お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
暮らしの工夫
Pacoma編集部

【素敵な縁側レポート】京都の町家『ゲストハウス 金魚家』に泊まってみた!

世界最大!縁側に特化した情報サイト『縁側なび』。その運営者である縁側LOVEな成瀬さんが、京都の町家『ゲストハウス 金魚家』に泊まってみたレポートをお届けします!中庭に面した縁側は風情あふれる景観。眺めているだけで清らかな気持ちにさせてくれます。これから暑くなる季節に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

『縁側なび』とは?

はじめまして。『縁側なび』を運営している成瀬夏実と申します。縁側なびは日本家屋の「縁側」を紹介する世界最大の縁側に特化した情報サイトです(おそらく他に無い)。
 

縁側に心を奪われたのは、2013年6月に訪れた水戸の偕楽園にある好文亭の縁側。旅行で訪れた際に縁側に腰掛け、ふと外を見た瞬間に「あゝ、縁側っていいな。気持ちいいな。縁側のある家に憧れるな。そういえば東京に縁側ってどれくらいあるんだろ?」と思ったのがきっかけでした。
 

成瀬夏実 Natsumi Naruse|Pacomaサポーター

縁側愛好家として、縁側の魅力を発信し、メディア出演多数。フリーでWEBライターをしている。一児の母。2016年1月出産。
また、縁側のある家でイベントも開催し、縁側普及に取り組んでいる。
2014年11月にNowhere but Hayamaで縁側ウェディングを自身でプロデュース。
運営ホームページ:日本で唯一の縁側情報を持つメディア『縁側なび

 

町家を改修した小さな宿『ゲストハウス 金魚家』

今回ご紹介するのは、京都の古い歴史が残る西陣地区に佇む『ゲストハウス 金魚家』。この地区は京都駅から少し離れている分、昔ながらの京都の町屋風景を堪能できるスポットです。お部屋はドミトリーからデラックスルームにランクが別れていて、一番安いドミトリータイプの素泊まりで1名2,700円。日本の風流が凝縮された京町家に、とてもリーズナブルな値段で宿泊することができるんです。
 

    〒602-8492
    京都府京都市上京区歓喜町243

    京都駅 → 乾隆校前
    (バスターミナル:A3 206系統【千本通 北大路バスターミナル行き】 35分) 

    徒歩:乾隆校前バス停より、5分

  

海外からの旅行者に大人気!


ゲストハウスには共有スペースがあり、そこで泊まっている人同士で会話したり交流を持つのですが、京都+町家+ゲストハウスなだけあって海外観光客のかたばかり…!英語が飛び交っていると思ったら中国語が飛び交っていたり。かなりワールドワイドな雰囲気です。
 

 

町家の朝は意外と暑い?

 
縁側のある家って無条件で涼しいものだと思っていたのですが、京都という地形もあってか、蒸し暑いです。温かい風が通るかんじです。お部屋の片隅にある昔ながらのレトロな扇風機、簾が良い味を出しています。
 

 

夕方から夜にかけて、縁側が涼しい

 
朝はむわっとした暑さがありますが、夕方から夜にかけてはやはり縁側が涼しい。町家は夏は涼しく過ごせるように造られているんですね。

今回はドミトリーが満室なこともあって、少々良いお部屋に宿泊しました。広々とした町家の一室を、1人で使えて贅沢感いっぱい。最安値2,700円で泊まれるところ、7,000円はちょっぴり痛手ではありますが、町家に一度泊まってみたかったこともあり、泊まって正解でした。
 
これから暑くなる季節、ぜひ京都の『ゲストハウス 金魚家』に足を運んでみてはいかがでしょうか?日本の雅に研ぎ澄まされた世界観に、きっと心身からリフレッシュできるはずですよ。