お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
ホームセンターマガジンPacoma
Pacoma編集部

新生活に試したい!毎日の生活を変える6つの習慣

何かと環境の変わることの多い春。このタイミングで毎日の行動習慣を見直してみませんか?「ふだんを変える。それがいちばん人生を変える」とは、まさに言い得て妙。新生活から心機一転、毎日の暮らしを考えるいい機会にしてみてはいかがでしょう。

春から“いいこと”始めてみませんか?

私たちの行動のおよそ45%が〝習慣〞でできています。

春は新しいことを始めるのに絶好の時期!日々のルーティンをちょっと工夫して、人生を劇的に変えてみませんか?毎日続かないなら、最初は週1回でも◎。たまたま自分に合っていて、なんとなく続いたことを習慣に取り入れていくくらいの気持ちで始めるのが長続きのポイントです。
 

© PIXTA

 

小さな習慣を見直してみる

習慣の改良を少しずつ積み重ねていくと、その成功体験によって物事を前向きに捉えられるようになります。それは、新しい自分に出会うきっかけに。そして、その先に違う人生が開ける可能性だってあります!

でも、意思の力だけで習慣を変えるのは、なかなか難しいのも事実。そこで、習慣を変える仕組みづくりに役立つのが、生活の効率や質を上げる優秀アイテムたちです。この春から毎日をよりよくする一歩を踏み出してみましょう!
 

01.朝食を見直す

朝食を毎日食べない…28%
一日のパフォーマンスを上げるためには、ぜひとるべき朝食。でも、3割近くが朝食を毎日は食べていなく、そのうち3%は「朝食はまったく食べない」という結果でした。
 

食生活を見直して内側からカラダを整える。


朝食は一日のエネルギー源だとわかっていても、時間がなくて簡単に済ませてしまう人は少なくないはず。春からは、ちょっと気分を変えて、いつもの朝食の内容をアップデートしてみてはいかがでしょう。素早くエネルギーになる主食や、腸の活動を促すヨーグルトなどを食べることで、内側からカラダが整ってきます。
 

おすすめアイテム
  • 『ヨーグルトメーカープレミアム IYM-012』
    牛乳パックのまま、衛生的にヨーグルトが作れる便利なアイテム。天然のパン酵母や塩麹などにも対応。アイリスオーヤマ

 

02.家事の効率をあげる

家事の効率を改善したいと思う…97%
圧倒的多数の人が、家事効率に何かしらの不満があるよう。自分の家事のやり方に満足している人は、わずか3%という結果に。
 

道具をアップデートして効率を上げる。


衣類の支度は、毎日欠かせない家事のひとつ。手を抜くと「だらしない人」という印象がついてしまいますよね。洗濯物の整理やアイロンがけなどは、素早くこなしたいところ。そこで、活躍するのがハンディスチーマー。サッと使えるハンディスチーマーがあれば、タイムロスなく出かけられます。毎日の小さな家事こそ効率化すると、その変化を体感しやすくメリットも大きいです。
 

おすすめアイテム
  • 『SSH-602 パワーハンディースチーマー』
    衣類をハンガーにかけたまま、シワ取り・消臭ができるハンディースチーマー。約40秒で起動し、時間がないときにも便利です。 石崎電機製作所

 

03.朝時間を活用する

朝時間を活用できていない…71%
自分磨きや趣味に活用できれば、いいスタートが切れそうな朝。ばっちり活用できていると答えたのは、たった9%でした。ほとんどの人が朝時間の活用に納得がいっていない結果に。
 

自然と触れ合う時間を手に入れよう。


ベランダの花やグリーンに水やりをしたり、大切に育てた植物の成長を見守ったり。自然が身近にある生活は、気持ちにうるおいをもたらしてくれます。忙しい朝、植物やペットの世話に手をかけられるのは、心に余裕がある証。お気に入りの鉢やジョウロなどを用意して、ほんの少し早起きをして、朝時間を充実させると、より良い一日のスタートが切れるはずです。
 

おすすめアイテム①
『アルテ プランターボール 30型 ベージュ』
草花の寄せ植えにぴったりの鉢。手作りの風合いで、空間が優しい雰囲気に。 リッチェル
おすすめアイテム②
『CLASSICAL WATERING CAN C』
クラシカルで、高級感のあるブリキのジョウロ。持ち手が大きく、たっぷり水を入れても持ち運びやすいのが魅力です。SPICE

 

04.睡眠環境を見直す

睡眠の質に満足していない…58%
眠りの質や時間に関して、読者の半数以上が「不満がある」様子です。約5人に3人が、睡眠環境に難アリ!?
 

毎日の快眠のために寝具にはこだわりを。


一日の平均睡眠時間を8時間とすると、人は人生の3分の1を睡眠に費やすことになります。睡眠は毎日の疲れを癒やす大切な休息時間。体に余計な負担をかけず、安眠をもたらす寝具をそろえておきたいですね。体形や悩みによってもベストな寝具は変わるため、家族それぞれのものを用意して、数年に一度は見直すことが快眠につながります。
 

おすすめアイテム
  • 『もっと肩楽寝(高め) 』
    後頭部・首・肩の3点で、バランスよく圧力を分散して支えるため、寝心地ばつぐん。子供用(おやすみコピロ)もありますよ。東京西川

 

05.バスタイムをより充実させる

バスタイムを有効活用できていない…71%
日々の疲れを癒やす入浴時間。美容やボディマネジメントの機会としても活用できている人は3割に満たず、大多数がバスタイムに改善の余地を残しているようです。
 

疲労回復のためのリラックスタイムにする。


半身浴をしながら読書をしたり、マッサージをしたり...血流がよくなるお風呂は、疲れを取り、リラックスにもってこいの時間です。気分や体調に合わせて水の出方が変えられるシャワーヘッドを使えば、手軽にリフレッシュできますよ。日常から解放される貴重な時間を、よりよいものにする意識は常に持っていたいですね。
 

おすすめアイテム
  • 『低水圧用マッサージストップシャワー』
    水圧が弱いマンションなどでも快適に使える、マッサージシャワーヘッド。手元には一時止水ボタンも。カクダイ

 

06.トレーニングを始める

カラダを動かす機会がない…72%
健康意識が高まる中でも、日常的に運動をしている人はごくわずかの9%。7割以上が何となく問題を感じながらも、実際の行動には移しきれていないようです。
 

生活の中でトレーニングを習慣化させる。


適度な運動は、健康を保つために欠かせない要素。ひと駅分歩いたり、なるべく階段を上るなど、日常の中で体を動かす習慣を持っていたいところです。なかなか機会がない人は、気軽にトレーニングできるアイテムを自宅に用意してみてはいかがでしょう。テレビを見ながら10回、歯みがきをしながら10回...。メニューを決め、日々スキマ時間を活用してカラダを動かしましょう。
 

おすすめアイテム①
『ノンバースト・ジムボール 65㎝/小さいジムボール』
全身のストレッチと、インナーマッスル・体幹の強化に役立つエクササイズボール。 ジョイナス
おすすめアイテム②
『体組成計 インナースキャン B-C 718/リングダンベル 0.7㎏TS-957』
体脂肪率などを計測・表示する体組成計と、穴に指を通して持つコンパクトなダンベル。タニタ

 

毎日をよりハッピーに!

© PIXTA

変化が多い春だからこそ、毎日の小さな習慣の見直しは始めやすく効果的です。毎日をよりハッピーに、そして新しい自分と出会うために、ぜひトライしてみてくださいね。