お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
ガーデニング
柴崎光一

冬でもプランター菜園を楽しく!容器のデザインや種類を紹介

少し物寂しさを感じる冬のプランター菜園。せっかく始めるなら、冬でも見てて楽しく、採れたてを味わえる菜園をしてみたいですよね。今回は、冬でも楽しくプランター菜園ができるアイディアとプランターの種類をご紹介します!

冬は室内で観葉植物のようにプランター菜園を

こだわりのあるプランターや植木鉢を選ぶ

野菜を育てるプランターは、プラスチックを使った従来のものを使っている方が多いのではないでしょうか。最終的には収穫をして、処分するため、プランターにはこだわる必要がないかもしれません。

しかし、冬は暖かい室内で育てるなら、プランターをインテリア性の高いものに変えるだけで、ハイセンスな見た目に。少しでもガーデニングを楽しく、おしゃれにしたい方には、プランター選びをこだわってみましょう。

プランターは、できるだけプラスチックのものを避け、観葉植物を育てるときに使うような、クオリティーの高いプランターや植木鉢を選んでみましょう!

コンクリートやセメント製、セラミック製、ガラス製、木製などが室内に置いても、違和感がなく、観葉植物と間違ってしまうようなおしゃれなインテリアになりますよ。

 

冬でも枯らしにくい!スマホで管理するプランター菜園

植物を枯らさず、栽培が成功するスマートなプランター菜園

テクノロジーが進み、たくさんのモノが開発され、年々と便利な世の中へと進化する現代社会。植物を育てるプランターもまた、よりハイテクで、便利な機能を持ったものが出回っています。

商品によって異なりますが、機械的なプランターは、「今植物が何が必要か」ということを教えてくれる機能が備わっているようです。

内部に取り付けられたセンサーによって、土壌の湿度、気温、周辺光、内部のタンクの水量を測定し、スマートフォンなどの端末機で知らせてくれます。そのため、冬でも植物を枯らしにくく、ガーデニング初心者の方でも、栽培を成功させ楽しくできるでしょう。

また、もし外出中に、植物の水が不足し、お知らせがきたとしても、スマートフォンの表示されたボタン一つで水やりができます。とても便利で簡単に管理ができるのは魅力的ですね!

 

インテリアに溶け込んだおしゃれプランター菜園

冬でも室内のインテリアになる菜園

上下逆さまになった不思議なプランター。目を引くようなおしゃれなデザインだけでなく、育てる植物の管理方法もシンプルに仕上がっています。

中にはタンクが内蔵され、植物によっては月に2〜3回程度水やりをするだけ。特に冬の水やりは失敗が多いので、それをカバーできるのは嬉しいですね。また重力によって植物は下に垂れているため、茎や実を支える必要がなく、支柱を立てる必要もありません。

天井から逆さまの状態で吊るプランターは、床やテーブルなどに置く必要がないので、スペースを奪わず、あいた場所を有効活用ができますね。キッチンに吊るしとけば、その場で収穫ができ、いつでも新鮮な野菜を食べられ、インテリ性もあります。

いちごやリーフレタス、ハーブ類など小さい植物を育てると、重さもかからず落ちてくる心配も少ないでしょう。

冬の庭の景観に馴染むようにプランター菜園

和風や洋風のテイストにあうプランター選びを

冬の庭は、花や葉の色味が少なく、物寂しく感じることがあります。少しでもプランター菜園明るく楽しくするなら、庭の景観に馴染むようにプランターを設置するのもおすすめ。

プランター本体は、木材や石を使ったような自然的なものを選ぶと、違和感がなく、冬の庭のテイストとマッチしやすいです!

和風の庭のテイストなら、静けさを感じるような黒や灰色みの石を。明るくて、ナチュラル感のある洋風の庭のテイストなら、おしゃれな枕木を使ってプランターをつくるのもよいかもしれません。

プランターだけが景色から浮いてしまわないよう、周りには庭木や草花を植え、さらには石や岩、砂利なども敷き詰めると、一体感のあるプランター菜園に。

 

自由に発想しよう!おしゃれなプランター菜園

想像力を膨らませば、冬でも楽しめる

プランター菜園は、必ずしも植物を育てるために設計された容器で、栽培する必要はありません。簡単にいってしまえば、土を入れられるような容器があれば、植物は育ちます。育つ環境がよくなるように、底には水穴などがあいているとベターです。

上記の写真のように、自転車のかごに、ピートモスやヤシの繊維などを敷いたあと、土をたっぷりと入れれば、通気性や排水性のよいプランターができます。

家庭菜園なら、冬でも育つラディッシュやリーフレタス、ベビーキャロットなどが小さいスペースで栽培できておすすめ。

想像力を膨らませば、自転車のかごだけでなく、車のタイヤ、靴、お皿、コップなど使わなくなった、もしくは廃材となったもので、冬のプランター菜園をより楽しく、おしゃれに栽培できますね!

 

おわりに

プランターのクオリティや種類、配置の仕方など、一部を変えるだけでプランター菜園は冬でも楽しく、おしゃれにできます。インテリアやエクステリアの一部になるように、こだわりを持つと、個性的なガーデニングに。ぜひ素敵な菜園になるよう、アレンジしてみましょう!