お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
DIY
KumeMari

【KumeMari DIYアイデア】キャスター付きBOX・ビー玉ころがし・珈琲スタンドのDIY!

小さなTRY!にあふれた毎日『TRY!TRY!TRY!』。カリスマDIYer、KumeMari(くめ・まり)さんは、日々の暮らしをより豊かにする素敵なDIYアイデアを発信されています。本記事では、『キャスター付きBOX』に『ビー玉ころがし』、『珈琲スタンド』の作り方をレクチャーしちゃいます!

KumeMari(クメマリ)|Pacomaサポーター

大阪府在住。築47年・3Kの賃貸物件にご主人と息子さんの3人暮らし。2011年よりDIYを開始。同年に始めたDIYブログ『SMILE HAPPY SWEET HOME』が、読者数1万2千人を超える大人気ブログとなる。また、これまでにUR都市機構や漆喰メーカーなど多数の企業とコラボレーションしてDIYの企画を実施している。
著書に『Kume MariのDIYでつくる家、つくる暮らし、DIY LIFE』(主婦の友社)、『Mari’s マジックで簡単!おしゃれ部屋づくり』(宝島社)、『Mari’s おうちカフェ』(宝島社)。

 

自由に移動できるBOXをDIY

観葉植物が大きく育つとどんどん重たくなって、部屋の掃除や模様替えの時に移動させたりするのが大変。もっとラクに動かしたい…… 。それなら、お気に入りのBOXをDIYして、手軽に観葉植物を移動できるようにしてみませんか?
 
自作のステンシルを作り、真ん中だけオイル仕上げにして、オシャレなデザインにしてみました。装飾のアクセントとして、あえて釘を見せるようにするとかっこいいデザインになりますよ♪
 

『キャスター付きBOX』の作り方

  1. 先に側面を組み立てて、間を繋ぐように木材を両箇所にビス打ち。

  2. 板の色を変えて、ステンシルを施します。アンティーク釘を飾りに。

  3. 底板にビス打ち。

  4. 裏返してキャスターをつけたら完成。

 

ビー玉ころがしのオモチャをDIY

壁であそんでみよう!

雑貨を飾るための便利な壁、絵が楽しめるオシャレな壁…。その壁の下のスペースが余っていて、すごくもったいないな~。そう思い、暮らしの空間を大きく占めるリビングを有効に使いたい。もっと上手に使えないかなと壁を見つめ直してみました。
 
なんとなく、スッキリした所でスマートに暮らしたい。そう思っていましたが、子どもが3歳になって考えが変わってきました。せっかく作った壁を、もっと子どものために有効活用できるのではないだろうか…。そこで、息子が楽しく遊べるビー玉ころがしのオモチャをDIY!
 
ビー玉はパイプからスタートして、木の道を通りビスに当たって跳ね返り、曲がりくねったゴールを目指します。息子はもちろん大喜び、大人も意外と夢中になりますよ。
 
テレビ台として、裏側は工具棚、その下段は本棚、両サイドは全身鏡とメイク棚。5wayの大きな仕切り壁を作成。この壁の下に子供が遊べる壁を作ってみましょう。
 

『ビー玉ころがし』の作り方

  1. ビー玉ころがしを作るのに必要な木材などの材料を用意。その木材に好きな色をペンキで塗ります。

  2. 道となる木材の横に飛び出し防止の板を接着剤で貼りつけ。その下に、壁に打ち付け用の支え棒を貼ります。

  3. 好きなシールを選んで、木材の色んな所に貼っていって自分だけのオリジナルパーツを作ってみましょう。

  4. ビー玉が飛び出してしまわないようにビスで調整。パイプをビスとビスの間に挟むと上手く固定できますよ。

 

珈琲スタンドをDIY

毎朝、珈琲を淹れることが日課…という方は多いのではないでしょうか? 毎日のことだからこそ、お気に入りに囲まれて暮らしたい。そんな小さな夢を叶えてくれるのがDIYです。自分の「好き!」を詰め込んで、自分だけの世界観の珈琲スタンドをつくってみてはいかがですか?
 
コーヒーのいい香りと大好きなスイーツ。そんなコーヒーブレイクは至福の時間。でも、ビーカー型のサーバーは、陶器のドリッパーを置くたびに「カチャン…」と割れてしまいそう。だったらドリッパーのための、珈琲スタンドを作ろう!と思ったことがキッカケです。
 

高さも大きさも、すべてちょうど良い。六角形をベースとしたスタンドがサーバーとドリッパーを優しくつなぎます。その用途に合わせてしっくりくるものがカタチになったときの達成感…最高です!
 

キッチンにそのまま置いておいてもGOOD!見た目も可愛くて、ずっと眺めていたくなるキッチングッズ。このスタンドがあれば、何時でも準備万端です。すぐに珈琲を淹れることができますよ!
 

『珈琲スタンド』の作り方


     
  1. 六角形の木材を2枚用意。それに合わせて背板も2枚用意します。このときピタリと合わさるよう丸ノコで30度にカット。

  2. 下板の六角形に合わせて背板2枚をボンドで合わせ、ビスを打ち固定します。

  3. 30度にカットしたからきっちり合うはず。

  4. 上板は六角形にホールソーでドリッパーのための穴を開けておきましょう。

  5. 多少、大きくても落ちなければ大丈夫。

  6. 穴を開けた上板は、下板と同じようにビス打ちで背板に固定します。これで、オリジナルのコーヒースタンドが完成です!

 

素敵なDIYで素敵な毎日を

KumeMariさんのDIYアイデアは、どれもラクラク・ワクワクするものがいっぱい!ちょっとの工夫で生活に彩りを。DIYには、そんな魅力があること間違いありません。皆さんもぜひ、お気に入りアイテムのDIYにTRY!してみてくださいね。