お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
ガーデニング
柴崎光一

秋分の日とは?お彼岸やお供えする花や、おすすめの草花を知ろう!

9月末にある秋分の日とは、一体何をする日なのか、詳しく知らない方も少なくないでしょう。この記事では秋分の日とはどのような日なのか、同じ時期であるお彼岸についてや、それにまつわる花についてなどをたっぷりとご紹介します。

何をする日なの?秋分の日とは


秋分の日とは国民の祝日で、ちょうどお彼岸の中日にあたる日です。昼と夜の長さが、ほとんど同じ長さであり、夏から秋へと向い始める日でも。毎年日付が異なりますが、例年9月23日ごろになります。

秋分の日の目的は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」こととされ、墓参りをし、食べ物や花をお供えし供養します。

そのため秋分の日は、どんな花をお供えするのか、選び方や注意することなどいくつかあります。間違った花を選ばないよう、知っておく必要がありますよ。

秋分の日とは1. お彼岸にお供えする花


秋分の日とは、お彼岸の中日にあたり、お供えする花が必要な日でもあります。どんな花がよいか悩むことが多いと思うので紹介します。

菊にこだわる必要はない

お彼岸にお供えるする花は、仏花と呼ばれるものを選ぶのが、間違わずにすみ、安心できます。

仏花というと、「キク」をイメージする方が多いと思いますが、お供えする花は、決して「キク」でなければダメということはありません。

戦後、西洋から伝わった習慣とされており、あくまで「花の日持ちがよく、縁起のある花」ということで、定着したようです。

仏花に適した色

仏壇やお墓にお供えする花の色は、基本的に四十九日までは「白」とされています。カラフルな色はできるだけ避けますが、白・黄・紫・ピンク・赤の淡い5色であれば、仏花に適した色とされてます。

ただし、赤は悲しみを思わせる色ともいわれているので、避けたほうがよいでしょう。

故人の好きだった花をお供えしよう

もちろんキクの花を選ぶのもよいですが、故人の好きだった花や、秋の花をお供えするのがよいです。季節や地域の風習、宗派によって異なる場合もあるので、その際は、一度事前に調べてから、お供えしましょう。

秋分の日とは2. お供えにタブーとされる花

注意するべき花

お供えする花でも、何でもいいというわけではありません。気をつけなければならない花というのも存在し、仏壇やお墓にお供えするのはタブーとされているものも。ここでは、注意したい花を紹介します。

  1. 毒のある花
    先祖に毒を与えることになるので避けます。秋のお彼岸時期に咲くヒガンバナは、毒があることで有名ですよね。ほかにもスズランやクリスマスローズなどは、毒を持っているので気をつけましょう。
  2. トゲのある花
    トゲのあるバラやアザミ、ブーゲンビリアのような花は、殺生を思わせるため、仏花としてはタブーとされています。
  3. つるが伸びる花
    ツルが絡みつくような花は、成仏できないという印象があり、仏花としては用いられません。クレマチスやスイートピー、モッコウバラなどはツルが長く伸びるので避けましょう。
  4. 香りが強い花
    香りが強い花は、お線香の香りを妨げてしまうため、お供えするのは控えましょう。ユリやキンモクセイ、ウメなどが強い香りを放つので気をつけます。
  5. 枯れが早い花
    花の日持ちが短い花や、枯れやすい花は仏花としてお供えするのは避けましょう。アセビやスイートピーなどが挙げられます。

 

秋分の日とは3. お供えにおすすめな花

初秋に咲く花とは

秋分の日とは例年9月23日ごろになるので、初秋に咲く花が、お供えにおすすめな花と言えます。

  1. リンドウ
    リンドウの花なら9〜11月までと期間長く咲き、紫色の鈴型の花が仏花としてもおすすめ。晴天の日には、太陽に向かって高く伸び花を咲かせる姿は、とてもたくましく、美しさがあります。花の日持ちもよいため、切り花として飾ったりもでき、とても相性のよい花でしょう。日本を原産とし、白やピンク色の種類もあります。
  2. シュウメイギク
    シュウメイギクの花は、白やピンク色の可憐な姿で、秋の優雅さがあります。開花期間も長く、晩夏から晩秋まで咲いているので、仏壇やお墓でも長く飾れるでしょう。

秋に咲くだけではないおすすめの花

仏花としてお供えされる花は、キクを始めさまざまな花があります。現在では、白やピンク色の小さな可愛らしい花を咲かせるコチョウランや、紫色で上品な花を咲かせるトルコキキョウは、その姿から仏花としてもおすすめの花です。

2種類とも花の日持ちが長く、仏壇やお墓に非常に長く飾れるのでおすすめ。

トゲのある花でも工夫すれば、お供えできる

トゲのある花は、お供えにはタブーな花として紹介しましたが、バラなどは非常に人気で長く親しまれている花ですよね。故人がもし好きだった花である場合は、トゲをあらかじめ全てとってから、仏壇やお墓に飾るとよいでしょう。

または、トゲがつく品種は、トゲがつかないように品種改良されたものもあるので、そういった種類を選んで、お供えしたり、飾ったりするのがよいですよ。

おわりに

秋分の日とは国民の休日であり、「先祖をうやまい、なくなった人々をしのぶ」日でもあります。また、秋分の日と花の関係性もあり、選ぶべき花を選んで、仏壇やお墓にお供えしたり、飾ったりする日です。ぜひ、故人が喜ぶ花を選んで、大切な時間を過ごしてくださいね。