お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
鈴木 阿由美

温水洗浄便座のお手入れ!ノズル部分をキレイにするコツ

洗浄便座のノズルはいざ掃除をしようと思っても、どうやって掃除したらいいのかわからない人もいると思います。そこで今回は、お掃除スペシャリストのりんごさん(@ririri031)に、自宅にあるものでできるノズル掃除の方法を教えていただきました。

りんごさん(@ririri031)
お掃除スペシャリストの資格を持つ。短時間で簡単にキレイを保つ掃除術をSNSで公開。
インスタグラム▶︎https://www.instagram.com/ririri031/

洗浄便座のノズル掃除は、歯間ブラシでキレイにしよう

トイレの掃除というと、便座や床、壁などを拭いたり磨いたりすることが多いと思います。意外と見落としがちなのが、洗浄便座のノズルです。

水が出てお尻を清潔に保てる洗浄便座ですが、水垢やカビが発生しやすい場所です。また汚れをそのままにしておくと、故障の原因になることもあります。

そこで今回は、りんごさんに洗浄便座のノズルの掃除方法を詳しくお伺いしました。ノズルの穴の掃除には歯間ブラシがピッタリだそうです。歯間ブラシと洗剤を使って、ノズルをキレイに保ちましょう。

 

洗浄便座のノズル掃除に必要なもの

掃除に必要なものをご紹介します。

  • 歯間ブラシ
  • 塩素系漂白剤
  • 必要ならノズルの蓋を止めるテープ
  • トイレ用の掃除シート
  • 洗い流すための水や水をかけるための容器
  • 手袋(使い捨てタイプが片付けも楽です)

ノズルを除菌するために塩素系の漂白剤を用意しましょう。りんごさんは『キッチンハイター』を使っています。

トイレ用以外でも大丈夫ですが、液体だとトイレットペーパーなどで除菌したい部分に貼り付ける手間が必要なため、泡タイプが使いやすいです。

塩素系の漂白剤を使う時は、酸性の洗剤やクエン酸などと混ざらないようにしてくださいね。掃除は換気をしながら行い、肌を守るための手袋やマスクをして掃除をしましょう。

歯間ブラシとは、針金にナイロンの毛をつけたものやゴム製の小さなブラシで、歯間部に残ったプラーク(歯垢)を効率よく取り除くためのものです。歯間ブラシがない場合は、爪楊枝でもノズルの穴にフィットします。

洗浄便座のノズルは、掃除のためにボタン一つで出てくるタイプのものや、引き出さないと出てこないタイプのものがあります。りんごさんの自宅は、ノズルが出てくるタイプだそうです。

蓋を支えないと掃除がしづらい洗浄便座の場合は、テープで蓋を止めてから掃除を始めましょう。

 

洗浄便座のノズル掃除の方法

ノズル掃除はまず除菌から行います。『キッチンハイター』をノズルの入り口に直接かけます。

数分おいたら、一度水で流します。コップや容器に水を入れて、かけるようにすると泡が流しやすいです。

塩素系漂白剤の泡が流れたら、ノズル本体の掃除を始めます。ノズルの掃除方法ですが、掃除機能ボタンがある場合は、押せばノズルが出てきます。

ボタンが無い場合はノズルの先端をつまんで引っ張って出します。その際はノズルの先端を無理に引っ張ったり、回したりしないように注意しましょう。

ノズルを出したら、漂白剤をかけて除菌します。りんごさんは、数分おいたあと、一度洗剤を軽く流し、トイレ用の掃除シートで全体を拭きました。

続いて、水が出る穴の掃除です。歯間ブラシを穴に入れて掃除します。洗浄便座と便器の隙間や、細かい溝にも歯間ブラシは入るので、なかなか手では届かないところもこすりましょう。

歯間ブラシの代用として、爪楊枝も使えます。ちょうど穴のサイズに入るので試してみてください。

歯間ブラシや爪楊枝なら、掃除が終わった後に手袋ごと裏返し、捨てることができます。手を汚さずに済むので楽ですね。

掃除が終わったら、水で洗い流して終了です。洗剤が残らないように水でしっかり流すようにしてください。

 

ノズル掃除の頻度

ノズル掃除の頻度についてりんごさんに伺ったところ、普段のトイレ掃除は、掃除シートやトイレ用洗剤で掃除を行い、週1回くらいのペースでノズル掃除までしっかり行っているそうです。

あまり時間をかけられないという人は、便座などの掃除をするタイミングで、ノズルも掃除シートでさっと拭いておきましょう。

汚れをためないようにすれば中性洗剤で十分キレイになります。除菌もしっかり行いたい時は塩素系漂白剤、水垢が気になる時は酸性の洗剤など、トイレ掃除の度に洗剤を変えるのもおすすめです。

塩素系と酸性の漂白剤を一緒に使うことは危険なので、別々の掃除の機会に使ってください。衛生的に保つためにも洗浄便座のノズル掃除は、月1回は行うようにしましょう。

掃除機能のついているノズルの場合は、機能なしに比べてキレイな状態を保ちやすいはずですが、知らない間に汚れていることもあるので、時々チェックしてください。

 

おわりに

デリケートな部分を洗浄するところなので、ノズルはキレイにしておきたいですよね。ノズルの掃除は、拭き掃除しかしたことがなかったので、早速、歯間ブラシで掃除をしました。フィットして気持ちよく掃除できます!ノズルの穴の汚れが気になっていた人はぜひ、歯間ブラシでの掃除を真似してみてください。