お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
DIY
Pacoma編集部

白を取り入れて部屋に明るさと優しさを【KumeMariアイデア】

明るさと優しさを持つ柔らかな印象の「白」。インテリアのベースに白を多く取り入れることによって、DIYした家具、雑貨も美しく映えてきます。今回は、そんな「白」をお部屋に工夫して取り入れるアイデアをご紹介!

KumeMari (くめ・まり)

大阪府在住。2011年に始めた自宅改造ブログ『SMILE HAPPY SWEET HOME』が人気となり、多数の企業とコラボレーションしてDIYの企画を実施するなど、DIYerとして活動の場を広げている。著書に『Kume MariのDIYでつくる家、つくる暮らし、DIY LIFE』(主婦の友社)、『Mari’s マジックで簡単!おしゃれ部屋づくり』(宝島社)、『Mari’s おうちカフェ』(宝島社)。
>>「DIYでお部屋と人生を変える」カリスマDIYer・KumeMariさん

KumeMariさんお気に入りの白をチェック!

板壁×窓枠で爽やかな空間に

8 以前この場所は、無表情なアルミサッシと、味気ないベニヤの茶色い壁に覆われていたそう。ここに「白」を取り入れたことで、どことなく暗い雰囲気だった和室が明るいリビングへと変身。

杉板にかすれたペイントを施した白い「板壁」×優しい光が差し込む白い「窓枠」で、爽やかな空間に。ただ白で明るくするだけでなく、ちょっとしたDIYで味のあるホワイトインテリアが作れます。

 

モールディングを付けたキッチン扉

10 ベニヤをツヤ消しの白でペイントして、モールディングを付けたキッチン扉。どことなく海外の雰囲気に変身させることができます。

上のタイルはツルリとした白で清潔感もバッチリ!

 

漆喰で柔らかな印象を

9 一言に「白」といっても、すこしずつ色味が違います。なかでもほわんと柔らかな印象を与えてくれるのは「漆喰」の白。

ブリックタイルと合わせれば、さらに良い味に。ザラっとした質感同士は、なんともいい雰囲気です。

 

タイルの貼り方

IMG_3657 「モールディングを付けたキッチン扉」の上の作業台部分への、タイルの貼り方をご紹介します。

 

手順

  1. 好みが変わる場合もあるので賃貸でない方も原状回復DIYがオススメ。ポリカーボネートを下地にすれば、後ではがすこともできます。

  2. pacoma_photooooImg15749-08

    床にタイルを並べ、場所を決めます。それからタイル用接着剤で、ポリカーボネートに一つずつ貼っていきます。貼り終わったら、しっかり乾かしましょう。

  3. pacoma_photooooImg15903-09

    接着できたら、目地材でタイルの隙間を埋めていきます。目地材が乾いたらスポンジでふき取り、ピカピカになるまで磨き上げます。

  4. pacoma_photooooImg15903-09

    オマケ。キッチンなど水回りにタイルを貼る場合は、仕上げに壁とのすき間をコーキングで埋めておくと安心です。

 

小さな「TRY!」にあふれた毎日

白を生活に組み込んでみると、自然と温かさと優しさが部屋にパッと広がります。

ベースを白でペイントすることで、自分がDIYした家具雑貨もさらに映えるようになって、やる気倍増間違いなし。是非お試しください。