お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
Pacoma編集部

これだけでキレイ!食洗機のパパッと掃除術

毎日の家事に欠かせない食洗機の掃除方法をご紹介。毎日のお手入れ方法から腰を入れた大掃除の方法まで、食洗機を清潔に保つためのポイントを解説していきます。食洗機の掃除に関する注意点も要チェック!

目次

 

食洗機の掃除方法

ここでは毎日するべき掃除から、月に一度のガッツリ掃除まで、食洗機を清潔に保つための掃除方法を解説していきます。

 

【掃除術1】食洗機の残菜フィルターは毎日清潔に

食器に付着した食べ物のかすなどのゴミを貯める残菜フィルターは、なるべく毎日洗うのが鉄則。
残菜フィルターの目が詰まってしまうと食器の汚れも落ちにくくなり、カビや異臭の原因にもなってしまいます。
食洗機を清潔に使用するために、まずは残菜フィルターのお手入れから始めましょう。

    【用意するもの】

  • 歯ブラシ・・・1本

【残菜フィルターの掃除方法】

  1. 残菜フィルターを食洗機から取り外し、溜まった残菜を取り除きます。
  2. 残菜フィルターを水ですすぎながら、歯ブラシなどを使って汚れを擦り落とします。
  3. 汚れが落ちたら残菜フィルターを元に戻し、お掃除完了です。

しばらく掃除していないと、残菜フィルターを通過した食べ物のかすが、食洗機の底に溜まってしまっていることも。
残菜フィルターを外した後は、こちらも忘れずに取り除いておきましょう。

 

【掃除術2】食洗機・庫内の汚れは空運転で簡単お手入れ

食洗機の庫内についた汚れは、食器を入れずに食洗機を運転させることで簡単に落とすことができます。
掃除方法は庫内を空にして食洗機用洗剤を入れてから、いつもと同じように食洗機を動かすだけ。
「手入れコース」など洗浄用の機能が付いている場合は、そちらを利用するようにしましょう。
月に2~3回の頻度でこまめに掃除をしていれば、ガンコな汚れもつきにくくなりますよ。

 

【掃除術3】月に一度のガッツリ掃除方法

© PIXTA

油の付着した食器を食洗機で洗っていると、だんだんと食洗機本体にも油汚れが溜まっていってしまいます。
こうしたガンコな汚れを落とすなら、庫内の部品を取り除いた大掃除が効果的。
カビやニオイを防ぐためにも、月に一度は腰を入れて掃除するようにしましょう。

    【用意するもの】

  • 食洗機用洗剤・・・適量
  • 食洗機庫内用クリーナー・・・適量
  • 台所用中性洗剤・・・適量
  • 歯ブラシ・・・1本
  • 柔らかい布・・・1枚
  • 雑巾・・・3枚

【食洗機本体の掃除の仕方】

  1. 食洗機の庫内を空にして、食洗機専用の洗剤を入れた状態で運転させて空洗いをします。
  2. 食器カゴや回転ノズル、残菜フィルターなどの取り外せる部品を全て取り外し、洗剤の成分を水ですすぎます。汚れが残っている場合は、歯ブラシなどを使ってこすり落としましょう。
  3. 水を固く絞った柔らかい布を使って、庫内全体を水拭きします。水拭きだけでは汚れが落ちない場合は、専用のクリーナーを使用して落としましょう。
  4. 食洗機の外側は、薄めた中性洗剤に浸した雑巾を使って、汚れを拭き取ります。
  5. 外側の汚れが落ちたあとは水を含ませた別の雑巾で水拭きし、さらに乾いた雑巾を使って乾拭きして仕上げます。
  6. 最後に食器カゴやノズルなど、取り外した部品を元に戻してお掃除完了です。

中でも回転ノズルは食器の洗浄に関わる大事な部品。
汚れや残菜が詰まっていると食器の汚れ落ちも悪くなってしまうので、念入りに掃除するようにしましょう。

 

食洗機の掃除に関する3つの注意点

© PIXTA

ここでは、食洗機の掃除でやってしまいがちなNG事項をご紹介していきます。
あの掃除アイテムも、食洗機には逆効果…?

 

食洗機に水を張るのは故障の原因に

食洗機を掃除するとき、バケツなどで水やお湯を注ぐのはNG。
食洗機は大量の水を扱うことを想定していないため、水漏れや故障の原因になります。
つけおき洗いは考えずに、拭き掃除で汚れを落とすようにしましょう。

 

中性洗剤よりも専用洗剤

汚れを落とすだけなら台所用の中性洗剤でも一緒、なんて思いがちですが、食洗機の庫内の掃除には実は不向き。
食洗機は水を噴射して汚れを落とす仕組み上、洗剤の泡を想定していないので、泡の出る洗剤は故障の原因になってしまいます。
食洗機を長く使うためにも、なるべく専用洗剤を使用するようにしたほうが無難ですよ。

 

重曹やクエン酸には要注意

ナチュラルクリーニングの代名詞とも言うべき重曹やクエン酸ですが、水垢やヌメリ取りのために食洗機に使用するのは要注意。
食洗機の内部で溶け残るなどして、故障の原因になってしまう可能性があります。
メーカーによってはこれらの使用を非推奨としている場合もあるので、掃除に使用する際は取扱説明書などでよく確認しておきましょう。

 
いかがでしたか? 食べ物を乗せる食器を洗う食洗機は、なるべく清潔にしておきたいもの。
汚れが溜まってしまわないよう、こまめに掃除するようにしましょう。