お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
Pacoma編集部

【さらば水垢】お風呂の鏡のお手軽掃除術

お風呂の鏡につく「うろこ状の水垢汚れ」は意外と落とすのが大変。そこで、mariaさん(@_____mariagram)に鏡の掃除術を教えてもらいました。身近なもので簡単にできますよ!

maria さん(@_____mariagram)

分かりやすくてアイデアがギュッと詰まったお掃除ライフをSNS にて記録中。
インスタグラム▶https://www.instagram.com/_____mariagram/

mariaさんの掃除術

mariaさん(@_____mariagram)が教えてくれるのは、水垢に効果的な「クエン酸」を使った掃除術。さっそく見ていきましょう。

 

クエン酸パックの掃除方法

用意するのは「クエン酸」「スプレーボトル」「キッチンペーパー」「スキージー」「掃除用タオル」。クエン酸は水200mlとクエン酸小さじ1をスプレーボトルに入れ、よく混ぜ、“クエン酸水”を作っておきます。

掃除用タオルは、吸水性の高いものを用意しておくと、水滴をしっかり拭き取れますよ。

 


  1. 「クエン酸水を鏡に吹きつける→キッチンペーパーを貼りつける→貼ったキッチンペーパーにクエン酸水をかける」。この作業を繰り返し、鏡全体をパックしていく。パックをしたまま2時間ほど放置。

  2.  


    1. キッチンペーパーをはがした後、シャワーでクエン酸を洗い流す。

    2.  


      1. 鏡の端から端までスキージーで水気を切る。

      2.  


        1. スキージーで落とせなかった水滴は、掃除用タオルで拭く。

        2.  

          クエン酸の浸ったキッチンペーパーで長時間パックすることで、ガンコな水垢を落とす効果が期待できます。

          スキージー&掃除用タオルで水滴をしっかり取って、水垢の原因を少なくするのがポイント。

           
          いかがでしたか?
          次のお風呂掃除の際にぜひ試してみてくださいね!