お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
ホームセンターマガジンPacoma
Pacoma編集部

リメイク工具箱・ティピーテント・カッティングボード【KumeMariアイデア】

小さなTRY!にあふれた毎日『TRY!TRY!TRY!』。カリスマDIYer、KumeMari(くめ・まり)さんは、日々の暮らしをより豊かにする素敵なDIYアイデアを発信されています。本記事では、『リメイク工具棚』に『秘密基地テント』、『カッティングボード』の作り方をレクチャーしちゃいます!

KumeMari(クメマリ)|Pacomaサポーター

大阪府在住。築47年・3Kの賃貸物件にご主人と息子さんの3人暮らし。2011年よりDIYを開始。同年に始めたDIYブログ『SMILE HAPPY SWEET HOME』が、読者数1万2千人を超える大人気ブログとなる。また、これまでにUR都市機構や漆喰メーカーなど多数の企業とコラボレーションしてDIYの企画を実施している。
著書に『Kume MariのDIYでつくる家、つくる暮らし、DIY LIFE』(主婦の友社)、『Mari’s マジックで簡単!おしゃれ部屋づくり』(宝島社)、『Mari’s おうちカフェ』(宝島社)。

 

家具のリメイク

家の中に不要な家具はありませんか?

本来の用途としては使われなくなったとき、それはきっと生まれ変わるチャンス! DIYの力でまったく別の、まったく違う目的で使うものに。変身させてみると、気持ちも変わって、その家具をもっと好きになれるかもしれません。
 

実家で下駄箱として使われていた家具。もう捨てようか、そう思ったときが生まれ変わるとき。思い切って色を変えてみて、さらには下駄箱としてではなく、全く別の用途にすることで新しい人生を歩み始めました。少しリメイクするだけで、表情がガラリと変わって嬉しくなる。それがDIYの醍醐味!
 

整理整頓にも遊び心を

リメイクした家具の上には、黒く塗った有孔ボードを取り付け工具棚にしました。好きな場所に好きなだけ、色んなものを収納できるので、片づけが楽しくなります!
 

 
チェーンを使った、落下防止アイデア。整理整頓にも遊び心をプラス!これもDIYならではの楽しみ方ですね。整然と並ぶ姿にグッときます。
 

 

『リメイク工具棚』の作り方


 

  1. こちらがビフォーの姿。昭和を感じるデザイン、ところどころ加工もはげています…。でも、まだまだ活躍できそう!

  2. 塗装の下準備として、全体を電動サンダーでひたすらやすりがけ。根気のいる作業ですが、仕上がりが断然、違ってきます。

  3. 好きな色の塗料を塗ります。二度塗りするとキレイ。今回は枠を残して扉部分と天面、側面だけを塗ってイメージチェンジ。

  4. 有孔ボードにも好きな色を塗って、下駄箱に固定したら完成!棚板やフック、バーなどを設置して、見せる収納を楽しんで。

 

こども大好き!秘密基地

外でも中でも楽しめるテントを手作り

だんだんと、夏が近づいていますね。ピクニックにキャンプ、大人もこどもも一緒になって、外で遊ぶことがとびっきり楽しくなる季節。外でテントを手作りして、キャンプ気分を思いっきり楽しんじゃいましょう!
雨の日ならお家の中で秘密基地にもできますよ。
 
私が小さい頃、大好きなものがありました。それは「秘密基地」をつくること。色んな枝や石を集めて、たくさんの秘密基地をつくったものです。手作りテントはかくれんぼして遊ぶのに最適!木陰に立てれば、お昼寝だってできちゃいます。
お家で使わなくなったベッドシーツで作れますよ。
 

ラクラク・ワクワク

こどもと大人ふたり分ぐらいの大きさのテント。簡単に折りたたむことが可能です。しかも、軽いので持ち運びもラクラク。アウトドアにも公園遊びにもお家秘密基地にも。いろんな場所で大活躍!
 
テントとおそろいのガーランド! 一緒に飾ってみたら、ちょっとしたパーティーみたいで大人もこどももワクワク。ダブルのベッドシーツを利用すれば、余った布で作れます。
 

『秘密基地テント』の作り方


     
  1. 丸棒に穴をあけます。布の上から棒が出るように、端から20~30㎝くらいずらします。穴は5本とも同じ位置に!

  2. 丸棒にあけた穴にロープを通し、5本の丸棒を固く縛ります。棒を広げ、テントの形を作ります。これで骨組みが完成です。

  3. 台形にカットした布を5枚用意して、縫い合わせます。縫い目は丸棒が入るよう、袋状にしておきます。

  4. できあがったスカートのような円錐状の布に丸棒を下から通し完成です!布が長すぎる場合はカットしましょう。

 

食卓を手作りで彩る

お家ごはんをカフェっぽく

家族が元気に過ごすための食事。献立に準備に後片づけ…。毎日の繰り返しだからこそ、億劫になることも。日々の食卓に手作りの器がプラスされるだけで、お家ごはんがカフェっぽく。食べる人も、作る人も、みんな楽しく。手作りごはんと手作り皿で彩りUP!
 
「雑貨屋さんにありそうなカッティングボードで、美味しいごはんが食べたいなぁ」そう思ったことがキッカケで、チャレンジしてみました!自分でDIYしたお皿で、その日の料理を家族に食べてもらえる幸せ。いつもとは違った表情のお皿が食卓を賑やかにしてくれます。
 
食べ物をのせない裏側には、ステンシルをほどこしてインテリアにも。キッチンに置いておくだけで、可愛い!実用的で飾れるカッティングボードが理想です。
 

自分の手で作り出したカッティングボードは、愛情もたっぷり。手をかけた家具や器は、きちんとお手入れしたくなる、大切にしたくなる。これがDIYの不思議な魅力なのかもしれません。
 

『カッティングボード』の作り方


 

  1. 用意するもの

     

    お好みの木材(今回はアカシア)、ジグソー、サンダー、食用油(胡桃オイルやアーモンドオイルなど)。

  2. お好みの木材に好きなデザインを描き、ジグソーで丁寧に切り出します。直線でシンプルな形にすると切りやすいです。

  3. 切り口をサンダーできれいにやすりをかけます。この時に、側面の面取りもしておくと、滑らかな形に仕上がりますよ。

  4. ステンシルをほどこしたら、キレイに洗い乾かします。乾燥したら食用油を塗り込み、再度、乾燥させて完成です!

 

素敵なDIYで素敵な毎日を

KumeMariさんのDIYアイデアは、どれもラクラク・ワクワクするものがいっぱい!ちょっとの工夫で生活に彩りを。DIYには、そんな魅力があること間違いありません。皆さんもぜひ、お気に入りアイテムのDIYにTRY!してみてくださいね。