お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
お知らせ
Pacoma編集部

8月号「みんなの工作。」番外編!スマートボール作りに挑戦

『Pacoma』8月号の巻頭特集「みんなの工作」では、子供たちのオリジナリティあふれる作品を紹介しました。そのなかから、今回は”スマートボール”の作り方をレクチャーしましょう。クギの配置や輪ゴムをかける位置などで自分好みの難しさにできるのも楽しいですよ。ぜひご家族みんなで作ってみて!

「スマートボール」作りに挑戦!

ビー玉の落ちるところに点数をつけて競って遊ぶおもちゃ「スマートボール」。
わずか6STEPでできちゃうから、工作が苦手なお子さんでも無理なく作れるはずですよ!

 

STEP1
土台用の板を1枚、枠を囲む板 3枚、枠底面部分を1枚、
発射台入口用に2枚、点数箇所の仕切り用2枚をカットする。
カットが難しい場合は、ホームセンターには木材カットの
サービスがあるので利用してみて!

 

STEP2
STEP1の板と発射台のパーツにニスを塗ろう。組み立てる前に
しっかり乾かしておくこと。2度塗りするとキレイに仕上がる。

 

STEP3
ニスが乾いたら、発射台を組み立てよう。発射台入口の左右の板の
上部3分の1くらいの場所と発射台パーツ上部3分の1くらいの位置に
釘の頭が1㎝くらい出るよう打ち込む。

 

STEP4
土台用の板に仕掛け用に釘をランダムに打ち込もう。この時、釘と釘の
間に玉が通るくらいの隙間をあけるようにすること。

 


STEP5
STEP4で打ち込んだ釘に、テープの芯や輪ゴムなどを使って飾りパーツを
付けていこう。自分の好きな色や形で飾ってオリジナルの仕掛けに。

 

STEP6
最後に土台の上部の下に、3㎝くらいの高さが出るものを置き傾斜を付け
て。発射台にビー玉を設置。

 

完成! 仕掛けだけでなく、ペイントや輪ゴムでカラフルにしたのもポイントです。

 

ホームセンターでワークショップを開催!

DCMくろがねや 南アルプス店でのワークショップの様子。
参加者のみなさんは、家族やお友達といっしょに「スマートボール」を楽しそうに作っていました。

DCMでは、「スマートボール」以外にもたくさんの工作作品の作り方を紹介中。
お気に入りの作品を探して作ってみてくださいね。

もっと工作作品をみたい方はこちら

 

「Pacoma」でも工作コンテストを実施中。
入賞された方には、豪華賞品が!
あなたの工作の写真をお待ちしています。

『なつやすみ工作コンテスト』へのご応募はこちら