お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
Pacoma編集部

体験談も!家事代行をテーマ別に比較【厳選】

家事代行を料金やエリア、サービス内容、プランなどで徹底比較。実際に家事代行の掃除・料理サービスを試した体験談から比較で見るべきポイントまで網羅。お気に入りの家事代行サービスをみつけてくださいね!

目次

 

家事代行とは

これから家事代行の依頼を検討している方に知ってもらいたい、サービスの基礎知識をまとめました。
家事代行をオーダーする前に目を通しておいてくださいね。

 

家事代行で満足した人は90%!!

経済産業省の調べによれば、家事代行を利用した人のうち「とても満足している」「まあ満足している」と答えた人はおよそ90%。
さらに、家事代行を「利用したいと思う」「まあ利用したいと思う」と答えた人は全体の実に83%に上りました。
サービス料金や他人を自宅に入れることなど、なんとなく敷居が高いように思われがちな家事代行ですが、利用者のほとんどはそのサービス内容に満足しているようです。

参照:「家事支援サービスの基礎知識」

 

そもそも家事代行とは

そもそも家事代行とは、一般的な範囲の家事を代わりに行ってくれるサービスのこと。
2~3時間のなかで日常的な家事を気軽にオーダーできることで、共働きのママや、仕事が忙しくて家事をする時間のない一人暮らしの人などから注目を集めています。

よく間違えやすいのが、「家政婦」と「ハウスクリーニング」です。
家政婦は、家事代行と違って個人で契約を結び、料理から洗濯、掃除、ベビーシッターなど家庭のあらゆる仕事を受け持ってくれます。それと比較して、家事代行は、家事代行の会社を介して契約することがほとんど。仕事の範囲は家政婦と比較して、掃除、料理、洗濯など限られています。

ハウスクリーニングは、エアコンや換気扇などを分解し、一般の方では掃除ができない部分まで掃除してくれます。それに比較して家事代行は、エアコンなどの分解掃除はできず、お願いできるのは日常レベルの家事のみです。

これらサービスとの違いを理解してから家事代行のオーダーを検討しましょう。

 

家事代行サービス比較のポイント

© PIXTA

「いろいろな家事代行の会社があって、どこを比較して見ればいいかわからない」という方も少なくないはず。
家事代行サービスは、次の4つのポイントを比較しましょう。

 

【比較1】基本料金以外もしっかり確認を!

家事代行サービスの多くは、一回だけ依頼する「スポット」と、週に1回など定期的にきてもらう「定期」があります。
「スポット」よりも「定期」の方がお得になる家事代行サービスもあるので、その点も数社比較することをお忘れなく。

また、サービスの基本料金だけにとらわれないことも重要です。と言うのも、家事代行サービスはスタッフを派遣するサービスの形態上、その交通費などが別途かかるケースもあるからです。
不在時に家事代行をお願いしたいときの鍵の預かりサービスも、業者によっては有料で預かりを行っている場合もあり、基本料金だけの比較では、正確に利用費を推し量ることはできません。

各家事代行サービスの料金を比較する際は、こうした別途加算される料金も合わせて考えていくことが大切です。
家事代行サービスによってはweb上で見積もり計算ができる場合もあるので、こうした機能を利用するのもひとつの方法ですよ。

 

【比較2】だいたい2~3時間から依頼できるのが相場

家事代行をお願いする際、1時間だけのサービスというのはあまり無く、ほとんどは2時間~3時間が最低利用時間となっています。
ほとんどの家事代行サービスでは1時間あたりのサービス料金で記載しているため、2時間だけで頼めるサービスと、最低でも3時間利用が条件のサービスでは、その料金に大きな差が生まれます。

特に定期で依頼する場合は、週にどれだけの頻度で来てくれるのか、またはその頻度にバリエーションがあるかどうかも確認すべきポイントです。
また家事代行サービスの中には時間の延長に対応していない業者もあり、こうした時間に対する柔軟性も忘れずに比較しておきましょう。

ひとまずは単純な1時間あたりの料金ではなく、最低利用時間も合わせた最終的な料金がいくらになるかを予想して比較するのが、家事代行サービスの賢い選び方と言えるでしょう。

 

【比較3】鍵を預けることができるか否か

不在時でもサービスを行ってくれるかどうか、すなわち鍵の預かりサービスがあるかどうかは、利用する側のスケジュールにも関わってくるため、必ず確認しておきたい要素です。ちなみに、「初回のみ立ち合い必須」という家事代行会社も多いよう。

またこれに関連し、不在時の留守番をどこまで行ってくれるかも忘れてはいけない箇所。
郵便物や宅配物の受け取り、また電話の受け答えはしてくれるのか、などの留守番の内容も、鍵の預かりサービスと合わせて検討するようにしましょう。

 

【比較4】47都道府県OKとは限らない・・・

最後はその家事代行サービスが事業を行っている、対応エリアの確認です。
「全国どこでも47都道府県OK!」という家事代行サービスは実はまれで、東京や大阪、名古屋に福岡など・・・エリアを限定していることが多いです。

非対応地域では当然サービスをお願いすることができないので、比較する際は最初に確認しておいても良いぐらいの重要な要素です。

 

家事代行サービスをテーマ別で徹底比較!

© PIXTA

「手軽さ」「コース・プランの多さ」など、気になるテーマで家事代行サービス3社を比較しました。

まずは3社の基本情報からご紹介しましょう。

 

【家事代行1】CaSy(カジー)

料金【掃除】定期17,520円(週1月4回コース・1回あたり2時間の場合)など

スポット2,500円/1時間(2時間から利用可)
料金【料理】定期13,740円(2週間に1回月2回・1回あたり3時間の場合)など

スポット2,500円/1時間(3時間から利用可)
利用時間帯8:00~20:00
延長不可
交通費一律700円
鍵の預かりあり(980円/月)
掃除道具利用者が準備
損害補償あり
対応地域東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/大阪府/兵庫県の一部

※税抜き価格です

 

【家事代行2】myエプロン

料金【掃除】定期12,960円(月2回・120分コース)など 

スポット7,200円/2時間~
利用時間帯9:00~22:00
延長30分毎に1,750円
交通費一律600円
鍵の預かりあり(800円/月)
掃除道具利用者が準備
損害補償あり
対応地域東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/熊本県の一部

※税抜き価格です

 

【家事代行3】キャットハンド

料金【掃除】定期15,840円(週1回2時間の月額制・猫の手ライト)など

スポット3,680円/1時間(3時間から利用可。猫の手スポット)など
料金【料理】定期35,760円(月4週1回・1回あたり3時間の月額制・猫の手クッキング)

スポット なし
利用時間帯9:00~18:00
延長30分毎に別途利用料金
交通費一律900円
鍵の預かりあり
掃除道具一部利用者が準備
損害補償あり
対応地域東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県

※税抜き価格です

 

【比較1】手軽なスポットサービスのある家事代行サービス

 家事代行サービス料金
1CaSy(カジー)5,000円/2時間 
(2時間から利用可)
2myエプロン7,200円/2時間
(2時間から利用可)
3キャットハンド11,040円/3時間
(3時間から利用可)

※税抜き価格です

「CaSy(カジー)」は1時間あたりの料金が比較的安価で、最低利用時間も2時間から頼めるお手軽さがセールスポイント。
ただし「CaSy(カジー)」は料理代行の最低利用時間が3時間なので、料理代行をお願いする際は注意が必要です。

「myエプロン」は家事代行業界の中では珍しく「Tポイント」がたまるため、ポイント重視な方には特におすすめ。
また「myエプロン」は支払い方法をクレジットカード・現金で選ぶことができるのもポイントです。

「キャットハンド」は他家事代行会社と比較してコース・プランが充実しているため、コースの選び方によってはコスパが良くなりますよ。

 

【比較2】定期サービスがお得な家事代行サービス

 家事代行サービス料金
1キャットハンド
15,840円
2CaSy(カジー)
17,520円
3myエプロン
28,000円

※税抜き価格です

週1回・月4回(1回2時間)の同じ条件で掃除代行の定期サービスを比較した場合は、「キャットハンド」の「猫の手ライト」のお得さがピカイチ。
「キャットハンド」は他にも、週1回・月4回(1回1.5時間)で料金15,000円の「一人暮らし応援パック」などの、ユニークなパックプランを豊富に取り揃えています。

ただし、料理の定期サービスは「CaSy(カジー)」の方が若干お得。
例として週1月4回(1回3時間)の場合で比較すると、以下のようになります。

 

  • 「CaSy(カジー)」の料理・定期サービスは26,280円
  • 「キャットハンド」の定期サービス「猫の手クッキング」は35,760円

 

「CaSy(カジー)」はここに別途買い物代行の追加料金1,500円がかかりますが、それでも料理の定期サービス料金は比較的安価。
ちなみに「キャットハンド」の場合は、買い物代行もこの料金の中に入っています。

いっぽう「myエプロン」はお願いできる仕事の範囲が広く、掃除だけでなくお子さんやお年寄りの話し相手にもなってくれるのが嬉しいところ。
さらにはお子さんの習い事の送迎もOK(徒歩圏内に限る)ということで、定期サービスとの相性が非常に良い家事代行サービスと言えます。

 

【比較3】ぎりぎりまで予約が取りやすい家事代行サービス

 家事代行サービス 
1CaSy(カジー)
当日3時間前まで
2myエプロン
前々日の15時まで
3キャットハンド前日予約は困難
(予約時に可能日時をいくつか提案)

家事代行サービスの予約をいつまで受け付けているか、という点も比較すべきポイントです。
急な来客や予定が入った時や、出張から帰ってきた時の部屋の掃除、ホームパーティーの後片付けなど、「この日・この時だけお願いしたい!」という時にはこれが物を言います。

例えば「CaSy(カジー)」は、なんと当日の3時間前というギリギリまで予約ができるため、急な用事で依頼するにはうってつけ。

定期サービスではあまり考慮する必要はありませんが、スポットでお願いする際はこうした予約の取りやすさを比較してみるのも良いでしょう。

 

【比較4】コース・プランの多い家事代行サービス

 家事代行サービスコース数
1キャットハンド
14種
2myエプロン
3種
3CaSy(カジー)
3種

「1人暮らし応援パック」や「子育て応援パック」、はたまた「猫の手ギフト」など、さまざまなライフスタイルにマッチする「キャットハンド」のコースの多さは他の追随を許しません。

それと比較すると「myエプロン」はお試し・定期・スポットなどシンプルなラインナップですが、定期に関しては時間と月回数が実に19パターンも準備されており、スケジュールが組みやすいというメリットがあります。
お試しプランも「水回りプラン」「お掃除プラン」「身だしなみプラン」「おまかせプラン」と準備されているため、依頼する際に迷いにくいのもいいですね。

また「CaSy(カジー)」には料理・掃除といった一般的な家事代行のサービス内容に加えて、「ハウスクリーニング」まで取り揃えているのが特徴です。
レンジフードやエアコン、お風呂の浴槽のエプロン内部や浴室の換気扇などなど、普段の掃除では落ちない汚れを、プロのクリーニング業者が徹底的に掃除してくれますよ。

 
【さらに家事代行サービスを比較】

さらに家事代行サービスを比較したい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。
こちらの記事では、家事代行サービスを依頼する際に最も気になる料金を中心に、家事代行サービス10社の比較を行っています。
家事代行サービス各社それぞれの強みや、実際に利用した人たちの口コミなど、これから利用しようと考えている人に知っておいて欲しい、+αの情報が満載です!

 

実録体験談!家事代行サービスを試してみた

「家事代行サービスって本当に便利なの?」とオーダーを躊躇していませんか。
そこで、読者のみなさんに代わり、家事代行サービスを体験してみました!
次の「料理編」「掃除編」の家事代行体験記事をぜひチェックしてみてくださいね。

 

【体験談1】家事代行サービスで料理を頼んでみた

料理代行は家事代行サービスのひとつですが、実際にどんな料理を作ってくれるのかは非常に気になるところ。

「実際のところどんな人が料理を作ってくれるの?」
「利用時間が決まっている料理代行で、料金に見合ったものを作ってもらえるの?」
「利用者は調味料などをどこまで用意すればいいの?」などなど、素朴な疑問が尽きません。

こちらの記事ではそんな疑問にお答えすべく、ライターが実際に家事代行サービスに依頼し、どのように料理を作ってくれるのかを詳細にレポート!
これから料理代行をお願いしようか迷っている人は必見です。

 

【体験談2】家事代行サービスで掃除を頼んでみた

掃除代行はほぼ全ての家事代行サービスが行っている、家事代行の中心とも言えるサービス。
当然気になるのは、「実際どこまでキレイにしてくれるの?」という点です。

家事代行サービスの限られた時間内で、ここもあそこもとそんなにキレイにできるものなのか、そもそも日常掃除の範囲内でそんなに汚れが落ちるのか?
こちらの記事では、ライターが家事代行サービスに実際に掃除代行を依頼し、その出来栄えを辛口チェック!

「掃除は自分でするもの」なんて考えている方、家事代行サービスの掃除代行を、甘く見ちゃいけませんよ。

 
いかがでしたか? いくつもある家事代行サービスの中から、自分にピッタリのサービスを探すのは骨が折れるもの。
比較する際に注意すべきポイントを頭に入れて、家事代行サービスを賢く利用しましょう。