お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
子育て
かまゆみ

かまゆみ|工作玉手箱<vol.1>

季節のイベントを親子で知って、作って、楽しめる、隔月連載コラム&工作レシピ。今回のテーマは節分!節分にぴったりの、かわいい置物工作を作ってみました。詳しい作り方をご紹介します!

かまゆみ
アートクリエイター&子供絵画工作専門家。 メディアの工作監修、制作、執筆のほか、企業や教育現場などで講師を務める。

水切りフィルターで作る鬼とお多福

おとぼけ顔の鬼とお多福がお部屋の中を明るくしてくれるね

 

用意するもの

・水切りフィルター
・お花紙
・リボン
・マスキングテープ
・シール
・毛糸
・動眼
・色画用紙
・紙コップ
・牛乳パック
・木工用ボンド
・はさみ

 

作り方

①お花紙をくしゃくしゃに軽く丸めたもの、12 個を水切りフィルターに入れて、リボンで結びます。これでお顔の部分ができました。

②1の水切りフィルターの端をつまんで、マスキングテープでぐるぐる巻くと、鬼の角が完成です!お多福には毛糸を貼って髪の毛をつけます。好きな髪型にしてあげましょう!

③毛糸や色画用紙、シールで眉毛や目、口、鼻など、お顔のパーツを作ります。

④2で作ったお顔に、3で作ったパーツを木工用ボンドで貼り付けたら、お顔が出来上がり! 目や口、眉毛の位置を変えて、色々な表情を作ってみましょう!

⑤次は鬼とお多福の胴体を作ります。紙コップや上半分をカットした牛乳パックに、シールや包装紙、マスキングテープを貼ってデコレーションします。色を塗ったり、布を貼ってもいいですね。

⑥デコレーションした紙コップや牛乳パックに4で作った、鬼やお多福の顔を入れたら、節分にぴったりの置物の完成です!

節分が終わったら、今度はパパやママ、お友達のお顔で置物を作ってみるのも楽しいですね。

 

節分になぜ豆をまくの?

「節分」は暦の上では年変わりの日として考えます。
この日に炒った豆をまくことで鬼(邪気)を払い、一年を健康に過ごせるように願う行事です。
 

昔は、季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられていました。
その中でも、立春前日の節分の日は、旧暦では大みそかにあたる大切な日。
中国でこの日、厄や災難を払い清める儀式が行われていたものが、奈良時代に日本に伝わりました。
長年、宮中行事の「追儺(ついな)」として行われていたものが、現在の「豆まき」の形になり、庶民の間に広まったのは江戸時代。
豆は魔除けの力があり、五穀の中でも穀霊が宿ると信じられてきたのです。
「豆をまいて、魔物を滅そう!」というのが豆まきの由来です。
 

福を家に招くほか、心の鬼も一緒に退治。
意地悪、おこりんぼう、怠け者……。
そんな心の中にある嫌なものはありませんか。
「鬼は外!福は内!」「心の鬼もやっつけよう!」と元気よく豆をまきましょう。
そして親子で豆まきした後は、節分工作を楽しんでみてはいかがでしょうか。
かわいい鬼やお多福の置物工作です。
 

メインの材料は、キッチンの排水口のゴミ袋に使う水切りフィルター。
この柔らかい不織布を生かし鬼とお多福の顔を作っていきます。
好きな色のお花紙を軽く丸め、水切りフィルターに入れリボンで結ぶ。
かた結びもいいけれどちょう結びができる子は、ぜひ挑戦してみましょう。
その際、パパやママが水切りフィルターの頭部分を持ち、子供が結びやすいように補助してあげてくださいね。
ちょう結びは、5歳ごろが練習を始めるのにいいタイミングです。
 

毛糸や色画用紙、シールなどを使ってオリジナルの鬼やお多福の顔を作りましょう。
目、鼻、口の位置で表情がガラッと変わりますね。怖い顔、かわいい顔、ゆかいな顔など、どんな鬼とお多福が誕生するかな。

 

次回のかまゆみさんの連載はPacoma4月号(3月10日)発行です。お楽しみに!