お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
掃除・収納
小松﨑裕夏

収納が超はかどる!ズボンのたたみ方【プロの絶妙ワザ】

スーツ用やジーンズ、チノパンなど、意外とかさばるズボン(パンツ)のたたみ方を整理収納アドバイザー・村上直子先生に教えてもらいました。しわを少なく、小さくたためるから、収納スペースの節約に役立つこと間違いなしですよ!

目次

ズボン(パンツ)のたたみ方

「収納ボックスに上手におさめられない」「シワになっちゃう」と悩んでいる方は、ズボンのたたみ方が間違っているからかも。ここで紹介するたたみ方をマスターして、収納美人を目指してくださいね!

 

ストレートタイプのズボンのたたみ方

  1. ズボンのボタンやチャックをすべて閉じ、表身ごろを表にして広げる。

  2. おしり側が表になるようにズボンの中央で半分に折りたたむ。

  3. ズボンのおしりの出っ張り部分を内側に折る。これがズボンをすっきり収納するたたみ方のポイント。

  4. ズボンの裾を持ち上げて、ウエストに向けて二つ折りにたたむ。

  5. 3で折りこんだおしりの出っ張りのすぐ上(★)をおさえる。

  6. 5の★の部分をおさえたまま、ここを起点にズボンの下部分をウエストに向けて折りたたむ。

  7. ウエストに向けて二つ折りにたたんで完成。きれいな四角に仕上がり、収納しやすいのが嬉しい!

 

ワイドタイプのズボンのたたみ方

  1. ワイドタイプのズボンの表身ごろを表にして広げる。ボタンやチャックがある場合はすべて閉じて。

  2. ズボンのおしり側が表になるように中央で半分に折りたたむ。

  3. さらに中央で半分に折りたたむ。

  4. おしりの出っ張り(★)をおさえます。

  5. 4の★の部分をおさえたまま、ズボンのウエスト側を裾に向けて折りたたむ。

  6. 裾に向けて二つ折りにたたんで完成。薄手タイプのズボンは、ふんわりたたんでシワ防止!

 
【ズボン(パンツ)の収納術】

厚手のズボンは立てて収納するのがベスト。折り目を上にすると崩れにくくて見た目もすっきりします。薄手のズボンは重ねて収納しましょう。ただし、重ねすぎるとシワがつくので、3枚までを目安に。

 

ズボンをなかなか上手にたためない原因はズバリ、“お尻の出っ張り”にあり! 今日から取り入れて、収納上手を目指しましょう。

 

撮影/大滝央子

村上直子

整理収納アドバイザー。各メディアで収納のアイデアを紹介するほか、個人宅の整理収納代行サービスなどを行っている。骨格スタイルアドバイザーとしても活躍。著書に『子どもとすっきり暮らすシンプル収納ルール』(PHP研究所)。