お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
ガーデニング
河村ゆかり

キキョウ(桔梗)の育て方・栽培方法|園芸のプロ解説

山野草の代表格でもある花・キキョウ(桔梗)の育て方を園芸のプロが解説。キキョウの植え付けや肥料などのタイミングが一目でわかる育て方カレンダーも必見。上手な育て方を知っておけば、きっときれいなキキョウが咲くはずです!【花の育て方シリーズ】

目次

遠藤昭

ガーデンプロデューサー。サラリーマン時代、家族とともに赴任したオーストラリアでガーデニングに開眼。帰国後は自宅の庭づくりに注力し、さまざまなガーデンコンテストで受賞。定年後、2010年日本ガーデンデザイン専門学校造園ビジネス科修了。2011年英国王立園芸協会コンテナガーデンマスター認定。プロガーデナーとして活動し、川崎市緑化センターでの園芸相談、各種ガーデニング講習会など、自らの経験をもとにガーデンニングの楽しさを教えている。
遠藤昭さんのHP

 

キキョウ(桔梗)について

© PIXTA

育て方の前に、キキョウ(桔梗)の特徴や品種についてご紹介。

 

キキョウ(桔梗)の特徴

キキョウ(キキョウ科キキョウ属)は、日本をはじめ東アジアに広く生息する多年草。
小さなニンジンのような太い根は、漢方薬としても活用されています。
野の花のイメージが強いキキョウですが、自然環境の悪化から国内の自生種は激減し、いまや絶滅危惧種に。

園芸種は多数流通しており、お盆の時期の仏花や秋の庭の主役にと、多様に活用されています。
花だけでなく、紙風船のような形のツボミの愛らしさも人気の理由。

またキキョウは日本の気候に合った植生で、育てやすさも魅力です。
キキョウは冬に入る前に地上部は枯れてしまい、根のみで越冬。やがて春になるとまた芽吹いて花をつけるというサイクルを繰り返し、初心者でもラクに育てられます。

  • 難易度 初心者向き
  • 耐寒性 強い
  • 耐暑性 強い
  • 耐陰性 弱い
  • 乾燥 強い
  • 草丈 15~150cm

 

キキョウ(桔梗)の品種

キキョウは江戸時代から人気の草花で、多くの園芸品種があります。
一重咲きのキキョウがポピュラーですが、「二重咲き」や「八重咲き」のキキョウも人気。

そのほかにも、しわの寄った葉が特徴的な「ウズキキョウ」、早生品種の「五月雨」、草丈4~5㎝の超小型種「チャボキキョウ」などがあります。

 

キキョウ(桔梗)とトルコキキョウの違いは?

切り花でも人気の「トルコキキョウ」は、北アメリカなどを原産とするリンドウ科トルコキキョウ属の植物です。
キキョウ科キキョウ属の「キキョウ」とは、植物学上まったく別に分類されます。

「サワギキョウ」別名「宿根ロベリア」もキキョウ科ミゾカクシ属で、キキョウの品種のひとつではなく近縁種。

いずれも、青い花色や花姿などに共通点を見出され、「キキョウ」の名を冠したと考えられます。

 

キキョウ(桔梗)の育て方で押さえておきたい3つのコツ!

  • コツ1 日当たりの良い場所で育てる
  • コツ2 夏前に切り戻しを行うと秋に二番花が咲く
  • コツ3 花がらを取らないと、すぐに種がつくので要注意

※この記事のカレンダー・育て方は、中間地で育てた場合のものです。

【寒冷地】
種まき 4月
株分け 3月中旬~4月中旬
挿し芽 5月下旬~6月
植え付け・植え替え 4月 
肥料 4~9月
切り戻し 7月
開花 6月~9月

【暖地】
種まき 3月~4月上旬
株分け 2月~3月
挿し芽 5~6月
植え付け・植え替え 2月~3月
肥料 3~10月
切り戻し 6月中旬~7月上旬
開花  5月上旬~10月

寒冷地=北海道、東北、新潟県、富山県、石川県、高冷地。
中間地=福井県、関東甲信、東海、近畿、中国、九州北部。
暖地=四国、九州南部、沖縄県

 

キキョウ(桔梗)の育て方【基本編】

© PIXTA

丈夫で育てやすいキキョウ(桔梗)ですが、基本の育て方をマスターすれば、より美しい花を楽しめますよ!

 

置き場所・日当たり

キキョウの栽培には、日当たりが必須。
最低でも半日くらいは日の当たる場所で栽培してください。
日陰で育てると、花つきが悪くなるので要注意です。

またキキョウは過湿に弱いので、風通しの良いところで育てて。

 

種まき

キキョウの種まき適期は、3月中旬~4月中旬です。
種まき用土を平鉢に入れ、キキョウの種を数粒まいたら薄く覆土します。
しっかり水やりした後は日陰に置き、発芽までは乾燥しないように腰水に当てて(底面給水)管理して。

キキョウが芽吹いたのち、込み合っているようなら間引き、本葉が4枚になったころに庭や鉢に定植を。

 

植え付け・植え替え

キキョウの植え付け・植え替えは、2月~3月に行います。

庭植えする際は、水はけをよくするため、20㎝程度盛り土して植えつけるとGood。
鉢植えは庭植えに比べ乾燥しがちなので、盛り土にしなくても大丈夫です。
いずれの場合も、深植えすると新芽が伸びにくくなるので、地表近くに浅植えするのがコツ。

鉢植えのキキョウは根詰まりしやすいので、毎年植え替えると安心。
太いゴボウのような根が傷つかないようにていねいに扱い、根鉢をほぐして元の鉢に戻し、新しい土を足します。株を大きくしたい場合は、一回り大きな鉢に植え替えて。

庭植えのキキョウは植えっぱなしでも育ちますが、どんどん新芽を増やして広がっていくので、定期的に整理をするのがおすすめ。

 

土の選び方・肥料

キキョウを鉢植えするときは、市販の園芸用土で充分。
自分でブレンドした土を使いたいなら、赤玉土7、腐葉土3の割合で土づくりをして。
庭植えでは、粘土質で水はけが悪いなら、腐葉土などをすき込んで水はけを改善しましょう。

キキョウの肥料は、3~10月に与えます。
植え付けや植え替えのとき、たい肥や化成肥料を元肥として与え、花期には規定量の液肥を10日~2週間に一度施肥。
ただし多肥を嫌うので、肥料は与えすぎに注意してください。

 

水やり

キキョウの鉢植えは、土が白く乾いたら、鉢底穴から水がしたたり落ちるくらい水やりをします。
冬季に地上部が枯れている状態でも、土が完全に乾く直前に水やりをすることを忘れないで。

庭植えのキキョウは、雨が降らず乾燥した日が続くとき以外は、水やりの必要なし。

 

キキョウ(桔梗)の育て方【シーン・トラブル編】

© PIXTA

ここでは、キキョウ(桔梗)のシーン・トラブル別の育て方をご紹介。

秋の花・キキョウ(桔梗)を美しく咲かせるためには、夏前の切り戻しなど、季節のお手入れが肝心です!

 

切り戻し

キキョウは6月下旬~7月中旬に切り戻しを。
この時期は、ちょうど一番花が咲き終わるころで、草丈の半分~3分の1くらいまで、ばっさりカットしてください。

切り戻すことで新しい芽が発生し、そこから秋に咲く二番花がつきますよ。

 

増やし方

キキョウは株分け・挿し芽で簡単に増やせます。
2~3月、まだ芽吹かないころがキキョウの株分け適期です。

キキョウを挿し芽で増やす場合は、まず5~6月、新芽を5㎝の長さにカットして1時間ほど吸水。
挿し木用土を入れた平鉢に挿し、水やりして腰水に当てて日陰に置くと発根します。

 

季節の手入れ

キキョウは茎が細いため、強い雨風で折れる心配があります。
植え付け・植え替えのとき、もしくは花が咲く前の4~5月ごろまでに、支柱を立てておくと安心。
何株か植えている場合には、株の周囲と囲むように行灯支柱を設置するのも良いでしょう。

またキキョウは花がらを放っておくと、すぐに種をつけてしまうので要注意。
栄養を種に取られてしまい、花がつきにくくなってしまいますよ。

 

病害虫

キキョウは比較的病害虫に強いのですが、立ち枯れ病にかかることが。
立枯病は水はけ不良や風通しの悪さから、根と茎の付け根付近が腐ってしまう夏場に多い病気です。
予防策として、植え付け・植え替えの際に浅植えし、過湿を防ぐとGood。庭植えの場合は、さらに盛り土も忘れずに!

害虫は、ヨトウムシやアブラムシの食害に気をつけて。
見つけたらすぐに捕殺や専用薬剤の塗布などで徹底駆除をしてください。

 

キキョウ(桔梗)の育て方Q&A

© PIXTA

キキョウ(桔梗)の育て方にまつわる疑問に対して、遠藤さんが答えてくれました。

 

Q1最初の開花後、次のキキョウ(桔梗)の花が咲かなくて・・・

5月中旬から咲きはじめた花は、夏に入るころ一旦終わります。
このとき、そのまま放置すると種が実ってしまい、次の二番花が咲きにくくなります。

6月下旬~7月中旬に草丈の半分~3分の1を目安に、ばっさり切り戻しして、新しい芽を出すことで秋からの二番花が咲くようになりますよ。

 

Q2キキョウ(桔梗)の種の取り方を教えてください。

キキョウの種を取りたいときは、花がらを摘まずに放置し、種を実らせます。
種が黒く実ったら採取し、乾燥剤とともにジッパー付き袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に保管しましょう。
野菜室の温度・湿度は、キキョウの種の保管場所に最適です。

 

Q3キキョウ(桔梗)の寄せ植えによいパートナーは?

秋の代表花・キキョウを中心にして、同じく秋の風情を醸すヤバネススキ、一重咲きのコギク、アスター、ナデシコなどを組み合わせてみて。
いずれもしっとりとした存在感で、和の雰囲気たっぷりです。

また、ペニセタム・パープルファウンテングラスなどの穂や、シャープな葉を持つ植物もよく似合います。

 

キキョウ(桔梗)の育て方はいかがでしたか?
丈夫で愛らしいキキョウは、庭にベランダに、一株あれば長期間楽しめるおすすめの草花。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。