お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
お知らせ
Pacoma編集部

【Pacoma12月号】大掃除の教科書。

汚れの種類を知れば掃除はもっと楽になる。12月号は、年末にたまった汚れを一気に解決する「大掃除の教科書」。キレイにする技術を身に付けてピカピカな家で新年を迎えましょう!

こんにちは。
Pacoma編集部の南里です。

今月の特集は「大掃除」の方法。

年末は特に汚れが蓄積している場所、
「キッチン」「リビング」「水回り」の
3か所をキレイに……ということで、
掃除方法をレクチャーします!

まずは汚れの原因を知ろう!

皆さんは汚れが4つに分類できるって
しっていましたか?

▼4つの分類—————————————————————————————–
【1】酸性の汚れ   …皮脂や手あかなど。
【2】アルカリ性の汚れ…水あか、石鹸カスなど。
【3】カビ      …湿度、水分、エサとなる汚れで発生する雑菌。
【4】ホコリ     …衣類から出る繊維のかけらや砂などの中性の汚れ。
———————————————————————————————————

「アルカリ性」の汚れには、
その反対の「酸性」が利くなど、
対処法が決まっているんです。

そのため、落としたい汚れがどの分類に属しているか
理解していれば今まで取れなかった汚れも
落とすことができるんです!

今回教えてくれたのは、
ナチュラルクリーニングを推奨している本橋ひろえ先生。
汚れの特徴とそれに対する対処法をそれぞれ詳しく教えてくださいました。

撮影中もスタッフ一同、掃除方法と理由をしっかりお勉強。
掃除スキルをワンランクアップしました!

▲真剣に話を聞いているスタッフ一同

出演してくださったのは、お掃除特集にピッタリの
クリーンなイメージのお二人。

せりちゃんは元気いっぱいで、お掃除にも興味深々。
撮影が終わったら踊り出す、とっても可愛い女の子でした。(笑)
せりちゃんの可愛さも必見ですよ~!

今回の特集では、ホームセンターで購入できる
安心安全な商品を中心に紹介していますので、
大人だけではなく、お子さんと一緒に掃除を楽しんでもらえたら嬉しいです!

汚れを考えて対処するお掃除方法がつまった「お掃除の教科書。」

ビギナーにもわかりやすい細かなプロセスカット付きなので、
軽い気持ちで挑戦してみてくださいね!

その他連載も続々。

商品選びのプロが教える逸品。

  1. 特集の最後のページには
    ホームセンターのバイヤーさん達が教えてくれた
    大掃除の便利アイテムを紹介!

  2. ホームセンターで一押しの商品は
    「ピンポイント」と「万能」タイプがあるそう。

  3. 個人的には、ちょっとニッチな
    「排水管つまりスッキリパイプ職人 3m」を
    使ってみようかと検討中です。
    ちょっと怖いくらい髪の毛がゴッソリ取れそう。

  4. 世の中の様々な商品を知り尽くしたバイヤーさん達がおススメする
    間違いなしの商品ばかりですので、
    気になる商品を是非一度試してみてください。