お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
掃除・収納
岩本恵美

プロ実演!ワインの染み抜き【クリーニングに出す前に試して!】

がんこなシミの代表格・ワイン! 洋服についたシミにあきらめかけている方にぜひ実践してもらいたいのが、プロの永井良房さんの染み抜き術です。レストランでの応急処置などもあわせてご紹介しましょう。

目次

WASH&FOLD 永井良房さん

洗濯代行サービス「WASH&FOLD」。コインランドリーとしておしゃれ着やスニーカー、ふとん類が洗える最新のランドリー機器を備えるほか、クリーニングサービスも提供。永井良房さんは水洗いクリーニング「Licue(リクエ)」の責任者として活躍中。

WASH&FOLD

ワインの染み抜き

まずはワインのアルコールを取り除くのがポイント! 白シャツを使って染み抜きの方法をご紹介しましょう。

ワインの染み抜きをする前に

●洗濯表示をチェック
家庭では水洗いとなるので、水が使える生地かどうか、洗濯表示を確認。
水が使えない場合は、クリーニング屋さんなどプロに任せるべし。

●色落ちチェックはすべき?
色柄もののシミは「色落ちチェックをしてから」と言われていますが、基本的には色柄ものの染み抜きは家庭では行わないのがベター。
生地の裏などで色落ちチェックをして色落ちしなかったとしても、シミの部分とは状態が異なるのだそう。特にシミが古い場合は、色落ちの仕方が変わってくるので要注意です。

【洗濯豆知識】
染み抜きも汚れ落としも、「濃度」「温度」「時間」がポイント!
洗剤の濃度が濃いと洗浄力がアップし、温度が高い(60℃程度がベスト)と活性化。
洗剤をつけておく時間が長くなれば、汚れやシミを溶かして浮き出させることができます。

 

ワインの染み抜き

用意するもの
・無水エタノール
・酸素系漂白剤(粉末)
・クエン酸
・お湯(60℃くらい)
・筆
・乾いたタオル2枚
・水を入れた洗面器

 

  1. 下に乾いたタオルを敷き、ワインのシミ部分に無水エタノールを適量たらす。もう一枚の乾いたタオルを丸めた先で、ワインのシミ部分を下のタオルにシミを移すようにトントンと叩く。
    まずワインのアルコール分を同じくアルコールである無水エタノールで取ることがポイント。白ワインで落とすという説もあるが、不純物が残ってしまうので、不純物のないものを使うこと。

  2. 小さめの容器に粉末の酸素系漂白剤を5倍程度のお湯で溶かし、筆でシミ部分にのせていく。酸性であるワインにアルカリ性の漂白剤が反応して青っぽく変色するものの、しっかり漂白剤が効いている証拠なので驚かないで。
    ちなみに、掃除や洗濯に活躍してくれるアイテム・重曹は弱アルカリ性で酸素系漂白剤よりも効力が弱めなので、あえて使う必要はナシ。

  3. 丸めたタオルの先で叩く。
    時々合間にお湯をかけて熱を与えると、落ちやすくなる。

  4. シミが薄くなってきたら、一度すすいで軽く絞り、タオルで水分を取る。

  5. ふたなど小さめの容器にクエン酸を5倍程度のお湯で溶かし、うっすら青く残るシミ部分に筆でのせて中和させる。酸の力でシミを薄くする効果が期待できます。
    2~5をワインのシミがなくなるまで繰り返し(通常だと2ターン程度)、軽くすすいで最後に洗濯機で洗う。

 

こんな時どうすれば・・・染み抜きQ&A

Q.レストランでこぼした!すぐに洗濯できない時の応急処置は?

次の2ステップでできる応急処置を試してみて! ワインのシミをそのままにすると取れにくくなるから、応急処置が大事ですよ。

  1. ワインのシミになった部分をぬるま湯ですすぐ。
  2. ハンカチなど乾いた布を下に敷いて上からポンポンと叩く。
    なるべく下の布にシミを移すように。

大根がアルカリ性なので、シミには大根おろしが効くと言われますが、余計なアクなどがついてしまい、後から落とすのが大変です。

 

Q.時間が経ったワインのシミは落とせる?

1~2ヶ月経ったものでも落とせる可能性があります。
ただし、時間が経つとシミが酸化してしまうため、染み抜きができにくくなります。
シミがついてしまったら、なるべく早めに処置しましょう。

 

Q.炭酸水を使うのが効果的と聞いたことがあるけど、本当?

マイクロバブル、ナノバブルほどの細かい泡ならシミを浮かせることができるかもしれませんが、一般的な炭酸水程度の泡なら特に効果はなさそうです。

 

思わず慌ててゴシゴシと染み抜きをしてしまいがちですが、まずは冷静にすすいで叩いて応急処置を。
最初の対応をスマートにこなして、大事な洋服をシミから守りましょう!

 

 

WASH&FOLD 中目黒高架下店

今回監修いただいた「WASH&FOLD」はカフェみたいな空間のコインランドリー。
ドイツ製の洗濯機・乾燥機で、本格的なお洗濯ができますよ。
洗濯代行やふとんの水洗いなど、サービスも充実!
写真の東京・中目黒高架下店以外にも店舗あり。詳しくは下のリンクをチェックして。

洗濯機 400円/8Kg~
乾燥機 100円/8分~

店内ではエコでオーガニックな洗剤や洗濯道具の数々も販売。

WASH&FOLD

 

撮影/大滝央子