お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
暮らしの工夫
Pacoma編集部

作りたくなる!フォトブックのおすすめ活用法5選

デジカメやスマホの写真を1冊の本にすることができるサービス「フォトブック」。ちょっとユニークなフォトブックの活用方法をご紹介。きっとフォトブックを作るのが何倍も楽しくなるはずですよ。

目次

 

みんながアルバムにしたい写真は?

ビスタプリントジャパン株式会社の調べによると、スマホに入っている写真のうち「国内旅行へ行ったときの写真」をアルバムにしたい人が、大多数という結果になりました。
国内にしろ海外にしろ、普段とは違う場所での写真はやはり、思い出としてアルバムに取っておきたいものです。
また子どもの成長の様子をアルバムに残すというのも定番で、おじいちゃんやおばあちゃんに子どものアルバムを見せたことがある人も多いことでしょう。

【作りたいと思うアルバムのジャンル】

  1. 国内旅行へ行ったときの写真
  2. 海外旅行へ行ったときの写真
  3. 子どもの成長の写真
  4. 友だちとの思い出の写真
  5. 自分で撮影した人物や風景などの写真
  6. ペットの成長の写真
  7. 恋人との思い出の写真
  8. 結婚式の写真

※ビスタプリントジャパン株式会社

とはいえ、こうした写真でなければアルバムに出来ないということもありません。
ちょっと一工夫加えれば、何気ないあの写真も大切な思い出に・・・?
今回はアルバムとはちょっと違う、フォトブックの素敵な活用法をご紹介していきます。

 

おすすめのフォトブック活用術5選

フォトブックは、旅の思い出や“撮りだめ”した写真をまとめるだけではありません。
ここでは、フォトブックを120%楽しむための、ちょっとユニークな活用術をご紹介します!

 

【おすすめ1】子供の成長記録をギフトに

© PIXTA

子供の成長を喜ぶのは両親だけとは限りません。おじいちゃんやおばあちゃんにとっては、お孫さんの成長は何よりの楽しみ。
そんなお孫さんの成長を0歳、1歳など、年齢ごとにフォトブックにまとめてプレゼントする活用法がおすすめです。

運動会や七五三など、イベントごとにフォトブックを作ってもいいですし、普段の何気ない日常の写真だけをまとめるのもおすすめ。

写真だけでなくお孫さんのメッセージも添えておけば、これを喜ばないおじいちゃんおばあちゃんは絶対にいないはず!

ここだけの話、嫁姑関係を円滑に進めるためのマル秘アイテムとしても使えるかも・・・!?
いずれにせよお孫さんと離れて住むおじいちゃんおばあちゃんには、フォトブックはお孫さんの元気な様子を見せる、ピッタリの方法ですよ。

 

【おすすめ2】フォトブックを卒業・退職祝いの寄せ書きに

© PIXTA

フォトブックサービスは写真だけでなく、文字や文章を入れることができるから、卒業や退職祝い時の寄せ書きに使うのもおすすめ。

お世話になった先生への感謝のプレゼントとして贈れば、思わず先生も涙ぐむかも?

特にフォトブックの場合、メールなどでメッセージを集め、それをフォトブックサービスの編集ページに入力すればいいだけなので、色紙に書いてもらうよりも手間がかかないのも大きなメリット。

 

【おすすめ3】フォトブックを作品集に

© PIXTA

DIYで作った家具や雑貨、編み物作品など、趣味で作ったハンドメイド品を撮影した写真をまとめれば、立派な作品集の出来上がりです。

1作品ができるまでのプロセス写真も添えれば、製作過程での「ここ苦労したなー」なんて苦い、もしくは楽しかった思い出も蘇るはず。
後から工程を眺めて「この部分はもっと改善できるかな?」など、自分の腕前の向上にも一役買ってくれるかも知れません。

他にも自分で描いた絵を集めたイラスト集を作るなんてことも簡単。
絵や写真が得意な方であれば、就職や転職の際のポートフォリオとしても活用できるかも?

 

【おすすめ4】ガーデニングの記録に

© PIXTA

7色印刷や高機能な印刷機の使用など、高品質な印刷をするフォトブックサービスも多くあります。
植物など自然の風景もきれいに印刷できることから、ガーデニングの記録にもぴったり。

毎年記録に残しておけば、「去年よりもきれいにバラが咲いた」「シンボルツリーが1年前よりも大きくなった」などの、意外と気付かない小さな発見があるかも?
さらに、春夏秋冬、季節ごとに1冊ずつ作るとまとまり感がでますよ。

 

【おすすめ5】手作り料理の記録に

© PIXTA

毎日の料理はもちろん、ホームパーティやうちカフェを開催した時の記録をまとめても面白そう!

特に、子供のために毎日一生懸命作っているお弁当を1冊にまとめてみるのがおすすめ。「運動会の時に作った」「入学後はじめてのお弁当」など・・・思い出になる言葉も添えておけば、お子さんが大人になった時のいい思い出になること間違いなしです!

 

おすすめ!198円で作れるフォトブック

価格198円〜(文庫サイズ36P)
サイズ文庫・A5スクエア・A5
カバー巻きカバー・ソフトカバー・ハードカバー
綴じ方無線綴じ
スマホアプリあり

※価格は税抜きです

今までフォトブックを作ったことがないという方におすすめなのが「しまうまプリント」。
1冊198円からという業界でもトップクラスの安さで、ちょっとフォトブックを試してみたいという方にもピッタリです。
最も大きなA5サイズで144ページ作っても998円と手の出しやすい価格なので、印刷していない写真をたくさん抱えている方も安心!

 
いかがでしたか? いくつか活用法をご紹介しましたが、ここに書かれたものだけが正解とは限りません。
あなただけのアイデアも合わせて、フォトブックサービスを余す所なく活用してみてくださいね。