お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
ガーデニング
柴崎光一

ハーブを育てよう!ガーデニング初心者におすすめの種類や育て方

ガーデニングの一つであるハーブ栽培は、初心者でも失敗せず楽しむことができます。ハーブは、料理の香りづけ、臭い消しのほか、野菜の生育を助けるコンパニオンプランツとしても活用が可能。この記事ではおすすめのハーブの種類と育て方のコツを紹介します!

 ガーデニング初心者でもできるハーブ栽培の魅力

 ハーブを栽培する良さとは?ガーデニング初心者でも育てられる魅力

ハーブの魅力1. 庭先やキッチンで手軽に始められる

種類や品種によって違いますが、バジルやタイム、ローズマリーなど多くのハーブは植物の中でも、とても育てやすいです。ガーデニング初心者でも庭先のプランターや花壇、キッチンでポットや水耕栽培で楽しむことができますよ。

 

ハーブの魅力2. 料理のアクセントに使える

ハーブにはたくさんの種類があって、さまざまな香りや風味がありますよね。その香りや風味を料理に生かし、味を引き立たせると、普段とは違う一味を楽しむことができます。ハーブを摘んでトッピングするだけでも、香りや見栄えを良くできます。

 

ハーブの魅力3. コンパニオンプランツとして虫除けになる

独特の香りを持つハーブですが、その多くは害虫から身を守るために備えられた機能の一つです。香りを周辺に放って身を守っているので、ほかの花や野菜と一緒に植えて、コンパニオンプランツとして使うこともできます。

 

 ガーデニング初心者は好みの香りの種類や料理に使いやすいハーブを育ててみよう!

ハーブでおなじみのミントやバジルやタイムなどは、草勢も強くて初心者にはとても育てやすい種類です。けれども、育てやすい種類が多く、逆に選ぶのに悩みますよね。そんなときは、好みの香りや普段の料理で使いやすいハーブを選ぶのがおすすめ。

愛着が湧き、栽培意欲が上がる分、失敗するリスクも減ります。寒さに弱い種類は、防寒対策や室内で育てるなどして、栽培してくださいね。

 

 料理にも使える!ガーデニング初心者でも育てやすい
ハーブの種類と育て方のコツ

ガーデニングの初心者でも育てられる、ハーブの種類を紹介。料理で使いやすいものや、野菜のコンパニオンプランツで役立つものなどがあるので、ぜひ自分にぴったりのハーブを見つけてみてくださいね。

スイート・バジル|さまざまな料理に使え、栽培が簡単!

○料理の楽しみ方と特徴

オリーブやニンニク、チーズなどの料理に合うほか、タイ料理、中華料理などにも活用することができます。香りをより楽しむなら、乾燥バジルを使って、料理するのもおすすめ。

○育て方のコツ

水やりや追肥を適度におこない、水切れや肥料切れには注意。花を咲かせてしまうと、香りが落ちるほか、葉や茎が硬くなってしまうので、摘芯はしっかりと行ってくださいね。

○相性のいい野菜

・アブラナ科:ブロッコリー、ラディッシュ

・キク科:レタス

・ナス科:シシトウ、トマト、ナス、ピーマン

 

トスカーナブルー・ローズマリー|花の鑑賞もできて、コンパニオンプランツにもなる!

○料理の楽しみ方と特徴

牛、豚、鶏、羊とさまざまな肉料理に活用ができ、香りづけや臭み消しの効果があります。マグロなどの魚料理でも相性がよく、煮込み、スープ、ソースなどに使うと風味が豊かになりおすすめ。

○育て方のコツ

トスカーナブルーは立性の低木樹。初心者の方は苗から育てると、失敗のリスクが減ります。日当たりの良い場所で育てると、花つきが良く鑑賞も楽しめますよ。乾燥気味で育てることが枯らさないポイント。

○相性のいい野菜

・アブラナ科:キャベツ、セージ、ブロッコリー

・セリカ科:ニンジン

・マメ科:野菜全般

 

 オレガノ・マジョラム|ウリ科の植物のコンパニオンプランツに最適!

○料理の楽しみ方と特徴

香りづけとして、トマトやチーズとの相性がよく、イタリア料理には定番です。ロースト肉にドライオレガノを振りかけたり、サラダのドレッシングやソースに混ぜ込むと美味しいですよ。

○育て方のコツ

水はけよく、風通しの良い場所で育てましょう。高温多湿には弱いので、梅雨や夏場は涼しい場所で管理してあげてくださいね。乾燥気味で育ててあげるのが栽培のコツです!

○相性のいい野菜

・ウリ科:カボチャ、キュウリ、ズッキーニ、メロン

・マメ科:野菜全般

 

 フローレンス・フェンネル|ハーブとしても野菜としても食べれる

○料理の楽しみ方と特徴

脂っこい料理に使うのが良く、爽やかな香りが、すっきりとさせてくれます。主に魚料理との相性が良く、臭みを消す効果があります。また、茎は野菜と食べられ、シチューなどの煮込み料理におすすめ。

○育て方のコツ

排水性、通気性に優れ、肥沃な土壌で育てましょう。株は大きく育つので、できるだけ鉢は大きくし、5〜7号サイズで育ててください。

○相性のいい野菜

・アブラナ科:キャベツ

 

 レモングラス|爽やかな香りが料理のレパートリーを広げる!

○料理の楽しみ方と特徴

タイやインドネシア料理で欠かせないレモングラスは、魚介や鶏肉の香りづけ、臭み消しとして役立ちます。レモンのような爽やかな香りは、煮込み料理などにとても合い、レシピのレパートリが増えるかもしれません。

○育て方のコツ

多年草ですが、寒さには非常に弱く、5℃以上の環境でなければ冬越しができません。寒冷地で育てる場合は、防寒対策だけではなく、室内で管理など工夫しましょう。

○相性のいい野菜

・作物全般:害虫を寄せ付けない

 

初心者でも育てやすいハーブを育てて、ガーデニングを楽しもう!

ハーブは小さい庭やベランダなど狭いスペースでも育てられる魅力があります。キッチンなどで水耕栽培で育てることもできるので、手軽に栽培でき、料理ですぐ使いたい時にサッと摘んでフレッシュなハーブが楽しめられます。ぜひハーブを育てて料理やガーデニングを楽しんでくださいね!