お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
DIY
PR
Pacoma編集部

ネジ頭がつぶれた(なめた)ビスを意地でも回す5つの方法

ドライバーで強く締めつけすぎて、ネジ頭の溝が潰れてしまうことを「なめる」といいます。そんな「いざ」という時の外し方を調べてみました。意外な方法で斬新に解決する動画も見どころです。

ネジの頭、潰れちゃった…

やってしまった…ついつい強く回しすぎた…スカスカとむなしく回る、私のドライバー。押したり引いたりしても事態は一向に進展しません。むしろこれ、傷口を広げてるかも…(泣)DIYあるあるですね。
いわゆる「ネジがバカ」になっちゃった状態、誰かに怒られる前になんとかしてみましょう!

 

LV.1: 一般的な技

1. 輪ゴムをかませる

  1. ©Fotolia

    潰れたネジ頭とドライバーの間に太めの輪ゴムを挟んで回す、ただこれだけ。摩擦度をあげる事で回す対処法です。
     
    この動画が有名
     
    コツは、以下の2点。
    ●力を入れてゆっくりと回す
    ●太めの輪ゴム使う
    ほぼタダなので、まずはこの方法を試してみましょう。

2. 挟んで回す

  1. ©Fotolia

    発想を変えて、ドライバーでなんとかしようとするのをいったん諦めます。 ラジオペンチロッキングプライヤーなど、「挟む」系のツールを使って、ネジ頭の外側をガッチリ挟み、力強く回す方法です。
    ホームセンターなどにはこの使い方に特化したツールもあります。ただこれには以下の難点が。

    ●ネジのまわりにスペースがないと難しい
    ●皿ネジや頭が低いネジは挟めない
    ●ある程度の握力が必要

LV.2: DIYな技

3. 叩いて緩める

  1. ©Fotolia

    ネジ頭に対して垂直にドライバーを突き立て、ドライバーのお尻をまっすぐに叩いてやると、衝撃でネジが緩む時があります。ドライバーは、軸が柄の中をお尻まで突き抜けている「貫通ドライバー」を使います。(普通のドライバーでこれをやると、軸が曲がってしまうのでご注意!)
    少々荒技なので、気をつけてください。

4. 金ノコや金ヤスリでマイナスみぞを掘る

  1. ©Fotolia

    >ネジの周りに広めのスペースがあって、なべネジなど頭が出ている種類の場合は、金ノコなどでマイナス用のみぞを太めに作りなおして復活させる方法もあります。
    ちょっと面倒ですが、条件さえ整えば確実な方法ですね。
    ネジ穴修正ツールは、専用のヤスリをはじめ様々なタイプのものが出ていますので、詳しくは近所のホームセンターなどで問い合わせてください。

LV.3: 専用ツールを使ってスマートに

5. さらに小さなネジ穴を作っちゃう

  1. LV.1では効果なし、LV.2だと、ちょっと難易度高いな…と思った方へ。
    電動ドライバーとこの「なめたネジはずしビット」(兼古製作所)があれば、力や技術がなくてもかなりの確率で外す事ができます。

【使い方】ドリル部分で潰れたネジ穴の内側に新たなネジ穴をつくり、反対のネジ部を使ってなめたネジを取り外します。
「なるほど!」な動画(2分半)はこちら↓

ところでこの動画、すでにYouTubeでの再生回数が100万回を超えています。
いかに「なめたネジ」に困っている人々が多いかが伝わってきますね。

 

  1. anh2-3

    この「なめたねじ」シリーズは、DIY愛好者に定評のあるブランド「ANEX」で知られる、新潟県三条市の老舗メーカー兼古製作所の商品です。

    兼古製作所HP

  1. <Amazon>
    アネックス(ANEX) なめたネジはずしビット
    カラー塗装仕様 ステンレスネジ対応
    3本組 ANH23

    兼古製作所(ANEX)|¥2,109

     

    ドリル部とネジ部の2つの先端で、ネジ穴をなめてしまい脱着不能になったプラスネジを外せるなめたネジはずしビットシリーズ。ドリル部でネジに穴をつくり、ネジ部を喰いつかせてなめたネジを外す。

ちなみに「ネジ山」ってどの部分?

© Fotolia

ネジやビスの正式な各部名称はこうなっています。
ついつい、今回「ネジ頭」とご紹介したドライバーをあてる部分を、「山」だと思いがちですが、実際には穴に入っていく、ねじれたスクリュー部分の凹凸を「ネジ山」と呼びます。横から見ると山が連なっているように見えますよね。

豆知識:意味不明に聞こえる「なめた」ですが、漢字では「滑めた」と書きます。ドライバーが「滑る」様子が語源のようです。

追記: そもそも……

nametaneji_02

ドライバーを正しくつかいましょう

  1. © Fotolia

    できれば、ネジ頭をつぶさない事が肝心です。ドライバーの正しい使い方を知り、良い品質のネジを使う事でかなり回避できます。