お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
明美宮脇

賃貸もOKなキッチンを壁面収納!見せる収納でオシャレに!

食器、調味料、料理道具、ストック品などキッチンには、こまごまとしたものが多く、収納スペースが足りないと思っている方も多いと思います。そこで今回は、キッチンの壁面収納で収納力をアップさせて、使いやすいキッチンにする方法を紹介します。

キッチンの壁面収納には何を入れるの?

まず最初に、導線を考えた使いやすいキッチンにするには、キッチンにあるものをジャンル別に見直して、使う場所に合わせて収納場所を考えなくてはいけません。コンロで使うもの、シンクで使うものと分けていけば、壁面収納に何を入れればいいかが分かってきます。

たとえば、キッチンツールなど料理中によく使うものは、しまっておかずにすぐ取り出せるように、フックなどに掛けて見せる収納にするのも一つの方法です。

炊飯器や電子レンジ、オーブントースターなどの調理家電がカウンターの上に出しっぱなしになっていると邪魔ですが、よく使うものなので、しまい込んで使うたびに毎回出し入れするのも大変です。

 

これらの調理家電をどんな風に収納するかも壁面収納を考えるうえでポイントになってきます。キッチンの壁面収納は、よく使うものを入れるので、実際に何を入れるのかを考えて、奥行きやトレー・カゴの必要性と大きさなども考慮しなければいけません。

 

キッチンボードやスチールユニットを壁面収納にする

キッチンにそもそも収納スペースが足りない場合には、少ないスペースに無理に入れようとしないで、キッチンボードやスチールユニットを購入した方が、手軽に収納力をアップできておすすめです。

ショップや通販などにさまざまなタイプのものが揃っていますので、自宅に合うサイズの物が選べます。

キッチンボードは収納力があるので、キッチンのこまごましたものが片付いて、調理家電も置けるようになっています。また、キッチンとリビングやダイニングの間に仕切りがなくて、キッチンが見えて気になる場合にもキッチンボードが仕切りになるのでおすすめです。

 

スチールユニットやワイヤーバスケットを使って、キッチンの壁面収納にする方法もあります。自分の好きなサイズで自由に組み合わせることが可能です。

カントリー風や北欧風、モダン風など自分の好みのスタイルで統一すれば、スッキリと落ち着いたキッチンになります。

 

 

ディアウォールでキッチン壁面収納

ディアウォールは、2×4や1×6などの木材と付属のパッドを使用する壁面突張りシステムのことで、クギやビスを使わずに室内の好きな場所に棚を設置できます。クギやビスを使わないので、賃貸に住んでいる方や壁に穴を開けたくない方におすすめです。

 

キッチンのちょっとした空間を利用して、ディアウォールで壁面収納が作れます。スパイスラックにしたり、好きなお酒を置いてカフェのような雰囲気にしたりと自分の好みにアレンジできます。

ディアウォールに有孔ボードを取り付けて、有孔ボードによく使うキッチンツールなどを掛けておくだけで収納力がアップして、キッチンがスッキリと片付きます。有孔ボード専用フックは、雑貨屋さんやパーツ屋さんで手に入ります。フックに掛けられる重量に注意してください。

 

さらに、キッチンとリビングやダイニングの間にディアウォールを設置して、仕切り兼壁面収納にすることも可能です。

ただし、設置する場所の状態によっては使用できないこともあるので、ディアウォールの取扱説明書をよく読んでください。

 

 

棚板を作ってキッチンの壁面収納

棚受けをキッチンの壁に取り付けて、そこに板を渡して棚を作ります。自分の身長に合わせて取り出しやすい高さにして、よく使う食器やお気に入りの食器を置けば、毎日の料理が楽しくなります。

棚板の下にフックを付けて、キッチンツールなどを掛けるのもおしゃれな見せる収納になっていいですね。

また、少し高い位置に棚を作って、普段は使わないこまごましたものをカゴなどに入れて置くのもインテリアになって素敵です。高い位置にものを置いた場合は、地震などで落ちてこないように対策も忘れないでください。

 

 

カラーボックスでキッチン壁面収納

カラーボックスをキッチンの壁面収納に利用するのも手軽にできておすすめです。カラーボックスに収納ボックスやワイヤーバスケットを入れて、その中にキッチンの細かいものを整理すればキッチンがスッキリと収まります。

 

さらに、カラーボックスと板を組み合わせてDIYすれば、自宅のサイズに合わせたキッチンカウンターや食器棚を作ることもできます。

こんな風にカラーボックスを使って、自分の好みにカスタマイズした壁面収納ができ、収納力をアップさせることが可能です。

 

この他にも、突張りタイプの水切りラックをシンクの上に設置すれば、調味料やコップを収納できて便利です。
キッチンに吊り戸棚があれば、その下にワイヤーラックを取り付けて、お茶やコーヒーなどあまり重くない物を入れておくこともできます。

 

 

おわりに

キッチンに壁面収納があると、収納力が格段にアップします。キッチンツールなどよく使うものは、フックなどに掛けて見せる収納にしたり、自分の好きなお皿やカップを並べて飾ったりして、インテリアとして楽しむこともできます。

ちょっとした工夫で自分のライフスタイルに合った壁面収納は作れます。スッキリとしたおしゃれなキッチンを目指して、この機会にキッチンの壁面収納を考えてみるのもいいですね。