お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
ガーデニング
柴崎光一

プチ菜園ハーブの育て方!挿し木での増やし方と栽培方法を紹介

手軽に始められ、コンパクトでかわいいプチ菜園。ハーブなら家の小さなスペースで育てられ、いつでもフレッシュな状態で料理に使えます。挿し木で増やせ、育て方も簡単!挿し木や挿し芽でのハーブの増やし方から栽培方法をご紹介します。

プチ菜園を楽しもう!挿し木や挿し芽でのハーブの増やし方


室内や屋外の小さなスペースで育てられるハーブのプチ菜園。ミントやローズマリー、タイムなど種類も多く、香りのバリエーションも豊富なため、好みのものを選びやすいです。

どのハーブも小さく育てられますが、鉢を大きくすれば、簡単に大きくなるので、収穫量を調整することもできますよ!

・挿し木や挿し芽を使ったハーブの増やし方
ハーブを増やしたいときは、枝や茎の一部を切り取って「挿し木」「挿し芽」をつくりましょう。大きくなるまで、種まきより早くておすすめです!初心者でも簡単にできる方法なので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

水耕栽培から植え付けまで簡単に栽培!ハーブのプチ菜園

ハーブの挿し木・挿し芽の作り方と水耕栽培

Step1. 増やしたいハーブの茎や枝の先を、8〜10cm程度の長さでカット。これを「挿し穂」といいます。

Step2. 挿し穂の上部に付いた数枚の葉だけを残し、下部の葉は全て摘み取ります。

Step3. ローズマリーなど太めの枝を切ったときは、切り口に癒合剤(ゆごうざい)を塗り、挿し穂が腐らないようにするのもよいです。

Step4. コップや花瓶に入れた水に挿して、涼しい日陰で管理しましょう。ハーブの種類によって異なりますが、2〜3週間で根が出ます。

ハーブを土に植え付ける

発根したハーブをそのまま水耕栽培で、そのまま楽しむこともできます。ただし、水だけでは、大きくなるまで時間がかかり、最終的には、株は小さいままの状態もありえます。大きくしたい場合は、しっかりと土に植えて育てるのがおすすめです。

もし家に植木鉢がなくても、廃材となる牛乳パックやペットボトルなどを使って、ハーブを育てるのもOK!

挿し木や挿し芽で増えた苗が小さい場合は、根腐れなどが起きないよう、できるだけ鉢のサイズを小さくしましょう。3号ポット(幅9cm)サイズを目安に植木鉢を用意するとよいです。

  • ハーブを植え付けるまでの手順

Step1. 鉢底石を敷く
あらかじめ底に水抜き穴をあけた容器に、鉢底石を2〜3cm程度敷き詰めます。容器の高さがない場合は、鉢底石を入れ過ぎずに注意し、1cmぐらいの高さまで敷き詰めるようにしましょう。

Step2. 用土を入れる
ハーブの種類によって異なりますが、できるだけ水はけがよい土を作りましょう。ホームセンターなど市販で売っている草花用の培養土を使うのも簡単でおすすめ!土は容器のトップから2〜3cm下のラインまで敷き詰めます。

Step3. 苗を植え付ける
たくさんの根が出たハーブを、直径5cm、深さ7〜8cmの穴をあけた土に、優しく植え付けます。植え付けるときは、根に傷がつかないよう注意。土を被せたあとは、苗を支えながら、土の表面を指先で軽く押して、固定させます。

Step4. 水をたっぷりとかける
最後に、ハーブの根が土と定着するよう水をたっぷりとかけます。葉にも水をかけて、土や泥も落としてきれいにしましょう。

 

ハサミでカット!ハーブの収穫

ハーブの収穫と注意

Point1. ハーブをカットする位置
ハーブの挿し木や挿し芽を作るときと同じように、収穫するときもハーブの先端部分からカットします。多くのハーブは、葉が出ている箇所や枝分かれしている箇所の下にある節目が生長点です。

ハーブを収穫するときは、節目の数ミリ上の部分でカット。節と節の間など、中途半端な場所でカットしても、新芽は出てこないので、収穫するときは注意してくださいね!

Point2. ハーブに花が咲いたら
バジルやオレガノ、シソなど、ある程度の大きさまで生長すると、花芽を付けることがあります。花が咲いた姿も美しく、鑑賞できますが、葉や茎の生長がにぶくなり、味や香りが悪くなることも。

花芽が付いたり、花が咲いたりしたら、できるだけ摘み取り処分しましょう。花が出ている節目から1〜2つ下の節目でカットします。また、摘芯をあまりしないと、ハーブは大きくなり、花芽を付けやすくなるので、こまめに枝先を切って管理するとよいです。

ハイセンスなプチ菜園を!おしゃれなハーブの鉢植え

ブリキの鉢植えで!おしゃれなハーブのプチ菜園

野菜とは違って、花壇の草花や室内の観葉植物と同じように、長い間管理しながら収穫するハーブ。育てるための植木鉢も、デザイン性のあるものを選んで、おしゃれなプチ菜園をしてみたいですよね。

小さな鉢で育ていると、数が多くなったときは、水やりなどの管理も大変になることも。ハーブを育てるときは、できるだけ大きな植木鉢を選んで、寄せ植えで楽しむのもおすすめです!植木鉢1つでたくさんのハーブが育てられたら、日々の管理もより簡単に。

ブリキの植木鉢なら、ナチュラルでノスタルジックさがあり、ベランダやバルコニーなどで楽しくおしゃれにプチ菜園ができますね!

 

おわりに

育て方が簡単なハーブは、挿し木や挿し芽で増やせ、プチ菜園を長く楽しめます。デザイン性のあるおしゃれ植木鉢を使うことで、より愛着を持って栽培もできるでしょう。ぜひハーブを育てて、個性のあるプチ菜園をしてみてくださいね!