が大きい、または小さい。あるいは炎の色が黄色くなった
  • エラーコードが度々表示されて運転が止まる
  • 点火の時の音が大きい
  • 運転音が大きくなった
  • 使用中に気分が悪くなった

 

こうしたいつもと違う事象は、全てガスファンヒーターの不具合です。少しでも変だと感じたら、運転を停止し、修理依頼をしましょう。

 

経年劣化という判断であれば、それはガスファンヒーターの寿命です。新しいガスファンヒーターに取り替えるか、違う暖房器具を選びましょう。

 

ガスファンヒーターの処分はどうする?

 

ガスファンヒーターを新しく買い替え、設置をするにしろ、違う暖房器具を購入するにしろ、最初にしなければいけないのは、壊れたガスファンヒーターの処分です。

 

自治体によって、粗大ごみか不燃ごみに分かれますので、まずは自治体のホームページを確認してください。通常の暖房器具は、粗大ごみに分類されている自治体が多く、処分には決められた方法と手数料が発生します。

 

自分では運べないときや、近くのゴミ収集場所に持っていくのも大変という時は、廃品回収業者に依頼するという方法もあります。

 

引き取ってもらうゴミがたくさんあれば、それらを一緒にお願いすると費用対効果が高くなります。暖房器具だけというのは、引き取りが高額だったり、引き受けて貰えない場合もあります。必ず最初に電話などで、確認を行ってください。

 

【重要】ガスファンヒーターの日頃のお手入れ

 

ガスファンヒーターの使い方を間違うと、寿命を迎えるのが早くなってしまいます。そうならないための注意事項と、日頃のお手入れを紹介します。

 

ガスファンヒーターを使う際に気を付けたいこと

夏場、湿度の高い物置などに保管していませんか?高温多湿は錆びや樹脂部の破損の「原因位なります。

 

運転中のガスファンヒーターの近くで、シリコンが含まれるヘアースプレーなどを使用していませんか?機械内部や空気の取り入れ口、温風吹き出し口などの付着し、故障の原因になります。

 

定期的な換気をしていますか?燃焼物に換気は必須です。気分が悪くなる原因は、酸素不足かもしれません。定期的な換気を、可ならず行いましょう。

 

ガス栓の接続に、ゴムホースを使用していませんか?既定のガスコード以外で繋いでいると、ガス漏れなどの原因になってしまうことがあります。

 

ガスファンヒーターの真上に、洗濯ものを干したりしていませんか?洗濯ものが落下し、火災の原因になる事象が多発しています。

 

ガスファンヒーターの温風吹き出し口近くに、スプレー缶などを置いてしまうことはありませんか?スプレー缶が熱で膨張し、爆発する可能性があります。

 

ガスファンヒーターのエアーフィルターを塞いでいませんか?エアーフィルターのすぐ近くに、壁や家具などがあると、酸素不足による異常燃焼の要因になります。

 

ガスファンヒーターの暖房運転終了後、すぐにコンセントを抜いてはいませか?内部のクールダウンが不十分となり、故障の原因となります。

 

フィルターの掃除は、定期的にしていますか?埃が溜まったままだと、異常燃焼や異常過熱の原因となります。

 

ガスファンヒーターの日頃のお手入れ

 

ガスファンヒーターを安全に使うためには、日頃のお手入れが欠かせません。

 

まずガスコードは劣化が激しい部品ですから、毎年取り替えるくらいが妥当です。それ以外のメンテナンスについて、詳しく紹介します。

 

  1. ガスの栓をしめる
  2. 電気のコンセントを抜く
  3. 手袋をしたら、お手入れ開始です

 

ガスファンヒーターのフィルター掃除

空気取り入れ口のフィルターは、埃がたくさん着く場所です。背面から取り外したら、掃除機で埃を吸引してください。

 

油汚れのようなしつこい汚れの場合は、中性洗剤で洗い、しっかりすすいでください。その後、乾かしてから本体に戻します。

 

ガスファンヒーターの空気清浄フィルターのお手入れ

空気清浄機能を維持するために、埃は掃除機で吸い取るだけで終了です。洗ったりしないよう、注意してください。

 

ガスファンヒーターの温風吹き出し口のお手入れ

ガスファンヒーターの温風吹き出し口についた埃は、掃除機で吸い取っておきましょう。

 

おわりに

ガスファンヒーターを安全に使うために、寿命や不具合のサインと、長く使いための日ごろのお手入れを紹介しました。参考にしていただいて、ぜひ温かく快適な冬を過ごしていただければと思います。