お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
津久井 玲子

掃除の基本!効率的な順番は?注意点もチェック!

掃除を手早くスッキリと終わらせるには、順番がとても大切です。効率よく掃除を終わらせるためには、どんなことを守ればよいのでしょうか?手早く安全に、それでいて気分よく掃除を進めるための、基本と順番、そして注意点をご紹介します。

効率的な掃除の順番って?注意することは?

掃除はただやみくもにふいたり掃除機をかけても、思ったようにキレイにすることはできません。基本の順番を守ってやらないと、キレイにしたはずの場所を汚してしまって何度も掃除する羽目になったり、ホコリや汚れが残ったりしてしまいます。

 

掃除はキレイにするためにすることです。それだけに汚れが残ったままでは気持ちも憂鬱になってしまい、掃除嫌いになってしまったら意味がありません。掃除は基本の順番を守るだけで、手軽に効率よく家具や床も家中キレイにできるのです。

 

しかし掃除には思わぬ危険も潜んでいます。高いところの掃除や洗剤などの薬剤など、注意点も多いです。部屋をキレイに掃除する基本と、安全のために配慮したいポイントを、まとめてご紹介します。

 

まずは必要ないものを捨てる

掃除を始めるときには先にどういう順番でするか決めることも大切です。ではどのように順番を決めたらよいのでしょうか?まずはどこを掃除するかを決めて、二度手間にならない方法から考えましょう。

 

そのためにまず大切なことが必要ないものを片付けることです。「もったいない」「いつか使うかも」と、普段使わないものをため込んでしまっていませんか?部屋や戸棚、押し入れの中などにたまった不要なものから、まずは整理して片付けてしまいましょう。

 

先に余計なものがなくなるだけでも、部屋の中も気分もスッキリするものです。着なくなった肌着などは、そのまま掃除グッズにしてしまうこともできます。棚の中や押し入れの中がスッキリすれば、収納場所の確保もできるので一石二鳥です。

 

さらに物が置きっぱなしの状態で掃除を始めると、その都度片付けたりよけたりしながら掃除をすることになるため効率が悪くなります。もし捨てるべきか迷うような品がある時は、一度箱などにまとめておいて、あとから落ち着いて決めると効率的です。

 

 

「上から下へ」が基本

余計なものが片付いたらいよいよ掃除開始です。ここでもきちんと順番を決めましょう。掃除の順番は「上から下へ」が基本です。部屋の掃除をするなら天井から掃除を始めて、床が最後になります。2階建ての家ならば、2階から掃除を始めましょう。

 

ホコリは上から下へと落ちていきます。低いところから掃除を始めると、せっかく掃除したところにまたホコリがたまって掃除しなおしです。そのため常に「上から下へ」を意識して掃除をしましょう。

 

正しい順番は、天井のホコリを落としたら、照明器具などの上にたまったホコリを落とします。天井は静電気などで意外とホコリがたまっている場所なので、真っ先に掃除するようにしましょう。高い家具の上から下へと順番に掃除をし、最後に床を掃除すると無駄なく掃除が進みます。

 

窓ふきは「下から上へ」

 

窓ふきの順番はほかの場所と異なり、「下から上へ」が正しい順番です。洗剤の塗り方も「下から上へ」塗っていきましょう。そしてふき取るときも「下から上へ」順番にふいていきます。

 

窓ふきの場合は、洗剤をキレイに拭き取ることも大切です。上から下にふき取ると液だれが取り切れないことがあるため、通常とは逆の順番になります。

 

 

「奥から手前へ」で効率アップ

掃除はゴミを残さず取ることも大切です。そのためにも「奥から手前へ」順番に掃除しましょう。逆の順番で掃除すると、せっかく掃除した場所を通って逆戻りすることになります。その結果、掃除した場所をもう一度掃除することになるため二度手間です。

 

順番としては、玄関から遠い寝室やリビングなどの奥の部屋から出口に向かって、順番に掃除しましょう。

 

特にワックスがけをするときには「奥から手前へ」かけないと、ワックスが乾くまで移動できなくなってしまいます。掃除もできなくなってしまうため、順番を意識することが大切です。

 

「軽い汚れからひどい汚れへ」

 

「奥から手前へ」と同様に、汚れを落とす順番も覚えておきましょう。道具を取り換える手間をはぶくのも効率アップに欠かせません。汚れを落とすときには軽い場所から始めるのがおすすめです。

 

汚れの軽い場所から始めると掃除道具の交換の手間をはぶけるだけでなく、最初は弱めの洗剤で掃除できるため、材質に影響がないかもチェックできます。ひどい汚れのところから始めると、掃除道具もすぐに使えなくなってしまって無駄が増える点もデメリットです。

 

また掃除の順番だけでなく、どこまで掃除をするかを決めておくとよいでしょう。掃除で疲れ果てることがなく、苦手意識を払しょくする効果も期待できます。

 

 

掃除をするときの注意点

普段から掃除し慣れている場所だけならばまだよいのですが、大掃除などの場合はいつも以上に広い範囲を掃除することがあります。順番を守って掃除することも大切ですが、いつもと違うだけに注意すべき点を意識して掃除しましょう。

 

無理は厳禁

 

普段は手が届きにくくて放置しているような高いところや、棚にしまったままの重い荷物などは、1人だけで処理しようとはせずに、家族などの他の誰かに協力してもらうことが大切です。ケガを避けるためにも無理はせず、誰かに頼んで手伝ってもらってください。

 

足元に注意

 

掃除をするときは、いつもはない掃除機のコードや洗剤などが足元に置かれています。掃除で出たゴミの入った袋などにぶつかってしまうこともあるでしょう。掃除の順番にあわせてものを移動したり、移動のときには足元に注意することも大切です。

 

洗剤は適切に

 

掃除に欠かせないものの1つが洗剤です。洗剤にもいろいろな種類があり、中には混ざり合うと有毒なガスを発生するものもあります。使用する前に必ず説明書きをチェックしましょう。洗剤を使うときには換気もしっかりおこなってください。

 

洗剤の種類によっては、使う素材によって化学反応を起こすものもあります。容器を移すだけでも危険な場合があるため、説明書きをよく読んで、素材にあったものを正しく使いましょう。

 

おわりに

掃除は順番を守り、注意すべきポイントを守れば、無駄なくスムーズにすませることができます。掃除に苦手意識を持っている方も、順番を考えて上手にこなしてみてください。きっと苦手意識もなくなって掃除が楽しくなることでしょう!