お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
明美宮脇

子供部屋のおもちゃ収納アイデア!子供に自分で片付けさせるコツ

子供は遊ぶのが仕事です。でも、遊んだあとで片付けるさせるのはなかなか大変です。今回は、そんなおもちゃで散らかりがちな子供部屋をスッキリ片付けて、子供がおもちゃを片付けやすくなる、おもちゃ収納のアイデアを紹介します。

子供部屋のおもちゃ収納のコツ

子供部屋のおもちゃ収納のコツは、子供が自分でおもちゃを片付けられるようにすることです。子供が自由に使える場所をつくって、自分で管理させるようにすることで、子供は自分を認めてもらったと思って、自分から片付けをするようになります。

 

おもちゃ収納の前に、どのくらいの量のおもちゃがあるのかを確認します。このとき、子供のおもちゃを親が勝手に片付けるのはやめましょう。子供の片付けよう、という気持ちをなくしてしまいます。

また、おもちゃを捨てる時も、子供と話し合って納得してから処分してください。

 

収納する場所を決めるときは、親の都合を押し付けずに子供の意見を尊重して、片付ける場所を決めます。
子供が自分でおもちゃを片付けられるように、おもちゃがどこに収納してあるかわかるような工夫が必要です。

 

よく遊んでいるおもちゃは近くの取りやすい場所に、あまり遊んでいないおもちゃは奥の方にしまうなど、子供の手が届く範囲で、子供が片付けられるように、おおまかに分類するのがコツです。

 

子供の片付け方に完璧を求めないようにします。 例えば遊び終わったら、おもちゃのケースに入れてしまうだけにすれば、子供でも簡単に片付けができます。片付けたことを認めてあげることが大切です。

 

おもちゃの収納用品が子供にとって安全かどうかも大切です。

例えば木製ボックスの角が 尖っていないか、カゴにささくれがないかなどにも気をつけて、ケガなどの心配がある場合は、カバーを付けるなどの対策が必要です。

 

 

子供部屋が片付かない原因

おもちゃの種類ごとに分けて収納するのは、使うときは便利ですが、子供には細かすぎて片付けられないこともあります。子供の出来る範囲でおもちゃを収納できるようにする工夫が必要です 。

物が多すぎるとおもちゃを収納する場所がなくなってしまいます。その場合は収納は増やさずに、子供が自分で管理・整理できる量にすることが大切。このとき親が勝手に処分するのではなく、子供と一緒に本当に必要なものだけ残すようにするのがおすすめです。

 

逆におもちゃを収納するスペースが足りない場合もあります。

子供部屋におもちゃの収納スペースがなく、家族のクローゼットに一緒に収納したりせずに子供用のおもちゃ収納のスペースを確保してあげましょう。

 

おもちゃを収納する定位置を決めておけば、収納場所に迷うことなく子供でも片付けられます。

おもちゃを収納してある場所が、子供にとって不便な位置にあると、片付けにくくなって部屋が散らかる原因になります。子供が片付けやすい場所に収納できるようにしましょう。

 

おもちゃ収納しやすい子供部屋づくり

おもちゃ収納しやすい子供部屋にするには、おもちゃを収納する定位置を決めることです。
おもちゃの種類ごとに分けて、子供が使いやすい場所にしまうのがコツです。

子供が小さいうちは、子供が手の届く背の低い収納、大きくなったら背の高い棚にするなど、子供の成長に合わせて、おもちゃ収納の家具を用意します。

 

おもちゃを収納する定位置を決めたら、大ざっぱに収納します。子供が使いたいおもちゃを自分で探すことができれば大丈夫です。

おもちゃの収納場所がいっぱいになったら、子供と一緒に不要なものを処分します。

 

どうしても片付けが苦手な子供には、何でも入れられるバスケットなどを用意して、そこにおもちゃを入れる一時置き場を作ってあげます。そこがいっぱいになったら元の定位置に戻すようにして、片付ける習慣をつけましょう。

 

 

子供部屋おもちゃ収納のアイデア

子供の好きなキャラクターのイラスト入りの家具を用意して、「このキャラクターの引き出しには、これを入れる」と自分で決めれば片付けができるようになります。
おしゃれな棚やラックを使って、子供がおもちゃを片付けたくなるようにするのも一つの方法です。

 

子供が小さいうちは、おもちゃのイラストや写真を貼っておけば、おもちゃがどこに収納してあるかが目で見てわかっておすすめです。しまうときも同じイラストや写真のところに入れるようにすれば、ゲーム感覚で片付けられます。

 

カラーボックスに四角いケースやカゴを入れて、その中におもちゃを入れてしまうだけにして、子供が片付けられるようにします。

子供の遊び方に合わせてカラーボックスの位置を決めておくのがポイントです。入れるケースも色で見分けがつくようにしたり、ラベルを貼るなど子供が分かるようにしておきます。

 

収納ケースもおすすめです。写真を貼っておけば、中に何が入っているかがわかります。ケースごと引き出して、遊び終わったら使ったおもちゃをケースに入れて引き出しに戻すようにすれば、片付けもしやすいです。

 

 

おわりに

子供部屋にスッキリとおもちゃ収納するには、子供が片付ける習慣を付けることが大切です。そのためには、子供が片付けやすい場所におもちゃを収納する位置を決めて、定位置に収納することです。

あまり神経質にならずに、大ざっぱでも子供がおもちゃを片付けたら、きちんと褒めてあげることも忘れないでください。