お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
家事
Pacoma編集部

パパッとお手軽!ポットの洗浄術【クエン酸活用】

ポットの洗浄は意外と見落としがち。放置しておくと、ポットの内側が茶色く汚れたり、お湯に白い汚れが浮いていたり、外側がベタついていたり・・・なんてことも。ポット洗浄はクエン酸や重曹を使って楽にできますよ。ぜひ今すぐ試してみて!

目次

ポットの汚れの正体

© PIXTA

ポットの内側に付着する白い汚れは、水のミネラル分が結晶化した水垢です。
水道水の不純物が原因で、内側に茶色い汚れが付着することもあります。
また、ポットは油汚れが多いキッチンに置いてあることも多く、外側に油や、手垢がつきやすいのも特徴です。

 

ポットの洗浄方法

ポットの内側と外側、それぞれをきれいに洗浄する手順をご紹介します。

 

ポット洗浄で注意すること

ポットを洗浄する前に、必ず取扱説明書の注意事項を確認するようにしましょう。
本体を丸洗いしたり、洗浄したあと本体を逆さまにして水切りをしたりすると、底の部分から電気系統部分に水が入り、故障や感電の可能性もあるので避けてください。
また、内部にフィルターがついているポットは、はずしてから洗浄するようにしましょう。

 

【洗浄方法1】ポットの内側

© PIXTA

クエン酸を使って、ポットの内側を洗浄する方法をご紹介します。

【用意するもの】

  • クエン酸・・・30g
  • ぬるま湯・・・適量
  • 水・・・適量
  • やわらかいスポンジ
【手順】

  1. コップにクエン酸を入れ、ぬるま湯でよく溶かしておきます。溶けにくい場合は、ぬるま湯の量を増やしてみてください。
  2. ポットにクエン酸を溶かしたぬるま湯を入れ、さらに水を入れて満タンにします。
  3. ポットのスイッチを入れて、お湯を沸かします。
  4. 沸騰のスイッチが切れたら、2~3時間そのまま放置しましょう。
  5. お湯が熱い場合は冷めるまで待ち、お湯を捨てて内側をスポンジで掃除します。
  6. 水で内側をきれいにすすぎ洗いをし、そのまま乾燥させましょう。

 

【電気ケトル洗浄中/amazon】

  1. 電気ケトルの水垢やくすみをきれいにする洗浄剤。「電気ケトル洗浄中」

【お酢やレモンでも代用可】

クエン酸がない場合、お酢やレモンを使ってポットを洗浄できます。

【用意するもの】

  • お酢・・・200ml(またはレモン・・・1~2個分の果汁)
  • 水・・・適量
  • スポンジ
【手順】

  1. ポットにお酢(またはレモン汁)を入れ、水を入れて満タンにします。
  2. ポットのスイッチを入れて、お湯を沸かします。
  3. 沸騰のスイッチが切れたら、2~3時間そのまま放置しましょう。
  4. お湯が熱い場合は冷めるまで待ち、お湯を捨てて内側をスポンジで掃除します。
  5. 水で内側をきれいにすすぎ洗いをし、そのまま乾燥させましょう。

 

【洗浄方法2】ポットの外側

© PIXTA

ベタベタした汚れがつきやすい、ポットの外側。
こちらは、重曹を使って洗浄するのが効果的です。

【用意するもの】

  • 重曹・・・小さじ1
  • 水・・・100ml
  • 布巾・・・水拭き用と乾拭き用2枚
【手順】

  1. 水に重曹を溶かし、よく混ぜて重曹水を作ります。
  2. 布巾に重曹水を含ませて、ポットの汚れを掃除していきます。本体、特に電源の接続部分に直接重曹水をふきかけないように注意してください。
  3. 全体を磨いたら布巾を一度よくすすぎ洗いをして、今度は全体を水拭きしましょう。
  4. 乾いた布巾で全体を乾拭きして洗浄完了。

 

【洗浄する頻度は?】

ポットの洗浄の頻度は、使い方にもよりますが2~3カ月に1回程度を目安に。
今回ご紹介した洗浄方法を参考に、常に清潔できれいな状態をキープしましょう。

 

いかがでしたか? ポットのお湯は口に入れるものだからマメに洗浄して清潔にしておきたいですよね。
ぜひ今日からチャレンジしてみて!