お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
暮らしの工夫
Pacoma編集部

ガタつきが気になる、網戸のレールをもう一度スムーズにする方法

古くなったものや汚れが気になる場所を、今こそリフレッシュ!簡単で驚くほど効果の上がるお手入れ法を専門家が伝授します。今回は、ガタつきが気になる網戸のレールをスムーズにしてみましょう。

費用:1600円〜
★★★★☆☆

滑りが良くなれば、ストレスフリー!

サッシ窓のレールは掃除がしにくい場所だけに、汚れやホコリがたまって、網戸や窓を開閉するたびにガタついたりします。
スムーズに滑りが良くなる方法を、DIYアドバイザー・嶋崎都志子さんに伺いました。

嶋崎都志子
嶋崎都志子(しまざきとしこ)
DIYアドバイザー、インテリアコーディネーター。
プチリフォームのアドバイスや施工、家具修理などを行う。著書に『住まいの修繕とメンテナンス』(成美堂出版)。

「レールを掃除するだけでなく、網戸のサッシの下についている戸車(小さな車輪)も汚れがたまりやすいので、たまには掃除してあげましょう。滑りが改善されますよ」(嶋崎さん)

 

サッシだけでなく、戸車に詰まったゴミも

所要時間は約30分、費用は1600円ほどで実施できるサッシの滑り対策。さっそく手順を確認していきましょう!

 

使うもの

<材料>

  • シリコンスプレー

<道具>

  • サッシブラシ
  • 歯ブラシ
  • ドライバー

 

手順

  1. サッシの掃除をする
    サッシブラシなどコシのあるブラシを使い、ゴミをかき出します。掃除機で吸い取っても◎。

  2. 網戸を取り外して、戸車も掃除する
    網戸をレールから外してひっくり返し、下部分の戸車に詰まっているゴミを取り除きます。歯ブラシも便利ですよ。

  3. サッシにシリコンスプレーをする
    戸車を何度か回転させながら、シリコンスプレーを噴きつけます。サッシにもスプレーを噴霧してください。

 

まとめ

窓の掃除はしても、サッシレールまではしたことがない人も多いようです。
ガタつきが気になっていたのに方法がわからなかったという方、ぜひ活用ください!

 

CHECK! ふすまの滑りを良くするならコレ!

敷居スベリ
メーカー商品ページへ