お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
ガーデニング
河村ゆかり

思わず見つめてしまう!美しい青い花をつける雑草

ときには足をとめ、雑草たちに目を向けてみませんか? ハッとするほど美しい青い花の雑草をご紹介します。

雑草の花は、思いがけず”美人”ぞろい! 
さわやかな青い花の雑草3種

道端でなにげなく咲く雑草の花をよく見てみると、楚々とした美しさに満ちて…。
なかでも清々しさにあふれる青花の雑草をピックアップ!

 

ツユクサ

© PIXTA

日本全土でみられるツユクサ(ツユクサ科)は、草丈15~20㎝の1年草。
2㎝ほどの花を6~9月に咲かせ、秋の季語にもなっています。

ツユクサのはかなげな花は、朝開き、昼過ぎにはしぼんでしまう一日花です。
しかし、その生態は思いのほかタフ!
ツユクサは、花粉を運ぶ虫だけに受粉を頼るのではなく、花を閉じるとき雌しべと雄しべを接触させて、自ら受粉ができるというから驚きです。

ツユクサと日本人との関わりは深く、日本の伝統色の和名である「花色」は青色をさし、ツユクサに由来するのだとか。
またツユクサの青い花を絞った汁は、友禅染の下絵を描くインクとしても活用されてきました。

そのほか、はかなさを表現する植物として、万葉集の時代から「月草」の名でいくつもの歌が残っています。

なお、園芸店でよく見かける「ムラサキツユクサ」は、日本で雑草扱いされているツユクサとは別物の多年草です。

 

オオイヌノフグリ

© PIXTA

 
オオイヌノフグリ(オオバコ科)は、国営ひたち海浜公園を青く染めて咲き誇る「ネモフィラ」によく似たの越年草。
一見そっくりな両者ですが、ネモフィラはムラサキ科でまったくの別物です。
花径はオオイヌノフグリが1㎝に満たないのに比べ、ネモフィラは約2㎝ほどと差があり、草丈もネモフィラのほうが大きいので見分けがつきます。

オオイヌノフグリは3~5月に愛らしい青い花を咲かせますが、4枚の花びらが重なっているように見えるものの、実は基部でつながって1枚!
2~3日咲いた後に基底部からするりと抜け落ち、その後に実がふくらみます。
この実が2個並んでふくらんでいき、その姿を「ふぐり(陰嚢)」に見立てたというのが、その名の由来だとか。

オオイヌノフグリも、ツユクサ同様、夕方になって花を閉じる際に、自力で受粉する仕組みを持っています。

 

キュウリグサ

© PIXTA

キュウリグサ(ムラサキ科)は、まさしくその名のとおりに、葉をもむとキュウリのようなニオイがする越年草。
実は海外からやってきた帰化植物で、古株のキュウリグサは、麦の栽培が始まった頃に渡来した「史前帰化植物」なのだそう。

花径2~3㎜の小花を3~5月に咲かせ、草全体に産毛のような白毛が。
同じムラサキ科の「ワスレナグサ」とよく似ていますが、ワスレナグサは花径約8㎜で、草丈も含めキュウリグサより大きいので識別できます。
また、キュウリグサの花の中心には、黄色い隆起があるのも特徴です。

別名「タビラコ」ともいいますが、春の七草のひとつであるタビラコ(ホトケノザ)はキク科でまったくの別物です。

 

いかがでしたか? 
プロフィールは異なりますが、いずれもたくましく自生している雑草たち。
時には立ち止まって、その美しい青い花を見つめてみませんか?