お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
明美宮脇

一人暮らしのキッチン収納術! 方法と実例を紹介

一人暮らしだとキッチンが狭くて、収納に困っている方も多いと思います。そんな方のために今回は、一人暮らしのキッチン収納の方法を紹介します。さまざまな便利グッズを使って、キッチン収納を見直せば、使い勝手のよい おしゃれなキッチンが作れます。

一人暮らしのキッチン収納のポイント

一人暮らしの狭いキッチン収納を上手に使うには、アイデアと工夫が必要です。ホームセンターなどにあるさまざまな便利グッズを使って、空間を有効活用すれば、おしゃれで使い勝手の良いキッチンにすることが可能です。

キッチン収納がうまくいっただけでは、まだおしゃれなキッチンとは言えません。おしゃれなキッチンにするためには、飾り付けなどのインテリアの要素も必要です。

飾り付けのスペースがない場合は、キッチンツールを飾って見せる収納にする方法もあります。

ものが多すぎてキッチンが片付かないこともあります。使わないものは思い切って処分して、必要なものだけを残せば、キッチンの使い勝手がよくなります。

キッチンにある食器やキッチンツールを統一すると、キッチンの乱雑さがなくなって、スッキリとまとまっているように見えます。このとき、なるべく同じメーカーで揃えるとさらに統一感が生まれます。

調味料やスパイスの容器も統一するとスッキリとまとまります。粉末や液体などに分けて使いやすい容器を選んでください。 砂糖や塩など容器にラベルを貼っておけば、同じ容器でも間違えることがありません。

引き出しの中は、トレーを使って仕分けすると片付きます。 トレーに入れるものを決めておけば、引き出しの中がごちゃごちゃせずに取り出しやすく便利です。

トレーはプラスチック製よりも通気性のいいカゴがおすすめです。

おしゃれな紙袋を揃えて、その中に小物などを入れて並べておくだけでもおしゃれに見えます。布製のバッグなら吊り下げておくだけでもインテリアとして使えます。

 

ホームセンターにあるものでキッチン収納

ホームセンターにあるフックやワイヤーネット、突っ張り棒を使ってキッチンに収納スペースを作ることが可能です。

フックを使えば、そこに物を吊るせるようになって収納スペースが生まれます。フックも粘着シールや磁石タイプ、S字フックなど様々な種類が揃っています。

S字フックと突っ張り棒を組み合わせて吊るす収納ができます。
キッチンには、フックをかけられるところが結構あります。

例えば、レンジフードの縁にS字フックを引っ掛けて 、キッチンツールを吊り下げれば、料理の時に取り出しやすく便利な上、おしゃれな見せる収納にもなります。

さらにワイヤーネットを組み合わせれば、壁一面が収納スペースになり、収納力がアップします。ただし、あまり重いものは掛けられません。

シンク下の扉の裏側にフックを取り付ければ、収納スペースになります。ワイヤーネットと組み合わせて、ラックを取り付ければ、小物を入れておくこともできます。

シンク下に収納しているものにぶつからないように収納するものを決めてください。

 

 

有孔ボードでキッチン収納

有孔ボードをキッチンの空いている壁に取り付ければ、ワイヤーネットと同じように壁一面がキッチン収納になります。

有孔ボードには穴の位置やボードの色など種類が豊富なので、自分の好みのキッチンに簡単にイメージチェンジすることも可能です。

 

有孔ボードの穴にフックを掛けて鍋やキッチンツールを吊るしておけます。さらに専用の 金具を使って棚を作れば、 調味料などの小物を置くことも可能です。

よく使うものをフックに掛けておけば、料理のときに取り出しやすくて便利です。

 

 

棚を利用してキッチン収納

キッチンに水切り棚を設置すれば、やかんや鍋などの大きなものも収納できます。また、よく使う調味料を置いたり、S字フックを使ってキッチンツールを掛けておけば取り出しやすくて便利です。

水切り棚には、突っ張り式や置き型のものなどがあるので、自分のキッチンに合うものを選んでください。

シンクの下にラックを設置すれば、収納スペースが増えてすっきりと片付けることが可能です。鍋や食器などを種類別に収納できます。

また、かごやストッカーを使えば、調味料やレトルト食品、ストック食材なども種類ごとに収納できます。カゴやストッカーの大きさを揃えるとさらにすっきりします。

キッチンワゴンも色々なものが収納できて便利です。移動できるのでよく使うものを入れておけば、必要な時にすぐ取り出せます。

サイドテーブルや作業台としても使えて便利です。

ディアウォールを使えば、自分の好みの大きさの棚を作ることが可能です。 狭い場所にも設置できるので、一人暮らしの狭いキッチンでも少しの空間があれば棚が作れます。

ディアウォールは2×4や1×6の木材と専用のパッドを使って、釘やビスを使わないで床や天井を傷つけずに柱を立てる壁面突っ張りシステムです。柱と柱の間に板を渡して棚を作ります。

 

おわりに

一人暮らしの狭いキッチンの収納力をアップさせるには、便利グッズを使って空間を有効活用するのがポイントです。統一感を持たせれば見た目もスッキリと収まります。
ホームセンターにあるワイヤーネットやフック、有孔ボード、ラックなどを使って、見せる収納のキッチンも可能です。
ここまで紹介してきたものを参考に、おしゃれなキッチン収納を実現させて、一人暮らしを楽しく過ごしてください。