お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
ガーデニング
PR
Pacoma編集部

野菜づくりの敵「ナメクジ」は生態を知って駆除しよう

野菜作りやガーデニングをしていると、ナメクジの被害に悩まされることがありますが、ナメクジを駆除するには、確実性が求められます。ナメクジの生態や被害の特徴、作物や自然環境に負担をかけずにナメクジを駆除できる駆除剤を紹介します。

野菜づくりやガーデニングをしている方で、「ナメクジ」に悩まされたことがある、という方は多いのではないでしょうか?

ナメクジは、体が大きく動きがゆっくりしているため、見つけた時に駆除することも不可能ではありません。しかし、繁殖力が強いことから、1匹1匹駆除するのは難しいものです。

もし、駆除できなかったナメクジが付着した野菜が食卓にあがったら、トラブルになりかねません。菜園や食物の生産現場での害虫駆除には確実性が求められます。

そこで、野菜づくりに携わっている人に提案したいのが、ナメクジの生態を考慮した駆除です。ナメクジによる野菜被害の特徴はどういうものなのか、そして、どうすれば効果的に駆除できるのか、分かりやすく紹介します。

ナメクジによる野菜被害の特徴

駆除方法を紹介する前に、野菜栽培におけるナメクジ被害の特徴を解説します。ナメクジ被害の深刻さを知れば、根絶を目指す駆除の必要性を理解できるはずです。

野菜や花、果物は、ナメクジの好物です。新芽や花びらといった植物の「柔らかい」部分を好んで食べるため、晩春から梅雨にかけての時期にナメクジが大量発生すると、新芽がやられて野菜が育たなかったり、花が咲かなかったり、という事態になるでしょう。

また、カリフラワーやキャベツなどは、野菜の中に入りやすく、内部まで食い荒らされることがあります。せっかく育てた野菜が食べられたら、悲しい気持ちになりますよね。

ナメクジの食欲は旺盛なので、実りの季節に大量発生すると大きな被害になりかねません。ナメクジを見付けた時はもちろん、ナメクジが這ったぬめぬめとした白い跡を見付けた場合は、周辺にナメクジがいる、ということなので、注意が必要です。

そして、ナメクジには寄生虫がいる場合もあり、その寄生虫による害も見過ごすことはできません。寄生虫についてはあとで詳しく説明します。

ナメクジの生態と特徴について

大量発生すると野菜や花、果物に深刻な被害をもたらすナメクジ。その生態と特徴について解説します。

ナメクジとカタツムリの違いとは

ナメクジとカタツムリは見た目が似ている生物ですが、どちらも、生物学的な分類では巻貝の「腹足綱(ふくそくこう)」に属しています。

そして、カタツムリとナメクジの違いは、「殻」が有るか無いか、ということ。ナメクジは「殻」が退化したもの、とされています。

では、ナメクジに殻を被せればカタツムリ、カタツムリの殻を外せばナメクジ、となるかというと、そういうわけではありません。カタツムリの殻は、体から染み出す石灰分で作られたものであり、体にくっついています。無理に外してしまうと死んでしまうでしょう。

ナメクジの生態とは

ナメクジは「雌雄同体」という生物に分類される生物です。「雌雄同体」とは、1匹がオスでもメスでもあるという意味であり、ナメクジが2匹いれば、2匹がそれぞれ精子を交換して、卵を産み、繁殖していきます。

これは、ナメクジの移動距離が短いためといわれていますが、オスとメスが別々という生物に比べて、ナメクジの繁殖力は強いといえるでしょう。また、ナメクジの生殖器は青白い色をしていて、交尾をしている様子は「神秘的」な美しさがあるとされています。

ナメクジの寿命は2、3年ほど。冬は活動せずに目立たない場所にとどまりますが、春になると動き始め、春から初冬にかけて、石の裏や植木鉢の裏など、暗くて湿気た場所に卵を産み付けます。

ナメクジは夜行性であり昼間は石の下などに隠れているため、見つけることが難しく、発見が遅れることがあります。梅雨の季節になってナメクジに気づいたころには菜園がかなり食害されているかもしれません。

ナメクジの寄生虫によって死者が出たことも

ナメクジは、ナメクジ自体も害となりますが、ナメクジにすみつく寄生虫も厄介者です。ナメクジを生で食べると喘息やおねしょが治る、という民間療法もあるようですが、オーストラリアでは、パーティーでふざけてナメクジを食べた男性が8年後に死亡した、という事例もありました。

この男性が死亡した原因は、ナメクジに寄生していた線虫が引き起こした広東住血線虫症という病気を発症したためです。広東住血線虫症は自然治癒することもありますが、この男性は脳に大きな損傷を受けたため、死に至ったのです。

もし、ナメクジが付着している野菜や果物を誤って食べてしまうと、広東住血線虫症などの病気を発症し、重篤な事態に陥ってしまうかもしれません。ナメクジを触った手や、ナメクジが付着していた野菜や果物は、必ず洗うように気を付けましょう。

ナメクジの生態を研究して開発した駆除剤「MICナメクジ退治」

ナメクジの駆除には、熱湯や塩をかける方法や、夜間にナメクジを探して、割りばしで1匹1匹捕まえる方法などがあります。

こうした駆除方法は、家のベランダや物置の日陰といった「局所」では有効な方法ですが、菜園や農園、畑といった広大な場所では、野菜や花などの作物がナメクジの「隠れ場所」にもなるため、すべてのナメクジを見つけることは不可能です。

しかし、畑で栽培した野菜や果物は、自分たちで食べるだけでなく、他人に分けたり販売したりします。もし、ナメクジが付着した野菜が他人の手に渡ったり流通したりしてしまったら、重大な問題にもなりかねません。そのため、菜園や畑などでの駆除は、効率良く、確実に行う必要があります。

そこでおすすめしたいのが、「MICナメクジ退治」というナメクジ専用の植物周りでも使える農薬です。

食べさせて殺す「食毒」タイプ

株式会社エムシー緑化(本社・東京都)の「MICナメクジ退治」は、ナメクジに食べさせて駆除する「食毒」タイプの駆除剤であり、駆除の「効率性」と「確実性」の両方を追求したナメクジ駆除剤です。

有効成分「燐酸第二鉄」の働きとは

「MICナメクジ退治」の有効成分は「燐酸第二鉄」です。「燐酸第二鉄」とは自然界に広く存在する天然成分であり、土壌の微生物によって燐酸と鉄に分解されて土に還るので、残留を心配する必要がありません。したがって、これを使っても「有機農作物」と認められます。

「MICナメクジ退治」は、白い粒状の駆除剤であり、その使用方法は、植物の根本付近の土壌表面に撒くだけと簡単です。「MICナメクジ退治」を食べたナメクジは、生理反応が変化して食欲が減退。食物を摂取しなくなるので、数日で餓死します。

食べてすぐ、その場で死ぬのではなく、巣に戻ってから餓死するため、ナメクジの死骸を見なくて済むのも、「MICナメクジ退治」の商品の良さといえるでしょう。

特殊加工で雨にも乾燥にも強い

害虫駆除剤のなかには、水分の吸収と乾燥によって性状が変化してしまうものがありますが、「MICナメクジ退治」は、パスタと同じように水分を含んでも形状や効果が変わらないような特殊加工を施しています。

したがって、湿度が高い梅雨の時期や水気のある植物の根元付近に撒いても性状が変化せず、高い効果が持続します。

MICナメクジ退治が効く虫と場所

「MICナメクジ退治」は、ナメクジだけでなくカタツムリ類にも有効です。

温室やビニールハウス、圃場、花壇、家庭菜園場などの土の上に散布して使用する駆除剤、「MICナメクジ退治」を撒くタイミングは、ナメクジを発見した時はもちろん、ナメクジの被害が発生した時やナメクジが這った後を発見した時。

もし広い菜園場の一部だけにカタツムリが発生したら、その場所だけに散布するといいでしょう。

土壌の微生物によって燐酸と鉄に分解され土に還ることによって土壌を汚染しないので、予防的に「MICナメクジ退治」を散布することも有効です。ただし、「MICナメクジ退治」を使用する際には、野菜や花に直接かけないようにしてください。

ナメクジ駆除の方法については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。

なぜ塩をかけるのか【ナメクジ駆除】正しい方法とは

まとめ~効率性も確実性も必要

ナメクジは、生きる力が強く、目立たない場所に生息している生物であるため、すべてを確実に駆除することは簡単ではありません。

しかし、ナメクジの生態を研究したうえで開発された「MICナメクジ退治」を使えば、不快な思いをせず、確実に駆除することができます。

作物や自然環境に負担をかけない天然成分「燐酸第二鉄」を使った駆除剤「MICナメクジ退治」で、ナメクジ駆除をしてみてはいかがでしょうか。

【PR】提供元
株式会社エムシー緑化