お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
明美宮脇

掃除ができるスリッパで楽しく床掃除!使い方とお手入れ方法

スリッパにモップがついた掃除用スリッパを知っていますか?モップスリッパとも呼ばれ、履いて歩くだけで掃除ができて床がキレイになると評判です。今回は、そんな便利な掃除用スリッパの種類や使い方、お手入れ方法までを紹介します。

掃除用スリッパとは?

スリッパの裏側にモップが付いたものを掃除用スリッパと呼びます。履いて歩くだけで床の拭き掃除ができます。発売された頃はスリッパの裏側に化学モップを取り付けたような形でしたが、最近はモップ部分にマイクロファイバーを使うようになり、機能性もアップしてデザインもオシャレなものが多く出ています。

掃除用スリッパを使うとキッチンマットを敷く必要がなくなり、拭き掃除の手間も省けます。小さなゴミや髪の毛もよく取れてキッチンや洗面所、廊下を清潔に保てて便利です。

掃除用スリッパの種類と選び方

モップ部分の素材にマイクロファイバーを使ったものが主流です。マイクロファイバーは、細い化学繊維を織り上げたもので、静電気でゴミやホコリを吸い寄せ離さないという特徴があり汚れをよく吸着します。

また、マイクロファイバーは吸水性もよく、少しの水ハネや食べこぼしならサッと拭き取れます。

掃除用スリッパにはスリッパとモップが一体になっているタイプとスリッパにかぶせる取り外しタイプがあります。一体型は履き心地が安定していて歩きやすいですが、スリッパごと洗うので、洗ったあとのお手入れなどに注意が必要です。

取り外しタイプは気をつけないと歩いていてモップ部分が外れることがありますが、モップ部分だけ取り外して洗えてお手入れも簡単です。

掃除用スリッパを選ぶときは、モップ部分の繊維が密集しているものが安定していて歩きやすく、ゴミやホコリもよく取れます。また、スリッパごと丸洗いできて速く乾くものの方がお手入れも簡単で便利です。

 

掃除用スリッパの便利な使い方

掃除用スリッパを使えばフローリングの拭き掃除が手軽にできます。腰をかがめたりしなくてもいいので腰や膝に不安のある人でもラクに床掃除ができて便利です。リビング、廊下、階段、キッチンなど家じゅうの床掃除ができます。

手にはめて使うと高い位置の汚れやホコリも取れます。フローリングワイパーのヘッドに取り外しタイプの掃除用スリッパをつけて使えばへやの隅々までキレイに掃除できます。

掃除用スリッパを使うときは無理にすり足にしなくても普通に歩くだけで充分キレイになります。ただし、同じところを歩かないように毎日1回は家じゅうをまんべんなく歩くようにするのがポイントです。

水ハネは足でなでるようにサッと拭い、食べこぼしなども足でひと拭きするだけでキレイになります。

 

掃除用スリッパの効果と注意点

掃除用スリッパは、細かいホコリやペットの毛などもキレイに掃除できます。また、吸水性がよいのでキッチンや洗面所の水汚れもすぐに拭き取れて汚れがこびりつくのも防いでくれます。

家じゅうを歩くだけで床がキレイになるので、掃除が楽しくなり、家の中をたくさん歩いて運動不足解消にもつながります。

ただし、掃除用スリッパを履いて、汚れが気になってすり足で歩いていると少しの段差で転ぶことがあるので注意が必要です。 普通に歩いても掃除ができているのでくれぐれもすり足で歩かないように気をつけてください。

また、掃除用スリッパの裏が汚れたままで家じゅうを歩き回ると、かえって汚れをつけて歩くことになり逆効果になります。替えの掃除用スリッパを用意して、こまめに洗濯することがポイントです。

 

掃除用スリッパのゴミの取り方

掃除用スリッパについたゴミを取るには、1日1回、ビニール袋に入れて数回振るだけで大体のゴミは落とせます。または粘着タイプのクリーナーを使っても汚れが取れます。ただし、汚れがしみ込んでいたら洗濯が必要です。

マイクロファイバーは汚れの吸着がいいので、少し歩いただけですぐに真っ黒になります。特にキッチンは油汚れや水分を含んだ汚れでベタついてしまいます。洗うのが面倒だったり、あまりにも汚れがヒドい場合は使い捨てにするのも一つの方法です。

 

掃除用スリッパの洗い方

マイクロファイバーの掃除用スリッパは洗うと汚れの吸着性がよみがえります。大体の掃除用スリッパは洗濯可能になっているので、洗濯表示に従って洗濯します。

特に汚れが酷い場合は、洗剤液に1時間ほど浸してから洗います。中性洗剤で洗って、よく絞ってから陰干ししてください。洗濯機で洗う場合はネットに入れて洗います。脱水した方が速く乾いておすすめです。

洗濯する前に掃除用スリッパの裏同士をこすり合わせてゴミを落としておきます。このときゴミが飛び散らないようにビニール袋の中で行います。漂白剤や柔軟剤を使うと、マイクロファイバーの繊維が膨らんだり変質したりして、吸水性や汚れの吸着性が低下することがあるので注意が必要です。

 

おわりに

掃除用スリッパは、履いて歩くだけで誰でも気軽に床の拭き掃除ができる便利グッズです。インテリアショップや雑貨屋さんでいろいろな種類の掃除用スリッパが売られています。その中から自分の気に入った掃除用スリッパを選べば楽しく掃除する習慣ができます。家族のいる人は家族にも履いてもらえば家の中がもっとキレイになります。