お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
暮らしの工夫
Pacoma編集部

川瀬良子のお家ガーデニング<vol.6>香味野菜の代表格・シソを育ててみよう!

和風ハーブの代表格であるシソ。難易度が低めなので、栽培初心者さんにもオススメです。NHK Eテレ「趣味の園芸やさいの時間」の司会でお馴染みの川瀬良子さんと、ガーデニングカウンセラーの岡井路子さん。園芸LOVEな二人が、上手に育てるコツをレクチャーしちゃいます!

何かと使えるシソをお家で!

和風ハーブの代表格であるシソ。平安時代にはすでに日本で栽培されていたそうですよ。1鉢ベランダにあると何かと便利。1~2枚摘んで使うだけで料理のアクセントになりますよね!
 

© PIXTA

シソは、多少日当たりが悪い場所でも丈夫に育ち、虫もつきにくいので栽培難易度は低めです。葉の色が薄くなり、黄色みがかる場合は、栄養が足りない証し。追肥をすれば鮮やかな緑色に戻りますよ!それではさっそく、誰でも栽培に失敗しないポイントを見ていきましょう!
 

川瀬良子さん(かわせ りょうこ)

NHK Eテレ「趣味の園芸やさいの時間」の司会を務める。 趣味はベランダ菜園や田畑でのお米・野菜作り。初の著書「川瀬良子のプランター野菜」(主婦と生活社)が発売中。

ガーデニングカウンセラー 岡井路子さん(おかい みちこ)

ライフスタイルとしてのガーデニングを提唱する「マイ・ガーデニング・オフィス」主宰。暮らしの中で楽しめるおしゃれなガーデニングを提案。

 

POINT#01.茎が太く、葉は緑が濃いものを選ぶと◎。

上手な苗の選び方とは?

手軽に購入できるシソの苗。全体的に傷みがなく、根がしっかりと張り、葉と葉の間がつまっているものを選びましょう。茎が太く、ツヤがあり濃い緑の葉のものを選ぶこともポイント。葉に虫食い跡が見られたり、黄色いものは病気の疑いがあるので避けます。
 

 

POINT#02.一回り大きめの鉢に植え替えると大きく育つ。

植え付けは、根鉢を崩さないよう丁寧に。周りの土をかぶせ、株元を手のひらで上から軽く押さえて根を密着させます。1株のみ植える場合は、ポットより一回り大きな鉢を用意。土が少ないと早く花が咲いてしまい、シソの収穫期間が短くなるので注意が必要です。
 

 

根が大きく育つ土台が大切!

 

POINT#03.葉の硬化&虫の付着は水不足が原因。

夏場に水切れを起こすと、株の生育が悪く、葉も硬くなり、ハダニなど害虫の発生原因に。土の表面が乾いたら、鉢底の排水口から流れ出るまで水を与えましょう。追肥は、2週間に1回の間隔で。水やりを兼ねて窒素成分を多く含んだ液肥を与えるのが望ましいです。
 

 

POINT#04.明るい日陰で育てると大きく柔らかい葉に。

日当たりのいい場所で育てると香りは強くなりますが、直射日光を長時間浴び続けると、葉が大きくなりすぎ、味が落ちてしまいます。生育に最も適しているのは、日の光が直接当たらない、半日陰の場所。ベランダの陰がかかり、風も通り抜ける場所が好ましいです。
 
 

風通しのいい半日陰がベスト!

 

POINT#05.収穫も兼ねてこまめに葉を摘み取ろう。

収穫量をアップさせるためには、「摘芯」は欠かせません。苗が30cmほどの高さに成長したら、茎の枝分かれする部分にできている小さい芽(わき芽)を残し、ハサミでカット。わき芽が成長し葉を増やすので、摘芯を定期的に行うことで長く収穫を楽しめます。
 
 

たくさん収穫できたらシソジェノベーゼソース!


 

たくさん収穫ができたら、バジルならぬシソでさっぱりジェノベーゼソースに。オリーブオイル、にんにくと共にミキサーにかけて、ペースト状に。塩コショウで味をととのえれば出来上がり。瓶詰めして冷蔵すれば約1週間保存できます。
 

採れたてを美味しい料理に!

―Today’s Recipe『にんにく醤油漬けのシソ巻きおにぎり』
 
材料

  • シソ・醤油・にんにく:それぞれ適量
  • だししょうゆ:適量
  • 玄米おにぎり

 

作り方
スライスしたにんにくを入れた醤油に、軽く水洗いして水気を切ったシソを約半日漬け込む。漬け込んだシソを玄米おにぎりに巻く。

 
お刺身のお供、そうめんやおそばの薬味として。この他にも、シソはさまざまな料理に活用できます。

自分で育てたシソは絶品。美味しく育てられたら、ぜひ採れたてを味わってくださいね。