お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
ガーデニング
柴崎光一

【プランター栽培】いちごの育て方やコツを知ろう!

プランターでも手軽に育てられるいちごは、育て方やコツを知れば、ガーデニング初心者の方でも簡単に育てられます。種類を選べば、おいしい実を毎年収穫できることも。いちごのプランター栽培での育て方やコツについてご紹介します。

いちごの種類と性質を知ろう!プランターでの育て方の前に

いちごの種類には大きく2つ

・一季成りのいちご
年に1回のみ収穫ができるいちご
四季成りのいちごよりも大きなサイズの実が収穫でき、味の風味もよい

・四季成りのいちご
年間を通してその都度収穫ができるいちご
一季成りのいちごよりも、小さいサイズの実ができる

どっちがおすすめ?いちごのプランター栽培に適したもの

野菜や草花、観葉植物など植物を育てたことがないガーデニング初心者の方、ベランダやバルコニーなど、狭いスペースで栽培される方は、「四季成りのいちご」を購入するのがおすすめ。

1年を通して、その都度いちごが収穫でき、1つの植物を大事育てることができます。1つプランターであるだけで、何度も収穫ができ、スペースを奪わずコンパクトに栽培が楽しめますね!

植物を育てることが好きな方、すでにたくさんの植物を育てている方は、「一季成りのいちご」を育ててみましょう。

いちご栽培を1シーズンだけと決め、一度にたくさん収穫して終わりにし、また次の植物を育てるような流れで楽しむのがよいです。多くの野菜や草花があると忙しくなり、手がまわず枯らしてしまうこともあります。

 

いちごをプランターで育てるメリット

いちごをプランターで育てると手間もかからず、実をしっかりと収穫できる!

メリット1. 実を保護するための手間がかからない
いちごは、まるくてこんもりとした株姿で生長。実は株の間から長い竿のように茎を伸ばした先端につきます。畑など地面で育てると、実が土に直接触れ腐りやすくなるので、ワラやビニールで地面をマルチングして、実が地面に触れないよう保護しなければなりません。

プランターであれば、高さがあるため、実が地面に触れることがなく、マルチング作業などする必要なく作業も楽です。

メリット2. 害虫の被害にあいにくい
甘酸っぱいいちごの実が好きなのは、人間だけではなく虫も大好きです。実が直接地面についていると、被害にあいやすく実が食べられないことも。いちごをプランターで育て、地面よりも高くして栽培すると、害虫の被害にあいにくくなりますよ!

 

いちごのプランター栽培に必要なもの

いちごを育てるプランターサイズは3L入るものがおすすめ

いちごは1株につき、3Lの土が入るプランターで育てましょう。また、いちごは地中に浅く根を張る植物なので、鉢の高さが浅いもので大丈夫です。ホームセンターなどでよく売られている長方形の65型プランターで、約12Lの土が入ります。

購入するときは、プランターや植木鉢の裏底面を見て、リッター数をチェックしてくださいね!

そのほかには、市販で売っている果物や野菜用の培養土や元肥、鉢底石を用意しましょう。鉢底石はネットに入ったものが、土と混ざらず、植え替えするときに作業も簡単でおすすめです。

 

いちごの育て方|プランターで植え付けるときのコツとは

いちごの苗をプランターに植え付けよう!

  1. プランターに鉢底石を入れる
    プランターには、まず鉢底石を敷きます。プランターが浅すぎる場合は、鉢底石は3cmほどの厚みが敷ければ問題ありません。土が少な過ぎると生育が悪くなるので注意。
  2. プランターに培養土と元肥
    鉢底石がしっかりと敷けたら、あらかじめ培養土と元肥を混ぜ込んでおき、プランターに入れます。このとき、苗ポットのトップの高さが、プランターのトップよりも2〜3cm程度下ぐらいになるよう、高さを合わせながら用土を入れましょう!
  3. いちごをプランターに植え付ける
    用土の高さが調節できたら、いよいよいちごを植え付けましょう!このときにポイントがいくつかあります!

    ・ポイント1|ランナーが出ている向きとは、反対側面を表面に
    いちごはランナーと呼ばれる長い茎を伸ばし、子株をつくり増えます。苗で売られているいちごは、そのランナーが切り取られ、地面からシュッと出ているので、その反対側の面が、プランターの表になるよう植え付けましょう!

    そうすると、いちごの実が出る方向が必ずランナーとは反対側へ出て、プランターの外へ実を垂らすことができます。実が出る方向がプランターの内側にあると、実が地面と接触、または隣り合った株へ出てしまうので注意!

    ・ポイント2|クラウンを半分くらいまで、土で被せる
    いちごの苗の中心には、クラウンと呼ばれる付け根があります。そのクラウンに上手に土が被さっていないと、生育不良になることも。土の高さが、クラウンの高さの半分になるよう被せてください。

    ・ポイント3|密植するときは30cm以上離して
    プランターに複数の株を植え付けるときは、実が大きくなるよう、できるだけ30cm以上離してあげましょう。近過ぎると、実は小さくなります。

  4. 水をたっぷりとかける
    プランターに植え付けたあとは、水が鉢底から垂れるぐらいたっぷりとかけましょう!

 

いちごの育て方|プランターでの管理の仕方


いちごは日当たりのよい場所が大好き。日陰すぎると、花芽や実が付きにくくなります。葉が茶色く変色していたら、病気の原因になるので摘み取って処分してくださいね。

四季成りのいちごは株が大きくなっても、実ができる数は減ってきます。親株よりも子株の方が実を付ける栄養分をたくさん出せるので、古くなった親株は、新し子株へと更新させると、毎年収穫の多い株になるので、1年以上たったら切り替えてみましょう!

プランター栽培でも、おいしいいちごの実を収穫

いちごの種類や性質によらず、実の味がおいしい時期は、春の4〜5月です。この時期は、いちごの実がしっかりとなるよう、栄養分を蓄えさせることが大事。追肥をするだけでなく、ランナーを切り離して、摘芯しましょう。

子株を大きくさせるときは、実を収穫し終えた初夏以降に。また、小さい苗のうちは、ランナーが出てきたら、その都度摘芯し、花芽や実が付きやすくなるよう親株を大きく生長させましょう。

おわりに

いちごのプランター栽培は、腐らせず立派な実を収穫できるメリットがあり、育て方も簡単。ガーデニング初心者でも育てやすいフルーツなので、ぜひいちごを育ててガーデニングを楽しんでくださいね!