お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
Pacoma編集部

洗濯スキルアップ!洗濯ネットの正しい使い方

知ってるようで知らない、洗濯ネットの正しい使い方をご紹介。洗濯ネットを使うメリットや洗濯ネットを使用する際の3原則、さらには洗濯ネットの隠れた使い所まで、洗濯ネットを賢く使うための方法を伝授します。

目次

 

洗濯ネットを使うメリットとは

洗濯ネットなんて、使ったことがない…。
ここではそんな人のために、洗濯ネットのメリットをご紹介します。

洗濯物同士の摩擦を防ぐ
洗濯ネットには、洗濯機の中で洗濯物同士が擦れ合うのを防いで、衣類の生地の傷みを軽減する効果があります。
繊細な衣類をやさしく洗うためには、洗濯機の手洗いコースと洗濯ネットを組み合わせるのが最適です。

 

装飾などが付いた繊細な衣類を守る
ビーズなどの装飾のついた洋服や、ホックのついたブラジャーなどの下着の保護にも洗濯ネットは効果的。
逆にそうした装飾品によって、他の洗濯物が傷つくことを防ぐ意味合いもあるのです。

 

糸くずの付着を防止する
糸くずが出やすい衣服は、そのまま洗ってしまうと他の衣服に糸くずがついてしまいます。
洗濯ネットに糸くずが出やすい衣服を入れれば、そんな心配もなくなります。

 

型崩れやシワを軽減する
洗濯ネットを使用することで洗濯物同士の絡まりを防止し、洗濯し終わった後のシワや型崩れを軽減することができます。
特にニット素材のものは洗濯中に伸びてしまうことがあるため、洗濯ネットの使用は欠かせません。

 

洗濯ネットの使い方3原則

© PIXTA

ここでは、洗濯ネットを使う際の基本的なルールをご紹介します。
洗濯ネットを使っても効果が感じられなかった人は、要チェック!

 

【使い方の原則1】洗濯ネット1枚につき入れる衣類は1着

既にご説明したとおり、洗濯ネットは他の洗濯物との摩擦を軽減するためのもの。
1枚の洗濯ネットの中に衣類を詰め込みすぎると洗濯ネットの意味がないどころか、しっかり汚れを落とすこともできません。
そのまま洗濯機に入れて動かすと、音や振動が大きくなったり、脱水が十分にできないことも。
特にストッキングは薄手のため、洗濯ネットに何枚も入れたくなりますが、詰め込んだぶんだけ汚れ落ちも悪くなると考えたほうが良いでしょう。
またブラジャーもカップが崩れないよう専用の洗濯ネットで1着ずつ洗うようにしたほうが、型崩れを防いで長く使うことができますよ。
しっかり洗濯するためにも、”洗濯ネット1枚につき衣類は1着”を心がけましょう。

 

【使い方の原則2】衣類は畳んで洗濯ネットに入れる

いくら洗濯ネットが型崩れやシワを軽減してくれると言っても、最初からくしゃくしゃの状態で入れるのは問題外。
洗濯ネットは使う際は必ず、ネットの大きさに合わせて、衣類をきれいに畳んで入れるようにしましょう。
装飾が付いた衣類などは裏返しにして洗濯ネットに入れることで、より洗濯中の摩擦を軽減することができますよ。

 

【使い方の原則3】衣類の大きさに合ったネットを使う

洗濯ネットが衣類に対して大きすぎると、洗濯ネットの中で衣類が動いたり、崩れてしまったりして、これも洗濯ネットの利点をなくしてしまいます。
洗濯する衣類を畳んで洗濯ネットに入れたときに、中で衣類が動いたりしない大きさのものを選ぶのがポイント。
例えばワイシャツやブラウスなら中型のサイズ、ストッキングやタイツなどは小型のサイズのもののように使い分けましょう。
他にもブラジャー専用や毛布用の洗濯ネットなど様々な大きさ・形状のものがあるので、洗濯物の種類に合ったものがあります。

 

【乾燥機にまで洗濯ネットを使うのはNG】

洗濯後、洗濯ネットに入れたまま乾燥機に入れるのは実は逆効果。
洗濯物の渇きにムラが出来てしまったり、シワの原因になってしまいます。
楽ちんだからといって、洗濯ネットごと乾燥機に放り込むことはしないように。
洗濯後は必ず洗濯ネットから中身を取り出してから、乾燥機にかけるようにしましょう。

 

洗濯ネットの賢い使い方

© PIXTA

デリケートな衣類の洗濯以外にも、洗濯ネットの使い所はまだまだあります。
ここでは、洗濯ネットをより賢く使うためのポイントをご紹介しましょう。

 

小さな洗濯物をしっかり洗いたいときに

ハンカチや靴下などの小さな洗濯物は、洗濯機に入れると一定の場所に集まってしまい、十分に洗えないことがあります。
場合によっては本体と洗濯槽の間に入り込み、洗濯機の故障の原因になってしまうことも。
こうした小さな洗濯物は洗濯ネットに入れて洗うことで、洗濯機の故障を防ぎつつ、しっかり洗うことができますよ。

 

網目の大きさで洗濯ネットを使い分ける

網目の細かい洗濯ネットほど色移りや摩擦を防ぐ効果は大きいですが、網目の粗い洗濯ネットにも活躍の場があります。
型崩れは防ぎたいけど汚れ落ちも気になる時には、網目の粗い洗濯ネットを使うのも良い方法です。

 
いかがでしたか? 洗濯ネットは正しく使うことで、衣類を長持ちさせることができます。
大切な衣類を洗濯する際は、ぜひ活用してみてくださいね。