お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
津久井 玲子

グレープフルーツをおしゃれにカット!切り方のコツは?

グレープフルーツを食べるときの切り方にこだわってみませんか?いつも半分に切りわけるだけでなく、見た目もおしゃれに楽しんでみましょう。食べやすさはもちろん、おもてなしでも使えるグレープフルーツの切り方をご紹介します。

グレープフルーツは切り方で雰囲気が変わる!

グレープフルーツは身近な果物の1つですが、「食べるときの切り方はいつも半分にするだけ」という方も多いのではないでしょうか?半分に切ったグレープフルーツをスプーンで食べるとき、汁が飛び散って食べにくいと感じながら食べていては、せっかくの美味しさも半減するだけです。

 

しかし、グレープフルーツはいつもとちょっと切り方を変えるだけで、ずっと食べやすく切ることができます。おもてなし用に使えるおしゃれな切り方もあるのです。グレープフルーツを見た目にも美味しく楽しめる、とっておきの切り方をご紹介します。

 

 

グレープフルーツの基本の切り方

グレープフルーツの基本の切り方というと、やはり横にして半分に切る切り方になります。このときグレープフルーツの上下の端を5mm程切り落としておくと、器としても安定して置くことができるのでおすすめです。

 

食べる前に包丁を入れて皮と果肉の間を切り離せば、スプーンで食べるときに汁が飛ぶことを防げますが、代わりに薄皮をよけにくいという欠点もあります。

 

種は箸などで取り除いておくと食べやすくなるので、先に取り除いておくとよいでしょう。砂糖をかけると酸味をまろやかにすることができます。

 

食べやすさならくし切りもおすすめ

 

くし切りはグレープフルーツの果肉が露出するため、食べやすさもアップする切り方です。実がはがれやすくて食べやすいくし切りは、ちょっとした手間で簡単にできる切り方なので、食べやすさにこだわりたい時にぜひ試してみてください。

 

切り方はいたって簡単です。グレープフルーツの上下を横にしたら、いつものように半分に切ります。半分にした実をそのままの向きで3等分にしたら、そのままでも食べやすいくし切りの完成です。

 

くし切りのよさは、食べるときに皮の両端を反対側にそるように広げるだけで、繋がっていた実が離れてより食べやすくなることでしょう。切り方が簡単で食べやすいくし切りは、普段の食べ方としておすすめです。

 

 

グレープフルーツの皮のむき方

グレープフルーツを食べやすくする切り方というならば、いっそのこと皮をキレイにむいてしまうというのも1つのやり方です。ではグレープフルーツの皮は、どのようにむいたらよいのでしょうか?

 

グレープフルーツの皮は外皮と薄皮の2つがありますが、両方とも包丁で一気にむけるだけでなく、果肉もキレイに取りだせる切り方があります。食べやすいだけでなくお菓子のトッピングにも使える切り方なので、ぜひ覚えておきましょう。

 

まず丁寧に洗って水気を拭き取ったグレープフルーツの上下を、5mm~1cmほど切り落とします。このとき果肉が多少見えるくらいまで切り落としてしまっても大丈夫です。

 

次にグレープフルーツをまな板に立てて置いたら、包丁で皮を厚めに削ぎ落すように切っていきます。このとき手で持って皮をむこうとすると果汁がでやすいため、まな板の上で切るのが望ましいです。皮を厚めに切って白い部分が残らないようにしましょう。

 

皮をそぎ落としたらグレープフルーツを手で持ち、薄皮のすぐ横に包丁を入れていきます。これだけで果肉を1房ずつキレイにはがせるので、ぜひ試してみてください。

 

 

皮を器におしゃれに盛り付ける切り方

おもてなしにも使える、グレープフルーツの皮を器として利用し、中に果肉を盛りつける切り方です。果肉はピックやフォークで簡単に食べられるだけでなく、見た目にも華やかなのでさまざまなシーンで使えます。

 

グレープフルーツは皮をキレイに洗い流してから、水気を拭き取っておきましょう。グレープフルーツを横向きにして、実の上下を5mm程の厚さに切り落とします。切り落とした部分はあとで使うため、捨てずにとっておいてください。

 

次に横にしたまま、真ん中から半分に切りわけます。切り分けたら皮と果肉の間にナイフを入れて、グルッと1周させて中身を切り抜いてください。このとき皮は切らないように注意し、輪の形になるように残します。

 

取りだした果肉は薄皮と種を取り除いてから、必要に応じて食べやすい大きさにカットしておきましょう。特に中心部の白いワタは、取り除いておいた方が食べやすいです。

 

中身を抜き取った輪の形をした皮の底に、最初に切った端の皮を、外側をそろえて中からはめ込みます。これで皮の器のできあがりです。最後に器の中に果肉をキレイに盛り付けたら、おもてなしにも最適なおしゃれなデザートになります。

 

 

グレープフルーツの皮を簡単にむく裏技

皮をむくとき包丁を使うと、どうしても果汁が出てしまってもったいないと思う方もいることでしょう。果汁を無駄にしないためにも、グレープフルーツの皮をみかんのように簡単にむく方法はないのでしょうか?実はちょっとした工夫でグレープフルーツの皮はむきやすくなるのです。

 

まずは鍋にたっぷりの水を入れて火にかけます。水が沸騰したら中にグレープフルーツを入れて、中火で3分ほど茹でてください。茹であがったら冷水に1分ほどつけて冷ませば、手でもみかんのように簡単に皮をむけるようになるのでお試しください。

 

おわりに

グレープフルーツは身近なフルーツですが、「ちょっと食べにくい」と苦手意識を持っている方もいることでしょう。しかし、これまでご紹介したように、切り方を工夫するだけで手軽に食べることができます。これからはもっと気軽にグレープフルーツを楽しんでください!