お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
暮らしの工夫
Pacoma編集部

毎日触れる、スイッチプレートを新品に交換してみる

古くなったものや汚れが気になる場所を、今こそリフレッシュ!簡単で驚くほど効果の上がるお手入れ法を専門家が伝授します。今回は、スイッチプレートを新品に交換してみましょう。

費用:1000円〜
★★★☆☆☆

スイッチプレートの着せ替えを楽しんで

スイッチプレートの汚れは、意外と目につくもの。
特に、使う人の多いリビングや、汚れた手で触りがちなキッチンのスイッチは要チェックです!
着せ替え感覚で交換する方法を、DIYアドバイザー・嶋崎都志子さんに伺いました。

嶋崎都志子
嶋崎都志子(しまざきとしこ)
DIYアドバイザー、インテリアコーディネーター。
プチリフォームのアドバイスや施工、家具修理などを行う。著書に『住まいの修繕とメンテナンス』(成美堂出版)。

「プラスチックの黄ばみや劣化は、拭き掃除だけでは解決できません。プレートのデザインは、シンプルなものから真鍮や陶器でできているものなどさまざまなので、お気に入りを探してみて」(嶋崎さん)

 

ドライバーセットがあれば、すぐに始められます

所要時間は約1時間、費用は安いものなら150円ほど!さっそく手順を確認していきましょう。

 

使うもの

<材料>

  • 交換用スイッチプレート

<道具>

  • ドライバー

 

手順

  1. 古いスイッチプレートを外す
    古いスイッチプレートの下のすき間にマイナスドライバーを差し込み、プレートを押し上げて外します。

  2. プレート内側の盤を取り外す
    内側の盤を取り付けているネジを外し、盤を取り外します。
    ※金属板は電気系統なので触れないでください!

  3. 新しいプレートの盤を取り付ける
    新しいプレートは、一般的に使用されている規格サイズのものを使用しましょう。まず、プレート内側の盤を取り付けます。

  4. 新しいスイッチプレートを取り付ける
    次に、表側になるスイッチプレートを取り付けます。カチッという音がすれば、うまくはまった証拠です。

 

まとめ

スイッチプレートが新しくなると、部屋にスッキリ感が出てきます。
キレイになるだけじゃなく、自分好みのデザインにも変えられるチャンスですから、ぜひお試しくださいね!