お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
佐藤 恵子

これだけ覚えれば大丈夫!カルキ掃除基本の落とし方

白く濁ったシンクのカルキを見ただけで、「まるで掃除をしていないみたい」と、憂鬱になっていませんか?こすって落とすのも大変そうなカルキですが、実は誰でも簡単に落とす方法があります。カルキの落とし方とキレイが続く掃除のコツを紹介します。

カルキ掃除はクエン酸で落とすのがマスト!

カルキは、正式な名前を「次亜塩素酸カルシウム」といいます。以前、水道水の消毒に使われていました。このカルシウム成分が、水道水を使用する周りに白く残ったものを「カルキ」といっていました。

 

現在水道水の消毒に使用されているのは、「次亜塩素酸ナトリウム」です。同じように白く残るのは、水道水の中に含まれるミネラルが固まったもので、有害ではありません。しかし見た目が汚いという問題があります。カルキを掃除するには、クエン酸を使うのが最も簡単な方法です。落としたい場所やアイテム別に、カルキ汚れの落とし方を紹介します。

 

まずは準備をしましょう。水200ミリリットルに小さじ1杯のクエン酸を溶かしたものを、スプレーボトルなどに入れておきます。頑固なカルキを落とすためには、キッチンペーパーなどがあると便利です。

手肌の弱い方は、手袋などもあるとよいでしょう。その他、メラミンスポンジや、使い古した歯ブラシ、ホームセンターで購入できるお弁当の溝などを洗える細いブラシがあると役立ちます。

 

シンクと蛇口のカルキの落とし方

固まってしまったカルキは、こすっても落ちませんし、削ってしまうと傷をつけてしまうことも考えられます。そこで頑固なカルキの落とし方、掃除の方法を紹介します。

 

カルキ汚れを包むように、キッチンペーパーなどで覆いをします。そこに作っておいたクエン酸水をスプレーし、1時間ほど放置します。その後キッチンペーパーをはがし、メラミンスポンジでこすります。細かな場所は、歯ブラシや細いブラシでこすると落としやすくなります。

 

頑固な塊状のカルキは、一度では落とせないことがあります。クエン酸濃度をあげてみたり、何度もチャレンジしたりすれば必ず落とせますので、諦めないでください。

 

ポットに付着したカルキ汚れの落とし方

ポットの底などに、カルキが固まってしまうことがあります。専用の溶剤がありますから、それを使用するのも、落とし方の一つです。しかしコスパ的にはクエン酸がおすすめです。では、クエン酸を使用したポットのカルキの落とし方、掃除の方法を解説します。

 

ポットに少し水を入れ、いったん沸騰させます。電源を一度落とし沸騰が収まったら、そこに直接クエン酸を入れてください。そのまま蓋をして丸1日を目安に放置します。これでカルキが分解されていますので、ポットのお湯を捨て、スポンジなどでクエン酸をしっかり洗い流してください。

 

加湿器に付着したカルキ汚れの落とし方

1シーズン使い続けた加湿器には、カルキがこびりついてしまうことがあります。タンク・フィルター・トレイなどは、すべて漬け置きという方法で、カルキを分解し掃除をするのが簡単な落とし方です。

 

加湿器のタンク・フィルター・トレイが入る大きさの容器を準備します。なければシンクでも大丈夫です。クエン酸の目安は、水1リットルに大さじ1杯程度ですが、カルキ汚れがひどい場合は多めに入れても問題ありません。

 

クエン酸が溶けたら加湿器のパーツを漬けこみ、1~2時間程度放置します。浮いてしまうパーツには、タオルなどを重石代わりにして、きちんと沈めることがポイントです。漬け置きが終わったら、水でしっかりクエン酸を流し乾かします。カルキ汚れが残ってしまったら、メラミンスポンジやブラシなどで軽くこすってみてください。

 

バスルームのカルキ汚れの落とし方

最後にお風呂をあがる人が、水分をきちんと拭き取るのが一番よい方法です。しかし、なかなかできないというのが実情でしょう。カルキ汚れが広範囲に付着する前に、定期的にクエン酸を噴霧し水で洗い流し、水分を取り乾かすという掃除のルーティンがおすすめです。

 

頑固なカルキ汚れには、キッチンペーパーでクエン酸パックをし、1時間~2時間放置します。その後、クエン酸を洗い流して水分を拭き取りましょう。カルキ汚れが落としきれなかった場所は、メラミンスポンジやブラシで軽くこすると落ちやすくなります。

 

トイレのカルキ汚れの落とし方

毎日のトイレ掃除の際に、クエン酸スプレーをかけて、専用ブラシでこすって落とすのがおすすめです。強くこすってしまうと、便器に傷をつけてしまうかもしれません。汚れが付着する原因になりますので、注意してください。洗面台などの水道周りのカルキ汚れは、シンクの掃除と同じ方法で落とすことができます。

 

カルキ汚れの掃除をクエン酸で落とす時の注意点


クエン酸だから安全だという思い込みは避け、以下のような注意点を守ってください。

・塩素系漂白剤には、決して混ぜないでください。有毒ガスが発生します。

・酸ですから鉄材には使用できません。錆びの原因になります。

・沸騰している状態でクエン酸を投入してはいけません。吹きこぼれが起こり、やけどが心配されます。火を止め、沸騰が収まったらクエン酸をいれてください。

・使用したクエン酸は必ず洗い流してください。変色などの原因になることがあります。

 

カルキ汚れ落としに使うメラミンスポンジの注意点

カルキ汚れは、水垢ともいわれます。メラミンスポンジの用途に、水垢を落とすという表記があり、当記事でもカルキ汚れ落としにおすすめのアイテムとして紹介しました。しかし、メラミンスポンジにも、使ってはいけない場所があります。

シンクや洗面台・バスタブなど、汚れ防止コーティングがされている場合・曇り止めコーティングがされている鏡などは、メラミンスポンジを使用できません。こすって落とすのがメラミンスポンジの役割ですから、コーティングまで落としてしまうことになります。

 

メラミンスポンジを使用する際は、注意書きをしっかり読んでください。また、たっぷりの水を含んだ状態で使用するのが正しい使い方です。安易に使用するのは、避けましょう。

 

カルキ汚れを落としたら「キレイ」をキープする掃除方法

 

毎日1回は水分を拭き取り、乾燥させる時間を持つことが大切です。それが出来ない場所は、「使ったら拭く」を習慣化するのが、カルキ汚れを付着させない一番有効な方法になります。

 

電気ポット・やかん・加湿器などは、週1回・月1回など、掃除のルーティンに組み込んでしまうと、カルキ汚れがやっかいなものになってしまう前に落とすことができます。すべての汚れ同様、カルキ汚れも溜めずに掃除するのが一番楽な落とし方です。

 

おわりに

カルキ掃除は、クエン酸を上手に使えば簡単に落とすことができます。危険や失敗がないよう注意しながら、紹介した掃除方法を、ぜひ実行してみてください。