お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
佐藤 恵子

ホットカーペットの寿命と日頃のお手入れは?安全に使うために…

ホットカーペットの寿命を気にしたことはありますか?正しい使い方をしていますか?突然壊れてしまうと、寒さが身に染みる…などという事にもなりかねません。ホットカーペットの寿命と寿命が近いというサイン、長持ちさせる日頃のお手入れにについて紹介します。

ホットカーペットの寿命はどのくらい?

 

ホットカーペットがあると、床暖効果で寒い季節を快適に過ごすことができます。こたつ代わりに、ホットカーペットを使っているというご家庭をよく見かけます。

 

安全に使うために、ホットカーペットの寿命と、お手入れの方法を知っておきましょう。

 

正しい使い方をした場合の、ホットカーペットの寿命は5年から6年です。これはあくまでも、修理のための部品保有期間です。取扱説明書には、5年を過ぎたものは、安全のために点検をするようにという注意書きがあります。

 

従って、正しい使い方をしているホットカーペットの寿命は、5年と思っていたほうが良いでしょう。

 

ホットカーペットの寿命を知らせるサインとは!?

 

ホットカーペットの寿命が近くなると、どんなトラブルが発生するのでしょうか。ホットカーペットの寿命のサインを見逃さないためにも、現象を覚えておいてください。

 

  • 電源を入れても温かくならない
  • ホットカーペットから、焦げ臭い匂いがする
  • ホットカーペットの本体が、破れたり擦り切れたりしている
  • ホットカーペット本体の表面が、電熱線に沿って変色している
  • ホットカーペットが、半面、全面切り替えの場合、どちらか半面が温まらない
  • ホットカーペットの本体を折りたたむとき、電熱線のポキポキという音がする

 

電源を入れても温かくならない

コンセントを含め、コードはきちんと繋がっていますか?繋がっているのであれば、コードの断線や、温度調整機能の故障が考えらえます。それなりの年数を使用しているのなら、寿命と考えましょう。

 

焦げ臭い匂いがする

漏電が考えらます。使用年数が少ないホットカーペットなら、出来るだけ早急に修理と点検をお願いしてください。経年劣化によるものと判断できる場合は、寿命として、新しいホットカーペットに買い替えましょう。

 

ホットカーペットが焦げたり擦れたりしている

 

正しい使い方をしているにも関わらず、焦げているのを見つけたら、断線が原因かもしれません。擦れている場合も、コードに負荷がかかっていますから危険です。

 

どちらも、点検や修理、あるいは買い替えを考えましょう。

 

電熱線に沿って変色している

新しいホットカーペットでは、起こりにくい現象です。かなり使いこまれたものに多く、温度制御の故障や断線、本体生地の摩耗などが考えられます。

 

気が付いた時点で、出来るだけ早く買い替えを検討してください。

 

半面切替で片方の温度が上がらない

使用中のホットカーペットが古いものであれば、寿命と諦めて買い替えが必要です。経年劣化による断線などが考えられます。新しいものであれば、故障ですから、修理をお願いしてみましょう。

 

熱線がポキポキする

これは古くなった電熱線が折れる音です。完全に寿命ですから、処分をするしかありません。

 

ホットカーペットが寿命を迎えたときの処分方法

 

ホットカーペットを処分する際は、不燃ごみなのか粗大ごみなのかを、まずお住いの自治体のホームページなどで確認してください。

 

大きさや重さで指定が違ったり、捨て方もそれぞれの自治体で違ったりします。粗大ごみの場合は、数百円の手数料が必要なこともあります。

 

廃品回収業者に引き取ってもらう場合は、一般廃棄物収集運搬業許可証など、必要な認可を提示してくれる業者に依頼しましょう。

 

ただし、ホットカーペットだけでは、高額な費用が発生してしまいます。処分するものが大量にある場合のみお願いすると、手間もかからず便利です。

 

 

ホットカーペットを長持ちさせる日頃のお手入れ

ホットカーペットを長持ちさせるには、正しい使い方と日頃のお手入れが大切です。取扱説明書には、正しい使い方を説明してあるはずですが、使っているうちに忘れてしまいがちですよね。

 

そこで改めて、ホットカーペットの正しい使い方についも記載しておきます。

 

ホットカーペットの日頃のお手入れ

洗えないホットカーペットの場合は、小まめに掃除機で埃やゴミを吸い取り、ブラッシングをするなど、清潔を保ちましょう。

 

また、ホットカーペットカバーを利用して、小まめに洗濯をするといった方法もおすすめです。

 

洗えるホットカーペットであれば、中性洗剤で洗濯をしましょう。洗濯表示を確認し、それを必ず遵守することが重要です。コードの接続部分は、必ず内側に折り込み、衝撃から守りましょう。

 

洗濯機であれば、大きな洗濯ネットを利用するのが良いでしょう。

 

ホットカーペットの正しい使い方

 

ホットカーペットの取扱説明書にある警告や注意を守らないと、火災や火傷の原因になってしまいます。再度、正しい使い方をしているか、確認してみましょう。

 

  • 電源コード、プラグ、コントローラーを傷めたり、改造したりしない
  • 本体に針を刺したり、傷をつけたり、キャスター付きの家具を置かない
  • コントローラーに飲み物やペットのおしっこなどがかからないようにする
  • コントローラーに布団など、暖房断熱効果があるものを被せない
  • 暖房器具などの熱源の近くに、コントローラーを置かない
  • 使用中の本体を、曲げたり重ねたりしない
  • シーズンオフに保管する際、ナフタリンなどの防虫剤を使用しない
  • 重たい家具を乗せない
  • ペットの暖房に使用しない
  • 揮発性の高いガスなどが入ったスプレー缶などを、近くに置かない

 

ホットカーペットは、電気を利用した熱源です。安全に使うためのルールは、必ず守りましょう。

 

おわりに

便利なホットカーペットですが、危険な側面も多いことに注意しましょう。正しい使い方、小まめなお手入れを心がけ、ホットカーペットの寿命のサインを見逃さず、安全に長く使いたいものです。