お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
DIY
KumeMari

【KumeMariアイデア】テーブルの脚・フォトフレームのDIY!+おすすめ工具4選

小さなTRY!にあふれた毎日『TRY!TRY!TRY!』。カリスマDIYer、KumeMari(くめ・まり)さんは、日々の暮らしをより豊かにする素敵なDIYアイデアを発信されています。本記事では、『テーブルの脚』に『フォトフレーム』、さらにKumeMariさんが愛用している『おすすめ工具4選』をご紹介!

KumeMari(クメマリ)|Pacomaサポーター

大阪府在住。築47年・3Kの賃貸物件にご主人と息子さんの3人暮らし。2011年よりDIYを開始。同年に始めたDIYブログ『SMILE HAPPY SWEET HOME』が、読者数1万2千人を超える大人気ブログとなる。また、これまでにUR都市機構や漆喰メーカーなど多数の企業とコラボレーションしてDIYの企画を実施している。
著書に『Kume MariのDIYでつくる家、つくる暮らし、DIY LIFE』(主婦の友社)、『Mari’s マジックで簡単!おしゃれ部屋づくり』(宝島社)、『Mari’s おうちカフェ』(宝島社)。

 

テーブルの脚をDIY

BEFORE

DIYで作ったダイニングテーブルをローテーブルへ。ネットで鉄脚のパーツを購入して、わずか3分で脚が変えられちゃいます。家族の成長に合わせて家具も変化……その時々で家を育てていくような感覚もDIYならでは。新鮮な気分になりますよ。
 

 

AFTER

ローテーブルへと変身!椅子を使って息子がおすわりし食事ができるように。それで高さを変えてみました。お絵描きをしたり絵本を読み聞かせたり、ソファに腰掛けてコーヒーを飲んだり新聞を読んだりしています。大人も子供も使い勝手がよく、テーブルを囲む時間も増えました。
 
 

これを使いました

以前作ったダイニングテーブルの鉄脚を長いものから短いものへ。付け替えは、ネジを外して留めるだけ。手間ひまかけずあっという間にできちゃいます♪
 

フォトフレームをDIY

思い出の1ページをギュッと詰め込んで。

大切な写真は部屋に飾って何度も見たくなるもの。フォトフレームだってDIYで簡単に手作りできるんです。友人へのプレゼントにもきっと喜んでもらえるはず。ぜひ挑戦してみてください。
 
古材を使うと雰囲気が増します。こちらは古い足板場の端材を再利用して、味のあるフォトフレームに仕上げました。難関ポイントは45度にカットすること。これを乗り越えればゴールも間近!「マイターボックス」という正確に角度切りができる優れモノがホームセンターにあります。これを使うと断然スムーズです。
 

『フォトフレーム』の作り方

  1. 45度にカットしたフレームのパーツを用意。

  2. ボンドで張り合わせます。裏から薄いベニヤ板も張り付けて。

  3. アンティークワックスを塗り込んで完成!

 

お気に入りの工具たちを紹介!

DIYに欠かせない工具。いろんな種類があると思いますが、わたしが愛用していて普段使っているアイテムを厳選して4つご紹介します! 作業効率があがるのはもちろん、見ばえもプロ並みに。達成感もひとしおです。
 

①RYOBIの「充電式インパクトドライバ」

重量が1キロの軽量モデル。プロ仕様のものになります。威力バツグン! なのにコンパクトなので持ちやすい。長時間使っても疲れないので一気に作業ができて、我が家のDIYには手放せません。充電式なのも使い勝手よし。
 

②ターナー色彩の「ミルクペイント」と「アンティークワックス」


どんなに素敵なものを作っても仕上げがイマイチ…ではもったいない。完成度をグッとあげてくれる塗料です。匂いもなく安心して使えるのでお子さんと塗るのもいいですね。
 

③エンジニアの「ネジザウルス」


「ねじ山を潰してしまった…!」なんてことは、ドライバでビス打ちをしていてよくあること。これを使えばつかんで廻すだけで潰れたビスも楽々抜けるんです。通常のペンチとは異なる画期的な工具です。
 

④RYOBIの「ミニサンダ」

手作りだからこそ、木のトゲが気になったりしますよね。ヤスリがけは絶対必要だけど、ハッキリいってしんどい作業。「ミニサンダ」は自動でヤスリがけをしてくれるので力もかけずにあっという間に完成します!
 

素敵なDIYで素敵な毎日を

KumeMariさんのDIYアイデアは、どれもラクラク・ワクワクするものがいっぱい!ちょっとの工夫で生活に彩りを。DIYには、そんな魅力があること間違いありません。皆さんもぜひ、お気に入りアイテムのDIYにTRY!してみてくださいね。