お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
ガーデニング
河村ゆかり

冬越しの要!植物を枯らさないための雪対策ポイント5選

雪が降ると、庭やベランダの植物たちに大ダメージが…。雪の重みで枝や幹が折れ、雪がのった葉は傷んでしまうなど、取り返しのつかないことにもなりかねません。お庭の植物や鉢植えを守るための雪対策をご紹介します。

雪が降る前・降った後は要注意。雪対策ガーデニングテクニック

植物への雪の被害を最小限にするには、雪が降る前の準備と、降った後の素早い対応が欠かせません。天気予報をよくチェックして、タイミングよく雪対策を行えば、雪で植物が枯れ込むことが少なくなりそうです。

 

雪は植物にダメージを与えがち

その年の気候によりますが、暖地に区分される地域でも、降雪が珍しくないのが日本の冬。雪自体の冷たさ・重さが植物に与える被害もさることながら、雪が降る時に吹く強い北風、厳しい冷気こそが、植物を枯れ込ませる大きな要因です。

また植物はそれぞれ、耐寒性が異なります。耐寒性とは、0度以下の寒さに耐えることができる性質をいいます。耐寒性を把握することで、個々の植物が耐えられる程度がわかるので、ぜひ事前に調べておきましょう。

「耐寒性が強い」植物なら気温0度以下となり、多少の積雪があったとしても、地植えのまま春を迎えられるほど強健。

パンジー・ビオラ、アネモネ、クリスマスローズなどがその代表格。数センチ程度の雪ならば、そのまま雪解けを待っても大過ありません。

「耐寒性が中程度(普通)」は、気温0度程度でも生育は可能。霜除けをすれば、戸外で冬越しができる可能性大です。ノースポール、ハボタンなどが該当します。

「耐寒性が弱い」植物は、生育には最低5~10度以上の気温が必須要件。暖地であっても、室内に取り込むべき植物です。シンビジウム、シャコバサボテンなど、冬は温度管理した部屋で育てましょう。

 

ポイント1)雪の予想が出たらすぐに鉢植えを移動

鉢植えで育てている植物は、移動が容易なのが何よりの利点。「降雪の可能性あり」の天気予報が出たら、すぐに鉢植えを軒下など雪のかからない場所に置き換えましょう。雪の間だけは、玄関や部屋の中に取り込むのも一法です。

そのほか、鉢土が凍るのを防ぐため、もう一回り大きい鉢や、発泡スチロールの箱に入れて防寒対策を。そのほか、雪が降る前にの水やりは避けたほうが無難です。

雪が降るほどの低温によって、鉢にしみ込んだ水分が凍り付いしまう危険性大です。

 

ポイント2)枝折れしそうな植物には雪囲いを

かなりの降雪が見込まれるとき心配なのは、雪の重みで枝が折れてしまうこと。庭に地植えした樹木など、移動がきかないものは、雪囲いを施しましょう。

ビニールや不織布などをふんわりと樹木全体にかぶせて、樹形に沿わせて軽くひもでしばりって固定します。

なお、雪が降りやんだら、すぐに雪囲いは外してください。「寒さ除けにもなるし、そのままに」と思うかもしれませんが、晴れた日には雪囲いの内部の温度が上昇し、多湿状態に。かえって植物の負担になります。

 

ポイント3)マルチングで土を保温

雪が降るほどの低温になると、土中の温度低下が植物に深刻なダメージを与えます。最も心配されるのが、土中の温度が0度を下回ると起こる「霜柱」です。

霜柱は土の表面の水分が凍りつき、細かい柱状となる現象。土をはがすように持ち上げるため、根を痛めてしまうのです。

霜柱を防ぐためには、土中の温度を下げないことが肝要。土の表面を腐葉土、ウッドチップ、ワラ、ビニールなどで覆う「マルチング」を施しましょう。

マルチングは冬の防寒とともに、夏は地温の上昇を防ぐこともでき、さらには雑草の発芽抑制にも役立ちます。また、泥の跳ね返りによる病害虫予防、庭の美観アップにも貢献すると、いくつもの利点があるので、ぜひ導入してみて。

どのマルチング材もホームセンターなどで販売されており、容易に入手可能です。降雪の予報より早く、冬の訪れとともに、マルチングしておくのをおすすめします。

 

ポイント4)雪が降った後 枝の雪を無理に落とさない

「やっと雪がやんだ!」となると、すぐにでも枝を振り動かして雪を払い落としたくなりますが、ちょっと待って。

雪は思いのほか重く、無理に雪を下そうとすると、枝を折ってしまうこともしばしばです。力を込めて枝をゆすったりせず、ホウキなどを使って雪をやさしく払い落とすくらいにとどめておきましょう。

なお、雪の重みで折れてしまった枝は、切り口をそのままにしておくと、病害虫に置かされる危険性があります。避けた切り口は、剪定ばさみできれいにカット。切り口癒合剤を塗布しておくと安心です。

 

ポイント5)融雪剤には要注意

雪が植物にはよくないからと、雪を溶かす「融雪剤」を庭や鉢土にまくのは避けましょう。市販の融雪債の多くは、塩化カルシウムを含有。

「塩害」という言葉があるように、植物にとって大量の塩は有害です。塩分量によっては、植物を枯死させるかもしれません。さらに塩分は長期間土に残留するため、新たに植物を植えても育ちにくい現象が現れる場合もあります。

また、融雪剤には尿素を原料としたものも。尿素は窒素を含んでいます。窒素含有量が過多になってしまうと、やはり生育障害を起こすこともあるので要注意です。

 

おわりに

いかがでしたか? 植物が雪で弱ってしまったり、枯れてしまったりしないように、できる限りの手を尽くして守ってあげましょう!