お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
DIY
Pacoma編集部

藤岡みなみ|思い立ったがDIY吉日 <vol.25>

タレントの藤岡みなみさんが、モノづくりに対してのあれこれをつづるコラム連載!題字ももちろん本人。可愛くもシュールな世界観には、思わず引き込まれちゃいます。今回は、消しゴムはんこのDIYです。

没頭! 消しゴムはんこの秋。


―消しゴムはんこを彫ることにした。

私も心頭滅却して何かを彫りたい。仏像彫刻師のドキュメンタリーを見ていて思った。木の塊から魂を掘り出すその姿は神々しかった。

影響されやすい私は、さっそく消しゴムはんこを彫ることにした。いきなりスケールが下がったが、私は真剣である。何を彫ろう。

そうだ、ハロウィンが近いからハロウィンの絵にしよう。仏像から遠ざかり急にポップになったが、彫ることに没頭できさえすればそれでいい。
 

心頭滅却3点セット。


―無心になる没頭感。

土台に下書きをし、字の彫刻刀で丁寧になぞっていく。むむ、結構難しい。手が滑って削り過ぎたら取り返しがつかない。仏像より断然簡単だろうとナメていた。

特にカーブの部分が難しい。絵を正確に再現しようとするとかなりの集中力がいる。でも、この無心になる感じが気持ちいい。

私はDIYに「没頭」を求めているところがある。

 

線に味がある……気がする!


―味とは自然と出るもの。

完成するにはしたが、全然自信がない。かぼちゃやオバケの曲線が表現できていない気がする。

インクをつけておそるおそる押してみると、えっ、いい感じ!
心配していた部分がなんか全て味わいになっていた。

味ってきっと、わざと出そうと思っても出ないけれど、必死になると自然と出るものなのだろう。

自分の個性に悩むことがあったら、また消しゴムはんこを彫ろう、ガタガタのかぼちゃの絵を見ながらそう思ったのだった。

藤岡みなみ

ふじおか・みなみ/1988年、兵庫県出身。テレビ番組・CMに出演からラジオパーソナリティ、エッセイストなど、幅広く活動。バンド「藤岡みなみ&ザ・モローンズ」ではボーカルを務める。
ブログ:藤岡みなみ 熊猫百貨店
公式Twitter
公式Instagram