お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
ガーデニング
柴崎光一

庭木を植えよう!ガーデニング初心者でもできる地植えの仕方

難しいと思われがちな樹木の地植え。実はガーデニング初心者でも枯らすことなくできます。造園士だった筆者も始めたてのころは、不安でしたがやってみると難しいことはなく、少し力仕事が必要なだけです。庭木の地植えの仕方やコツ、注意などをご紹介します。

ガーデニング初心者でもできる庭木やシンボルツリーの地植え


「樹木を植えるのは業者に頼む」と思う方が多いと思いますが、植える樹木の樹高が1〜2m前後であれば、ガーデニング初心者でも庭に地植えできます。ただし、樹高が2mを超えてくると、重さがかなりあるので、2人以上で作業に取り組むことが安全です。

苗木は植木屋で直接見ることもできますが、近くのホームセンターでも種類多く、立派な苗木を販売しているところもあるので、手軽に選べますね。

まずは、ガーデニング初心者の方は、お店やホームセンターに苗木を直接見に行って、好みの種類や品種の苗木を選んでみましょう!

 

庭木の地植え前に苗木を選ぼう!ガーデニング初心者におすすめの選び方とポイント


苗木を庭に地植えする前に、まずはその苗木の選び方について紹介!樹木全体の見た目の良さも大事ですが、根の状態を確認することも大事。ガーデニング初心者の方は、このあと紹介するポイントを押さえつつ、お店にいる専門の方に詳しく話を聞くのもおすすめします。

ポイント1. 苗木の根を触ってみる

樹木の根が健康的か、ポットや鉢の表面・裏面から見える根を触ったり、ポットの側面を軽く潰したりして、固いかどうかチェックします。根が麻布で巻かれている場合も同様に、できるだけ触って、状態をチェックしましょう。

根がブヨブヨ、スカスカでは、樹形がいくら美しくても、選ぶ価値はありません。しかし、根を外から確認することは難しいので、できる範囲でやってみてくださいね。

ポイント2. 枝葉や幹の病害虫の被害をチェック

苗木の枝葉や幹の健康状態を確認します。葉数が多いもの、色が濃いもの、斑点模様など病気の症状がないもの、幹にコブやシワがないものなどを選びましょう。

枝葉がある一定の箇所でたくさん出て混み合い、ほかの部分がスカスカのような、健康状態の悪いもの、ハダニやカイガラムシの被害が多いものはできるだけ避けてくださいね。

ポイント3. 好みの苗木の佇まいを選ぶ

樹木全体の健康状態が確認できたら、幹の佇まいが美しく、庭のテイストにあう自分好みの苗木を選びましょう。幹が地面から一本で立つものや、3、5本と奇数で数本立ち上がるような株が美しく、庭を森の中にいるような雰囲気をつくりやすいですよ。

 

ガーデニング初心者必見!庭木・シンボルツリーの地植えの仕方

ガーデニング初心者でもできる苗木の地植えの方法・手順をポイント共に紹介します。苗木を植え付ける前に、植え付ける土は粘土質過ぎないか、水が溜まりすぎる低地ではないか、土の下はコンクリートではないか、確認する必要があります。

植え付ける場所が悪ければ、庭木は枯れてしまうので、土壌を改良したり、工事をしたりする必要があるので、必ず確認しましょう!

庭木の地植えの方法・手順

  1. 根鉢のサイズ+足が入るスペースの植え付け穴を掘る
    植え付け穴のサイズは、苗木の根鉢の幅と根鉢の周りに片足が入る幅で、根鉢の高さよりプラス10cmほどの深さを掘ります。
    ・ポイント
    植え付け穴を掘るときは、ある程度の大きさまで掘れたら、シャベルを裏返して、穴の側面を削り、お椀型にならないよう、真っ直ぐにつくりましょう。
  2. 穴の底が平らになるよう、土を戻して苗木をセット
    苗木の底と土と間に隙間ができないよう、穴底が平らになるよう土を戻します。その上に苗木を置き、根鉢の周りを足で踏み固めましょう。
    ・ポイント
    土を戻して苗木を置いたとき、根鉢の表面が地表のレベルより3cmぐらい高い位置になるようにします。このとき、苗木の向きを、回転させながら確認します。ガーデニング初心者の方は苗木から離れ、遠目から見て、見栄えがよいか確認してみましょう。
  3. 土をさらに戻して、苗木を固定
    苗木の向きが決まったら、倒れないように土をさらに戻し、足で踏み固め、苗木を土と固定します。足が入りにくい場合は、棒を使って土を押し固めるのもよいです。
    ・ポイント
    土を戻しているときは、苗木の向きが変わったり、傾かないよう注意します。ガーデニング初心者の方は、2人以上で作業すると、失敗しにくく、作業もやりやすいですよ。
  4. 地表に水が溜まるように、水皿をつくって水やり
    苗木が植え付け穴に完全に植えられたら、表面に水が溜まるように、土で囲って水皿をつくります。それから、根の内側まで水が浸透するように、水をたっぷりと与えます。
    ・ポイント
    水皿の水が引いて、根に浸透したら水皿を壊し、その周りにも水をたっぷりと与え、根と土がしっかりと定着するようにします。

ガーデニング初心者でも知ろう!庭木の地植えでの注意4つ

1. 麻布(根巻き布)は基本的には、つけたまま

苗木に麻布(根巻き布)がついている場合は、基本的には外さずにそのまま植え付けます。麻は土に自然にかえるので問題なく、根鉢が崩れないようにしてあげることが大事です。ただし、中の土がすでに崩れている場合は、麻布を外して植え付けます。

ポットの場合は、根が傷つかないよう根鉢を崩さずにポットを取り外します。

2. 土壌の質が悪い場合は、腐葉土やバークチップを

土の水はけや通気性などが悪い場合は、腐葉土やバークチップなど、掘り起こした土に混ぜ合わせて、苗木を植え付けます。

3. 樹高が2mを超えるような重い苗木は、2人以上で作業

苗木の樹高が2mを超えるような大きなサイズは、土の量も多くて重いため、ガーデニング初心者の方1人で作業は難しいです。怪我などのリスクも増えるので、必ず2人や3人以上で作業してくださいね!

4. 苗木を地植えする植え付け時期は、種類や品種によって

苗木を庭に植え付けする適期は、樹木の種類や品種によって違います。苗木を地植えする前は、その樹木の生態や育て方について調べてから、作業をすると枯らさずに済みます。

 

おわりに

テキスト:
庭木やシンボルツリーを庭に地植えすることは、植え付けの方法や手順を知ると、ガーデニング初心者でもでき、枯らさずに育てられます。また、自分で植え付けることで、その庭木にさらに愛着がわくので、大事に育てられますよ!庭木を植えよう!ガーデニング初心者でもできる地植えの仕方