お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
Pacoma編集部

実は汚れてる!リュックの洗い方|洗濯の基本

ナイロン素材やポリエステル素材などの、一般的なリュックの洗い方をご紹介。丸洗いなら汚れを落とすだけでなく、汗を吸いやすい背中の部分などの臭い対策にも。基本的な洗い方を覚えて、お気に入りのリュックをきれいに保ちましょう。

目次

 

意外と知らないリュックの洗い方

ここでは、案外知らないリュックの基本的な洗い方をご紹介します。
毎日洗うものではありませんが、お気に入りのリュックを長く使うためにも、一通りの洗い方を抑えておきましょう。

 

リュックの洗い方

© PIXTA

一般的なリュックの素材は、洗濯機のような負荷のかかる洗い方に弱いため、汚れを落とすには手洗いのような優しい洗い方が必要になります。
ただし皮革製品だけは水にとても弱いため、お使いのリュックが水洗いできる素材かどうか、事前に洗濯表示を見て確認しておいてくださいね。

    【用意するもの】

  • 洗濯用中性洗剤・・・適量
  • ブラシまたはスポンジ
  • 洗濯おけ

【リュックの洗い方】

  1. 最初にリュックのジッパーを開けて中のホコリやゴミを取り除き、外せる部品は洗う前に外しておきます。
  2. 汚れが目立つ部分があれば、その箇所を水で濡らした後、中性洗剤をつけたブラシやスポンジを使って部分洗いを済ませておきましょう。
  3. 洗濯おけにリュックが沈む程度の水を張り、中性洗剤を投入します。中性洗剤の量は、お使いの洗剤の注意書きに従ってください。リュックが入る大きさの洗濯おけが無い場合は、浴槽で代用しましよう。
  4. リュックを洗濯おけに沈めて、押し洗いでリュックを洗濯していきます。特に背中に当たる部分や肩のベルトは汗を吸いやすいため、臭いを防ぐためにも丁寧に洗っていきましょう。
  5. 汚れが落ちたら一旦水を捨てて、きれいな水を張ってリュックをすすぎます。洗ったときと同じように押し込むようにしてすすぎ、水を取り替えながら泡が出なくなるまで繰り返しましょう。
  6. すすぎが終わったらリュックを洗濯おけから取り出して、逆さにして脱水します。背中や肩などに触れる柔らかいパッドは、手で挟むようにして脱水していきましょう。十分に脱水できたら洗濯は完了です。

中でもすすぎは特に重要なプロセスで、洗剤の成分が残ってしまうと、生地を傷める原因にもなってしまいます。
洗い終わった後のすすぎは、なるべく丁寧に行うようにしましょう。

 
【汚れが軽いうちにささっとお手入れ】

手洗いと聞くと、ちょっと面倒だと思う方もいるかも知れません。
そこで丸洗いが必要になる前に、汚れが付着したらすぐに洗うようにするのがおすすめです。
中性洗剤を水で薄め、スポンジや柔らかい布を使って、汚れをささっと洗い落としてしまいましょう。
汚れが落ちたら水を絞ったタオルで洗剤の成分を拭き取り、乾燥させれば手入れ完了です。
全体を丸洗いするよりも楽ちんな洗い方で、短時間でリュックがきれいになりますよ。

 

乾燥は自然乾燥で

丸洗いした後は、水を吸ったリュックをしっかり乾燥させましょう。
直射日光が当たるとリュックの生地を傷める恐れがあるので、干す際は風通しの良い場所で陰干しにします。
乾燥機やドライヤーの使用は生地にとっては悪影響なので、あくまで自然乾燥で。
乾燥させる際は、リュックを広げて干すと型崩れも起きにくくなりますよ。また、チャックを開けて干すこともお忘れなく。

 
【乾燥後は撥水スプレーで仕上げを】

リュックの乾燥が終わったら、最後に撥水スプレーを使用するのがおすすめです。
リュックの撥水性能を高めるためのアイテムですが、リュックの生地表面をコーティングしてくれるため、汚れ防止にもなりますよ。

 
リュックの洗い方はいかがでしたか? リュックは毎日洗うようなものではありませんが、汚れたリュックはやはり見栄えが悪いもの。
ご紹介した洗い方を実践して、お気に入りのリュックを大事に扱ってあげてくださいね。