お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
明美宮脇

今さら人に聞けない!洗濯マークの正しい表示を知って楽しく洗濯しよう

洋服のタグの洗濯マークの表示が2016年12月に変わったのをご存知でしょうか?または、知っているけどよく分からないという方もいるのではないでしょうか?今回は新しくなった洗濯マークの意味とその洗濯方法を紹介します。

洗濯マーク5個の基本記号

洋服などのタグにある洗濯マークは家庭用洗濯機で洗えるのか?乾燥機はかけられるのか?クリーニング店に持って行く衣類なのか?といった洗濯方法の情報が表示してあります。洗濯マークの意味を理解して、衣類に合った洗濯方法で洗うことが大切です。

 

2016年12月にこれまではJIS(日本規格)だった洗濯マークの表示が、ISO(国際規格)に統一されました。それに伴い日本語表記もなくなりましたが、付記表記を使って日本語で洗濯ネット使用やあて布使用などの情報が記載されている場合もあります。

 

新しい洗濯マークは5個の基本記号と基本記号に付加記号の組み合わせで構成されています。5個の基本記号は、家庭洗濯、漂白、乾燥、アイロン、商業クリーニングの処理記号を表します。

 

この中の家庭洗濯と漂白の洗濯マークは必ず表記されていますが、他の3つは省略されることもあります。その場合は洗濯マークの中の一番厳しい処理を適用します。例えばアイロンのマークが省略されていたら、その製品は高温アイロン処理ができるということになります。

 

 

家庭洗濯処理記号(洗濯桶)

JISでは家庭洗濯のマークは洗濯機と手洗いに分けて表示していましたが、ISOでは洗濯桶のマークで統一され、さらにその中で家庭用洗濯機で洗えるもの、手洗いするもの、家庭では洗えないものの大きく3つに分けられます。

洗濯桶マークの中に表示されている数字は液温の上限です。そして、洗濯桶マークの下の横棒は水流の強さを表していて、横棒が多くなるほど水流が弱くなります。水流の表示方法は洗濯機のメーカーごとに違うので、取扱説明書で確認が必要です。

 

衣類のタグに洗濯桶のマークがあれば、ほとんどの衣類は家庭で洗濯できます。また、手洗いのマークがついている場合でも洗濯機で洗えるものもあります。

 

自宅の洗濯機にドライモードや、手洗いモード、クリーニングモードなどのコースがあれば洗濯機で洗えますが、形くずれしやすい衣類やデリケートな衣類など心配なときは無理せずに手洗いするのがおすすめです。

 

漂白処理記号(三角:△)とアイロン仕上げ処理記号

漂白処理記号の洗濯マークは、JISではフラスコのマークで使える漂白剤を表示していましたが、ISOでは三角(△)マークで表示されます。三角マークの基本記号に付加記号を使って3つの表示に分けられています。

三角マークの中になにもないものは塩素系漂白剤も酸素系漂白剤も使えますが、三角マークの中に斜線が入っていると塩素系漂白剤は使えますが酸素系漂白剤は使えません。

 

三角マークにバツ印があるものは塩素系漂白剤も酸素系漂白剤も使えません。

 

アイロン仕上げ処理記号の洗濯マークは、JISではアイロン記号の中に高温・中温・低温とあて布の表記がありましたが、ISOではアイロン記号の基本記号と付加記号を組み合わせて4つに分けられています。

 

アイロン記号の中のドットの数でアイロンの底面温度の上限を表示していて、アイロン記号にバツ印があるものはアイロン仕上げ禁止です。

 

乾燥処理記号(四角:□)

JISの洗濯マークは洋服のマークで自然乾燥のみでしたが、ISOの洗濯マークは四角(□)マークで表示され、自然乾燥かタンブル式乾燥かを見分けられるようになっています。

 

自然乾燥は四角マークの基本記号に付加記号を組み合わせて8つの表示に分けられ、 タンブル式乾燥は同じく付加記号を使って3つの表示に分けられています。JISで使われていた絞り方の記号はISOにはありません。

 

自然乾燥の場合、四角マークの中の付加記号の縦線(|)はつり干し、横線(―)は平干し、斜線(/)は 陰干しを表し、縦線と横線が2本になるとそれぞれ、ぬれつり干しとぬれ平干しになります。例えば、日陰のぬれ平干しだと四角マークの中に横線2本と斜線が入った表示になります。

 

タンブル式乾燥の洗濯マークは、四角マークの中に丸(○)が入っていて、さらに丸の中のドットの数は排気温度を表示しています。四角マークと丸にバツ印があるものはタンブル乾燥できません。

 

 

商業クリーニング処理記号(丸:○)

JISの洗濯マークは、ドライクリーニングが可能かどうかの表記のみでしたが、ISOではドライクリーニングの種類や有機溶剤の種類、ウェットクリーニングも表示されるようになりました。丸の中にアルファベットのP、F、Wが入って分類されます。

 

Pはパークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングを表しています。
Fは石油系溶剤によるドライクリーニングの表示。

Wはウェットクリーニングの表示で専門家による水洗いが可能で、いずれも家庭では洗濯できません。

 

商業クリーニング処理記号の丸のマークと 家庭洗濯処理記号の洗濯桶のマークが併記してあれば家庭で洗濯が可能です。メーカーごとに表示方法が異なりますが、家庭用洗濯機のドライコースはドライクリーニングが可能という意味ではないので、間違ってドライクリーニングの衣類を洗わないように注意が必要です。

 

 

おわりに

今までのJISの表記と比べてISOの洗濯マークの表記は細分化されていて、最初はよくわからないかもしれません。でも、数字は液温、ドットは温度などの一定のルールさえわかれば洗濯の方法もわかってきます。どうしてもわからないときは無理に洗おうとしないでクリーニング店などのプロに相談してください。