お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
DIY
PR
Pacoma編集部

DIYにおすすめ!カットして貼れる天然石タイルって?

Pacomaの連載でもおなじみのDIYer・KumeMariさん。今回は、注目の天然石タイル「ストーンタイル」で、お部屋のイメージチェンジにトライ!

KumeMari

大阪府在住。築49年3Kの賃貸住宅を原状回復可能なDIYでセルフリノベーション。その等身大のDIYアイデアにあふれた住宅改造ブログ「Smile Happy SweetHome」が幅広い層に人気。
ブログ「Smile Happy SweetHome」

 

ちょっと味気ないリビングをDIYで模様替え

「インテリアのイメージチェンジというと大掛かりな気がしますが、いくつかのアイテムを替えるだけで効果的に部屋の雰囲気を変えることができます」。そう語るのは、DIYerのKumeMariさん。

部屋の中でポイントになる家具や小物をリメイクし、好みのスタイルにコーディネートするアイデアを教えてもらいました。

 

シール感覚!リアルな天然石のタイルを使ってDIY

今回久米さんが模様替えするリビング。
白を基調としたシンプルなインテリアですが、アクセント不足でどこか物足りない印象ですね・・・。

 

▲「ストーンタイル」(サイズ:約390×150㎜)

そこで久米さんが用意したのが、天然石を使用した粘着ブリックタイル「ストーンタイル」。

本物の石をスライスし、特殊な加工でシール状にした「ストーンタイル」は、厚さ約2mmという薄さが特長です。
軽さと柔らかさを兼ね備えており、石でありながら抜群に加工しやすいんですよ。
カラーも多彩で、ダークトーンから何でも調和するモザイク風、明るい大理石風まで、選ぶ楽しみも。

「ストーン調のインテリアは、男性にも違和感がなく、自然の温かみもあります。居心地の良いワンランク上の空間作りに役立ちそうです」。(KumeMariさん)

 

【ストーンタイルを使ってDIYスタート!!】

  1. 貼るスペースの大きさに合わせてカット。「ハサミやカッターで楽に切れてビックリ!専用の道具を用意しなくてもいいところが手軽でいいですね。曲線もスムーズに切れるのでリメイクの幅がグンと広がります」。(KumeMariさん)

  2. 剥離紙をはがしながら、貼っていきます。「普通のタイルと違って、シール感覚で貼れてカンタン!接着剤や目地材などを使わないので、貼り終わればリメイク終了。作業もスピーディに進んで助かります」。(KumeMariさん)

 

たった2stepで作業完了!

家具やカフェ小物を「ストーンタイル」でリメイクし、アップグレード。
切る、貼るのたった2ステップで味気なかったリビングにメリハリが生まれ、おしゃれ空間を実現しました!

「存在感のある天然石のアイテムは、ポイント使いでもガラッとイメージが変わります。同じ色調で統一すれば、シンプルなリビングもモダンで落ち着いた空間に」。(KumeMariさん)

 

水まわりや壁のデコレーションにも使える

ほかにも小物のデコレーションに使ったり、室内のイメージチェンジに取り入れたりと、「ストーンタイル」の楽しみ方は無限大。

耐熱温度120℃だから、キッチンの壁にはれるのもうれしいですね。

 

いかがでしたか?

「とにかく軽くて薄いのがうれしい! 加工しやすいので、女性やお子さまでも楽しみながらできそう。 家じゅうあちこちデコレーションしたくなりますね」。とKumeMariさん。

本物の天然石をDIYに使えば作品の幅が広がるはずです。
ぜひ取り入れてみてください。

 

【PR】提供
アール

★最新のDIYグッズ情報はアールの公式インスタグラムアカウントでも公開中!

 

写真・井上嘉和 文・金内まき